WordCamp Tokyo 2018 コントリビューターデイ

WordCamp Tokyo 2018 コントリビューターデイ: 貢献の輪を広げること

イベント後やっと一段落ついたので振り返りブログです。まずは9/14(金)の、コントリビューターデイから。平日にもかかわらず、約200名が参加とのことで大盛況でした。

今年のコントリビューターデイ

今年は翻訳チームのテーブルで色々お手伝いをしつつ、コミュニティチームなどにちょっとだけ顔を出したりしました。

当日ツイートもしましたが、とても充実した1日だったため、あまりにもあっという間に終わってしまい悲しいほどでした!何が良かったかというと、

  • 初めて翻訳する方の背中を押すことができた
  • 翻訳に参加したい方がつまずくポイントに、新たに気づくことができた
  • モバイルで翻訳している方もいて、こちらに関してもいろいろ気づきがあった
  • Gutenberg の日本語フォントについてのイシューを立てたことで、Web フォントについていくつか学んだ
  • 日本語パッケージの今後についての話が少しできた

コントリビューターデイのリアルタイム性ならではのおもしろさを感じることができたし、引き続きオンラインでも WordPress に貢献していこうという刺激を非常に受けることができました。

当日の翻訳チームメンター役のシンヤBさん、そして翻訳テーブルに参加された皆さん、お疲れ様でした!

最後の発表を聞いたりブログを読んでいると、他のチームもそれぞれ良い体験ができたという声が多くて、多くの人に意義ある一日になったようでした 🙂

翻訳 Tips 3つ

イベント中に WordSlack の #translate チャンネルでも流しましたが、せっかくなので記録しておきます。

【その1】「Force Update Translations(強制翻訳)」プラグイン

強制翻訳アップデート

まゆこさん作の翻訳者向けプラグイン。translate.wordpress.org からまだ未承認のものを含む最新の翻訳テキストを持ってきてくれるので、実際の画面に反映させながら翻訳するのに使えます。

【その2】Codex で新規翻訳するページを探す

Codex で、何か新規ページを訳したいけどどこから始めればいいのか悩んだときは、「特別:存在しないページへのリンク」 へ。他から多数リンクされているけど存在しないページを作ることができます。

ページの新規作成方法は、「ヘルプ:編集案内 » 新規ページの作成(翻訳用)」にて。

【その3】用語集にない技術用語の訳の参考になるリンク

Microsoft 製品の翻訳例検索が、WordPress 用の用語集にない技術系の単語の訳に悩んだ時に結構使えます。コンテキストが違うこともあるので必ずそのまま使えるとは限らない点は注意。

貢献の輪を広げること

この記事のタイトルにつけたように、今回のコントリビューターデイでは「貢献の輪」をいかに広げられるかが本当に大事だと改めて思わされました。

参加しやすさ、継続しやすさ。そういった仕組みを意識して作ってきたのが WordPress グローバルコミュニティですが、日本語のコミュニティでもコントリビューターデイだけに頼ることなくそれを進めていかなければと思います。

翻訳に関して言えば、翻訳者も PTE も徐々に増えていますが、質のコントロール・担保をしつつ、もっと多くの人に参加してもらいやすい仕組みづくりが必要だと感じています。特に今後 Handbook を含めドキュメンテーションの翻訳ニーズが高まってきそうなので、初めての人でもわかりやすい入り口づくりや、共同作業がしやすい環境などに力を注ぐ必要性を強く感じました。

そんなわけで、初めて参加するというわけではなくても、今後につながる良いきっかけになる一日だったと思います。

WordCamp Tokyo 2018 に参加します!

先日 Twitter にて WordCamp Tokyo 2018 についてこんなことを言ったので、直前ですがこの記事を書いています。

リンク先のブロガーさん、shino さんにリスペクトということでタイトル真似してみました。

まずはコントリビューターデイへ!

今回、国内 WordCamp 初の平日開催となるコントリビューターデイ。はじめての試みということで、スタッフの間では皆さん参加してくださるのかな?という不安もありましたが。しかし、極端に登録数が少なくなることもなく、「いつもは参加できなかったけど今回は!」という方もいらっしゃるようです。

私は翻訳チームをお手伝いしつつ、コアの国際化に詳しい Pascal や Dominik というコントリビューターも来ているということで、そのあたりの今後についてのディスカッションもできればいいなと思っています。

WordCamp Tokyo 2018 のセッション見どころ

WordCamp Tokyo 2018 登壇者

羽野さんが作ってくれた登壇者画像

今年の WordCamp Tokyo では、齋木さんと一緒にセッション班を担当しています。

ということで、おすすめセッションは?と聞かれたら「全部、自信を持っておすすめします!」と答えたいところですが、なにせ5部屋もあるのできっと皆さん迷われるかと思います。

彼と2人で計9本書いたすべてのセッションの記事をリンクしておきますので、気になるキーワードのタイトルをクリックして参考にしていただければと思います。

Automattic スポンサーブースにもどうぞ!

去年は会社の全社合宿と期間が重なり、たまたま育休中だったので日本にいた私一人でのブース担当だったのですが(コミュニティから、田中さんやカーロスさんにお手伝いいただきました!)、今年は私以外に9名もの Automattic メンバーが参加します。

首都圏在住の4名、北海道在住の1名、スピーカーでもある Tammie、Jetpack エンジニアリングチームやデザインチームのメンバーなどもいますので、プロダクトや求人について質問があればぜひ立ち寄ってみてください。

そして、イベントチームで新たにアジア担当となった Marly が、いつもとは少し違ったブースを企画しています。くじ引きや新グッズなど、お楽しみに!

2017年のブース。

今年の企画の一部。

WordCamp 男木島への子連れ旅(イベント当日編) #WCOgijima

WordCamp 男木島の日も前日に引き続き快晴。民宿まりも荘で朝ごはんを食べて、徒歩4分(ただし大人の足で)という至近距離の会場、男木小学校体育館に向かいました。

11時20分がセッション開始ということで、9時台だとまだお客さんは少なかったのですが、スタッフやそのお子さんたちなどがブースに来てくれて話したり、のんびり開会までの時間を過ごせて良かったです。

キッズスペース、託児サービスなど子供向けの配慮

10時からはキッズスペースでの託児も開始されました。

今回の WordCamp で(数え切れないほどある)ありがたかったことの1つとして、この託児サービス(キッズスペース)がありました。娘の場合、旅は嫌いではないようで、あちこち行っては毎度「ここに住みたーい」と言うほど。とはいえまだ4歳にもならない子どもなので、当然疲れてぐずったり、飽きたり、突然機嫌が悪くなったりすることも少なくありません。WordCamp 当日は大人にとってもなかなかハードなスケジュールと気候ではあったのですが、クーラー完備のキッズスペースで体力温存しつつ楽しい時間を過ごせたおかげで、朝から晩まで元気に過ごすことができました。

キッズサイズのイベントTシャツ、至近距離の民宿での保育士さんもいる託児サービス、子供専用のお弁当、灯台への行き来での車での送迎、写真撮影の際の「顔隠し用わぷー」の用意…。それ以外にも本当に細やかな心配りが行き届いていて、恐縮するやら嬉しいやら。全力で子供たちを歓迎してくれていると感じられたし、その背後にある想像力に感銘を受けるほどでした。

私にとっては仕事の出張でもあるわけですが、子どもにも WordCamp を体験して、楽しんでもらえるというのは本当に幸せなことで、印象に残る旅でした。

メッセージ性のあるセッションたち

そういえば、全セッション見た WordCamp ってめちゃくちゃ久しぶりかもしれません!複数トラックの開催ではないことは置いておいても、ここ最近はスポンサーブースの番を任された参加ばかりだったので、1つもセッションを見られないことも多々。ブースに来てくれた方と1対1の対話ができるのもいいですが、その場にいる人たちと、1日を通して同じ体験をするというのはとても楽しいものだなあと思ったりしました。

すべてを通してイベントのコンセプトである「一人ひとりの力」を感じられ、ライブで聞けてよかったなと思うセッションが数多くありました。その中でも、副委員長である額賀さんのセッションには特に心打たれました。

彼女のストーリーはこれまでにも文章で読んだり本人の口から聞いたりもしてきていて、なんなら今は英語でも読むことだってできるのですが、男木島のあの場所で、WordCamp が開催されてそこに額賀さんが立って話している、というのをリアルタイムで目にできるというのは本当に来てよかった!と思える瞬間でした。

すべてのセッション一覧とスライド・動画へのリンクはこちらでご覧いただけます。

「15周年記念・WordPressでできること大全」

私も、事例紹介のセッションで高橋文樹さんと一緒に登壇させていただきました。その中では男木島図書館のサイトとは正反対のベクトルにある、多数の人が関わる政府首脳のサイトなんかも紹介したわけですが、彼らと私たち個人がまったく同じツールを手にすることができるって、すごいことですよね。

WordPress でできることはたくさんあるけど、何をするかを選ぶのは使う人しだい。きっとこれからも徐々に、でも確実に、「WordPress を使って、誰でもできる」ことは増えていくでしょう。そうした状況で、「したいこと」を実現するためにこのツールを活かしていく人たちの存在が WordPress の成長を加速させていくのだと思います。

WordCamp と WordPress

WordCamp ってやっぱり面白いな、と思うのは、WordCamp 自体が WordPress に対する学びになっていて、その逆も事実である、ということ。例えば、このツイートの文章。

“#WCOgijima” を “WordPress” に変えてみても文章は成り立つなー、と。WordCamp を一緒に作り上げることで WordPress オープンソースプロジェクトをうまく進めていくチームワークを学び、WordPress に関わることで WordCamp を成功させるためのスキルや考え方も身につけることができる。さらに、人生についても学ぶことができてしまう。

壮大過ぎるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、本当にそう思います。

そして、スタッフの方々の姿を見ていて、多様性、そして誠実さと信頼関係こそが強いチームを作るのだということも改めて納得しました。

WordCamp 男木島で得た経験を胸に、次へ!

WordCamp 男木島での体験は、「楽しい旅だった」と言って頭の隅で大事にしておくだけのものではなく。私も、前向きに、自分なりのやれることをやっていこう、と思わせてくれるイベントでした。

WordCamp Tokyo 2018 (9/14-15日開催、チケット絶賛発売中です!) スタッフも、翻訳も、Polyglots/Community チームの役割も、WordPress をさらに盛り上げるためにできる限りやっていくことで、ちょっとしたことでも何かにつながってるんだと思える経験ができました。

スタッフの皆さん、そしてそれ以外でも男木島でお世話になった皆さん、期待をさらに超えたイベントに参加できたことで、ますます WordPress への熱意やモチベーションを高めることができました。ありがとうございました!もっと言葉を連ねて心を動かされたことを伝えたい気持ちもあるけど、うまいこといく気がしないので思い出の一部の写真を載せておきます。