WordCamp Tokyo 2016 めっちゃ行きたいけど行けない人向けの楽しみ方

WordCamp Tokyo 2016、とうとう今週末となりました!

今年の初めに「WordCamp Tokyo 2016の委員長をやろうと思ったわけ」というブログを書きましたが、それから約8ヶ月。実はその後、全社合宿と完全に日程がぶつかってしまうことが判明してしまいました。粘ってみたものの、500人が出席する年一度の行事ということで全員出席必須というルールの例外は認めてもらえず。

というわけで、大変無念ながら実行委員長ではなく副委員長として準備に参加してきました(現委員長は高橋文樹さん)。

そんな私ならではのブログ記事、今年はこのネタ以外はないでしょう。

「リアルイベントには参加せずに WordCamp Tokyo 2016 を最大限に楽しむ方法」

まずは基本、SNS

今回は動画のライブストリーミングは予定されていませんので、リモート参加といえば SNS。

Twitter でハッシュタグを忘れてツイートしている人もけっこう多いので、公式アカウントによるリツイートもフォローしておくと見落としがありません。

追いかけるだけではなくて「遠くから関心を持ってますよ!」「行きたかった〜」という思いをつぶやいていただけるとスタッフも喜びます。

バナーや Facebook カバーで応援!

サイトに貼れるバナーはもちろん、誰でも使える「応援しています」カバー画像も用意しています。 ぜひご利用ください!

応援バナー

スピーカーのブログ・著書・過去の講演を見てみよう

気になるセッションがあったらスピーカー情報をチェック。ブログや著書、過去の講演スライドや動画に辿り着いたら、そのトピックのことがもっと学べるはずです。

イベント公式ブログのインタビュー記事や、過去の WordCamp Tokyo の動画を見てみるのもお忘れなく!

wordpress-tv-wct2015

扇わぷーで遊ぼう

扇わぷーのデータファイルは Github に公開されています。

WordCamp Tokyo 2016 と一緒に盛り上がるために自分で楽しむグッズをなにか作ってみるというのもアリですね!

コントリビューターデイにリモート参加

今年はコントリビューターデイ中に WordSlack (wpja.slack.com) が使われる予定です。事前参加しておいて、気になる話題のチャンネルに join しておけばリモート参加気分を味わえるかも。

実況などが行われるわけではありませんが、一緒にコントリビュート作業しながら質問があればチャンネルで発言して見るのをおすすめです。


9月17日、18日私はカナダ西部のウィスラーに居るため時差もあるのですが、遠くからできる限りイベントを追いかけてみたいと思います。

もし参加できるけど迷っているというかたは、今すぐ参加登録して行けない人の分までぜひ楽しんできてください!

WordCamp Tokyo 2016 のチケット申し込みページ

WordCamp Kansai 2016 に参加しました

大阪大学で7月9日〜10日に開催された今年の WordCamp Kansai。今回はスピーカーとして登壇(詳細はこちら)、ハンズオンを少しだけお手伝い、気になるセッションもチラ見してあとは主にスポンサーブースで過ごすという感じで楽しんできました。

Automattic スポンサーブース

今回は Automattic ブースには助っ人の面々が4人も来てくれて、心強かったです。Jetpack ブースにいた同僚の James Tien は台湾在住の JavaScript 開発者。彼は今回 Calypso についての講演も引き受けてくれました。同じく同僚の Klymentiy Haykov は東京在住で、今年5月に採用された Android 開発者。ふたりとも初めての WordCamp だったそうですが、イベントとしての完成度の高さにボランティア運営とは思えないとびっくりしていました。

WooCommerce ブースでは職人工房の田中さん、そして田中さんからご紹介いただいた Woo ユーザーの伊東さんが対応してくださいました。おふたりとも本当に、どうもありがとうございました。そして立ち寄ってくださった皆さんにもお礼を申し上げます。次回の関西 WooCommerce Meetup(勉強会)は、7月28日神戸に決定したようです!ぜひご参加ください。

WordCamp Kansai 2016、Automattic ブース

実行委員長の YAT さんも一緒に。

WordPress.com ハンズオン

「WordPress.comを使って個人ブログを作ってみよう!」というハンズオンは、私がお手伝いしたと言うのもはばかられるほどチームリーダーの松井さんの準備や進行がすばらしく、参加者の方と一緒に楽しませてもらいました。

こんなふうに、WordPress.com を使って WordPress に触れるきっかけを作るワークショップを開催してみたいという方がもしいらっしゃいましたらいつでもサポートさせていただきますので、お声がけくださいませ(ノベルティグッズやクーポンの提供も可能です)!

セッション

ほとんどセッションは見られていないので WordPress.tv での動画公開を待ちたいと思っていますが、三好さんの講演には大幅に遅れつつもなんとか入り込みました。

で、残り1分で最後の質問をゲット。残念ながら時間切れでしたが後からまた話すことができ、数年前の記事を思い出させてもらいましたので、アンサーとして共有しておきますね(4ページ目を参照)!

なぜ無償で開発や、翻訳を続けるのですか? WordPress界隈のみんなに聞いてみた。

「仏像を彫る」ことは、まだ形になっていない理想像を追い求めること。どうもありがとうございました。

その他

他にも、アセンブリーホールで行われた企画など盛り沢山でした。

AR スタンプラリー

さいしょは「アプリ入れるのが面倒」とか言ってやってなかったんですが(笑)、やり始めるとよくできていてワイワイ楽しめました。わぷーの母カネウチさんとのツーショット、とても気に入ってます。

ライブステージ「WordPressと振りかえるJazzの巨人たち」

阪大ジャズ研さんの演奏を堪能しました。ナツミーヌさんの司会、コードネームの付いた WordPress バージョンで導入された新機能などをたっぷり語ってくれていて WordCamp らしさがたっぷりでした。

オリジナルわぷー・トークセッション

最高にかわいい!とおもった育児わぷー、ツイートが国内外から注目を集めていました。

懇親会、2日間の二次会も楽しかった…だけではなく、コミュニティや WordCamp のこれから、テーマとライセンスの話、テーマレビューの現状、本当にがっつりと話ができてかけがえのない時間でした。

居心地の良い場所を見つけて(まとまりのまったくない大団体を)ナビゲートしてくれた、るっちんさんに大感謝です。

WordCamp Kansai 2016 スタッフの皆様へ

WordPress の理念を理解し、それを体現するコミュニティイベントを成功させたスタッフの皆様。実行委員長の YAT さん、副委員長の角田さん・ちあきさん。本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。WordCamp Tokyo に向けてもインスパイアされたのはもちろん、それ以外にもとても得るものが多い WordCamp でした。皆さんがこのような機会を作ってくれたことはイベントのキャッチフレーズ通り、「未来のために」つながっていくことは間違いないです。

WordCamp ヨーロッパ 2016 で登壇してきました

月曜からオーストリア、ウィーンに来ています。今日から始まった WordCamp Europe 2016 の1日目最後のセッションで、日本の WordPress コミュニティの成長について紹介してきました。


WordPress.org の統計情報ページに最近掲載されるようになった情報によると、アクティブインストール数を基にした場合、日本語はデフォルトの米国英語に続いて最も多く使われている言語だそうです(非英語言語のうちの約12%)。

そんなわけで、多くの非英語圏ローカルコミュニティがあるヨーロッパで日本の事例を紹介して欲しいと声をかけてもらい、2013年以来2度めの WordCamp Europe に参加・登壇することになりました。

ライブストリーミング配信後、すぐに録画動画も公開されているようです。

私のセッションはレオポルド美術館内の部屋だったのですが、ここでは午後「コミュニティフォーカストラック」ということで、勉強会主催者の Dee Teal、企業内でオープンソースへのコントリビューションをしている Kel Santiago-Pilarski、ロシアのコミュニティに昔から関わっている Sergey Biryukov のセッションもありました(同じ動画の前半)。

Twitter での反応など。

今日はカンファレンス2日目、そして明後日はコントリビューターデイ。今日も無料でセッションのストリーミングを視聴可能ですし、録画を後日見るのもいいかもしれません。