WordPress ロゴ・名称の商標についての FAQ

WordPress のロゴや商標の扱いについてよく聞かれるので、いつも回答している内容をブログ記事としてまとめておきます。

まず前提として、「WordPress」「WordCamp」の名称及びロゴの商標について書かれている公式ドキュメンテーションの日本語版はこちらです。

商標について

公式ロゴのファイルは、こちらからダウンロードできます。

よくある質問

上記のページのみでは具体的なことがわかりづらいかもしれませんので、よくある質問と私が行っている回答をご紹介します。

以下は、私個人が過去に WordPress Foundation の担当者や Automattic の法務部とやりとりを通して得た理解の範囲に基づいた説明になります。これは法的におかしいんじゃないか、とか、自分は Foundation から違う回答をもらった、ということがあればご指摘いただければさらに更新・改善していきたいと思いますので、ぜひよろしくお願いします。

WCUS での WordPress グッズ販売テーブル

Q: WordPress という単語をサービス名に使っても良いのですか?

商標ページの、以下の部分が参考になると思います。

WordPress の名称やロゴを自らのサービスの説明のために言及することができますが、製品・プロジェクト・サービス・ドメイン・会社名の一部として使うことや、WordPress ファウンデーション・WordPress オープンソースプロジェクトとの提携や公式推薦をほのめかすような使い方はできません。

引用が続きますが、さらに詳しい例として、

例えば、「いろはウェブサービス 〜中小企業向け WordPress コンサルティングサービス〜」というような使い方は問題ありませんが、「WordPress コンサルティングサービス」という団体名を名乗ることはできません。WordPress テーマ関連の企業が「世界トップレベルの WordPress テーマを提供するABC テーマ」といった説明をするのはかまいませんが、「WordPress テーマポータル」というような名称を使うことはできません。

また、WordPress・WordCamp のロゴを、製品やサービスを説明するページ内で使うことはできますが、企業・製品ロゴやブランディングの一部としては利用することはできません。

という部分も。企業・製品ロゴやブランディングの中心に WordPress の名称やロゴを使うのではなく、あくまでも説明・補助的な目的で使ってくださいという形です。

「WP」や「〜Press」などは商標登録されているわけではないので制限はありません。

Q: WordPress のロゴを書籍の表紙やイベント告知に使いたいのですが、どのような形なら適切ですか。

サービス名に関する質問と同じく、あくまで「説明・補助的な目的」としての配置が望ましいと思われます。メインビジュアルとして WordPress のロゴを使うのではなく、他のロゴやビジュアル要素がメインとなっていれば問題はないはずです。

Q: WordPress という単語をドメイン名に使えないって本当ですか。

トップレベルドメインに関しては利用制限があります。詳細は WordPress ドメインポリシーをご覧ください。

Q: WordPress.org サイトのスクリーンショットを書籍やサイトで紹介してもよいですか。

はい、大丈夫です(と、こちらに明記されています)。

Q: 商標・ロゴ・ドメイン利用に違反している例を報告したいのですが。

WordPress Foundation のお問い合わせフォームから報告できます。英語で書く必要がありますので、どうしてもヘルプが必要な際は WordPress 日本語サイトのお問い合わせフォームを利用していただくのもありかと思います(すぐにお返事できるかは分かりませんのでご了承ください)。

Q: 商標やロゴ利用について、WordPress Foundation に問い合わせたのですが返事がありません。

商標ページに書かれた説明ですでにカバーされている回答に関しては、返事がない場合があるようです。

Q: 違反するとどうなるの?

いきなり訴訟を起こされるということはありませんが、指摘があってもやめないなど聞き入れてくれない相手に対してはそういうこともまったくないわけではないようです。過去に、「WordPress」を含むドメインの利用について訴えられ示談になったという事例が2015年にありました。最終的にはドメインは WordPress Foundation に移管されたようです。

Q: なぜ名称やロゴを自由に使わせてくれないの?

WordPress はオープンソースのプロジェクトなのに、どうしてそんなにルールがいっぱいあるの?とお思いの方もいるかもしれません。その理由をひとことで言うとすれば、「WordPress のブランドイメージを保護するため」ではないでしょうか。オープンソースであり、派生物がたくさんあるからこそ、いわゆる公式なものとそうではないものを区別してユーザーを混乱させない必要性は一層高くなっていると思います。

まったく使えないわけではないので、ルールを理解して活用していきましょう!

さいごに

それから、WordPress のロゴや名称のみをメインブランディングとして使ってしまっては、そのサービスやプロダクト固有のブランディングがほぼなくなってしまうという面もあります。印象に残るオリジナルのロゴや名称を作ってアピールしつつ、WordPress 関連のものであることを分かりやすく示すほうが長期的にはプラスに働くと思いますよ。

イーコマースEXPO 2017 東京

去年に引き続き、WooCommerce として東京ビッグサイトでの「イーコマースEXPO 2017 東京」にブース出展しています。昨日1日目が終了し、本日も10時〜17時半まで展示予定です。

バレンタインということで、公式グッズに加えて日本限定のチョコも配ってみました。

実は Woo チームのコンテンツマネジャーである Nicolec Kohler が来日予定だったのですが、天候不良のため飛行機がキャンセルに…!アメリカ中で数千フライトが止まっている状況で、すぐに代わりの便を見つけることもできなかったようで残念です。そのため、木曜に予定していた勉強会はキャンセルになりましたが、EXPO 中に勉強会を一緒にやりましょうと言ってくれる方もいましたので、改めて企画したいと思います。

クーポン配布 & iPad Air 2 プレゼント抽選実施中

ブースでメールを登録してくださった方に全員に、WooCommerce.com での購入に利用できる$50相当のクーポンを配布しています。さらに、抽選で1名の方にアンケートで使用している iPad Air 2 もプレゼントします!

日本語情報チラシとデモサイトが活躍

前回「どんな決済方法に対応してるの?」「イベント、セミナーとかありますか?」などといった質問をたくさん受けたので、Woo Japan Wave さんの情報や勉強会、Facebook グループについてまとめたチラシを作成しました。

また、前回の WooCommerce 勉強会で作ったサイトをデモとして使っていますが、来訪者で WordPress は使ったことがあるという方に見てもらうと「なるほど、これは良さそう」と言ってもらえることが多かったです。本当に、百聞は一見にしかずですね。さらに、触ってもらうともっと実感してもらえると思うので、またハンズオンなどの機会もあれば良さそうです。


それではもう1日、今日もよろしくお願いします。ご来場の際には、EXPO サイト上からの招待券の印刷をお忘れなく!

今後の WordPress の開発ロードマップについて話しました (WordBench 東京1月)

2017年最初の WordBench 東京「これからのWordPress&ゆるゆる新年会」で、セッションを担当しました。

内容は前回のライトニングトークに引き続き「WordPress 4.7 と 今後の開発ロードマップ」。前回は5分間ということで新機能の簡単な紹介がメインでしたが、今回は WordPress 開発チームの理念や、今年以降の開発フォーカスなどを主にお話しました。

WordPress 4.7 と 今後の開発ロードマップ (x6倍拡張版!) from Naoko Takano

株式会社ドワンゴさんのセミナールームが会場ということで、当日はライブ配信も行っていただきました。ニコニコ動画のプレミアム会員限定ですが録画版も視聴可能です。

撮影: 鳥山さん

WordPress の向かう方向性

バージョン 4.7 を区切りに定期的なリリースを一旦やめて「フォーカスベース」の開発に移行することを宣言した WordPress。まずはエディター、カスタマイザーの UX を向上することに注力し、REST API による管理画面コードの書き換えを進めていくとのことです。

WordPress が今までもこれからも「より多くの人がインターネット上でコンテンツを公開できるためのツール」を目指しているという点は変わりません。このプロジェクトの大きなゴールを理解することで、WordPress に関わるみなさんにとっても長期的な方向性を考えていくヒントになるのではないかなと思います。

文樹さんのセッションにも関連する話題が盛り沢山ですので、ぜひこちらもどうぞ。

Capital P の記事とポッドキャスト

前回も補足記事として Capital P にリンクさせてもらっていましたが、今回も。

https://capitalp.jp/2017/01/06/rest-api-based-admin/

https://capitalp.jp/2017/01/31/rest-api-editor-customizer/

昨日公開されたポッドキャストも早速チェックしましたが、まさに今後の開発に関する1時間以上の聴き応えがあるものでした。歩きながら家事をしながらでも良いのがポッドキャストの利点ですので、スキマ時間にオススメです!

引き続き、最新の開発情報については make.wordpress.org/core (などの make. P2)を追っていくのが一番良いのですが、日本語でダイジェスト版が読みたいという方は Capital P で取り上げられたリンクをたどるのも効率的かもしれません。