WordCamp Tokyo 2017 参加者ネームタグ

勉強会・イベントコミュニティ向け、ゆうちょ任意団体口座の作り方

WordCamp Tokyo 用にゆうちょの団体口座を作ったのはもう2年ほど前になるのですが、たまにやり方について聞かれたりするのでブログにまとめておきます(WordCamp 男木島の計画が進んでいるとのこともあって、今更ながらやっと手を付けました…!)。

WordCamp Tokyo 2017 参加者ネームタグ

WordCamp Tokyo を運営しているグループは有志による任意団体であり、法人格はありません(法人としての契約が必要な会場のレンタルなどは、ボランティアスタッフとして関わってくださっているコミュニティコムの星野さんやタロスカイの吉川さんの会社を通じてお願いしてきました)。しかしイベント用に会計を独立させるため、ゆうちょの口座を持っています。

団体名義の口座開設についての公式情報

まずはゆうちょ銀行の公式情報から。「よくあるご質問 > 口座開設について」のページに、以下のように書いてあります。

団体名義で口座開設することはできますか。

マンション管理組合など、法人登記がされていない団体で、活動実績が確認できる団体に限り、口座開設が可能です。
手続きの際に次の証明書類等が必要です。
また、ご提出いただいた書類は、コピー(写し)をとらせていただきます。

  1. (1)定款、寄附行為、規則、規約(名称および主たる事務所の所在地に関する定めがあるもの)の写しで、かつ代表者または管理人による証明(記載内容が正しい旨、代表者のご住所・お名前および印章の押印)があるもの
  2. (2)ご来店者の公的な本人確認書類(運転免許証等、顔写真付きの証明書類)
  3. (3)ご来店者と団体の関係を証する書類(委任状等)
  4. (4)団体の活動実績が確認できる書類

※活動実績が確認できない場合は口座開設をお断りさせていただきます。

実際に持参したもの

これだけ読むと実際にどんな書類が必要なのか分かりづらいのですが、他の方のブログなどで下調べをして向かったので一回で口座を作ることができました。私の場合具体的には、

  1. 実行委員会規約書類を印刷、捺印したもの(下記参照)
  2. 顔写真付きの身分証明書
  3. 実行委員会名簿(同じく、下記参照)
  4. 過去のイベントのポスター、パンフレット
  5. 個人の印鑑

を持って行ったと記憶しています。

1の規約と3の名簿は Google Docs で一部編集して公開しました。もし必要でしたら以下を複製して使っていただいて構いません。

【サンプル】WordCamp Tokyo 実行委員会規約・名簿 – Google Docs

一般的には本人確認用として個人住所が書いてある身分証明書を持っていくことになると思いますので、規約内の代表者住所は同じものを書いておいたほうが無難だと思います。法人格のオフィスなどと自分を紐付けるものがあるならその住所を委員会の事務所所在地とすることも恐らくできるのでしょうが、そのために必要な書類などについては未確認です。ご存じの方がいたら、教えてください。

ポスターなど印刷物がなければ、活動の証明となるサイトのページなど、何らかを印刷して持っていけばいいと思います。

口座名は「WordCamp Tokyo 実行委員会」(ローマ字、空白スペースは実際は全角)としました。

クレジット・デビットカード

WordCamp Tokyo の口座ではカードは発行していません。各班長や担当者が支払いをする場面も多いのですが、申請してもらって事前振込み、もしくは建替え分を振込で返金という形で対応しています。その分手数料はかかるのですが、決済ができるカード情報を支払いが必要になる多数の人と共有するのは現実的ではないのでこのような運用となっています。

作成後にやること

オンラインで振込み、残高照会などをするにはゆうちょダイレクトの申込みが必要です。こちらは私の場合は個人名のみを書きました。窓口の方の指示に従うと良いと思います。セキュリティ対策は万全にし、合言葉とログインパスワードはランダムで長いものを設定しましょう。

トークン(ワンタイムパスワード生成機)も発行しておくと良いと思います。

参考にしたブログ

自分は「サークル名や個人商店名でゆうちょ銀行口座をつくる: 乙女の池袋」という記事を参考にしたのですが、それをベースに後日別の方が書かれた更新版「同人サークルで使える、ゆうちょ銀行の団体口座の作り方と名義変更の方法 | ありんこ書房」も、情報がまとまっています。両者の方々、どうもありがとうございました!

他にも「ゆうちょ 任意団体」「ゆうちょ 団体口座」など検索するとたくさん情報が出てきます。勉強会の団体に特化して書かれたものはあまり見かけない気がするので、今回のこの記事と規約の文章が誰かのお役に立てば幸いです。

2017年の振り返り

今年もお世話になりました。近況報告を兼ねて、一年のまとめなど。これまでの振り返り記事はこちらです。

今年をまとめると…、

  • 前半は仕事で将来の方向性を見出すためにジタバタしていて、
  • 後半は出産・育児しつつ考える時間が取れてぼんやりながら次のステップが見えてきた

というような年でした。

仕事

去年は3ヶ月のサバティカル休暇を取って仕事内容の棚卸しができた、と書いたのですが、今年の前半はそれをベースに翻訳プロジェクト管理と国際化マーケティングリサーチの両方をやっていました。

nyc-team-global-meetup

今年のチーム合宿はニューヨークでした。

転機というか迷いが生まれ始めたのは3月のチーム合宿のころで、この時私たちのチーム(Team Global)がマーケティングチームと一時的に合体する「ローテーション」が始まることになりました。その中で自分の立ち位置はどうすべきか?と考えた時、今までとは違うスキルが必要になってきたなと感じ始めました。

とはいえ日々の仕事に埋もれ答えは出ないまま、後半に突入。

出産、育児

9月の第二子出産予定にはまだ少し時間があると思いつつ迎えた7月、早期破水からの入院、予定日より50日早い緊急帝王切開出産となりました。これに関しては結局はっきりとした原因は判明せず、無理をしてしまったのかなと反省もあるのですが…。とにかく息子が無事に生まれて元気に育っているのは医療技術と病院の方々のおかげ。今年一番感謝と幸せを感じた出来事でした。

よく泣きよく笑う表情豊かな男の子で、この頃はなんでもつかんでよだれでベタベタにしております。

娘も夏に3歳になりましたが、赤ちゃん返りもあるのか?今年の方がやや「イヤイヤ期」は強め?な気が…。一方、話もかなり通じるようになったし(本人にやる気さえあれば)自分でだいぶいろんなことができるようになりました。

勉強、ボランティア

今回の育児休業は、一人目を産んだときに比べて復帰に向けてのアクションをしながらの期間になっています。先日ブログにも書いたママボランで、某 NPO 団体でのボランティア活動(デジタルマーケティング施策のお手伝い)をやり始めたり、オンライン動画・プログラミングコースや本を使ったデータ分析の勉強なんかも徐々に手を付けたりしています。

焦りすぎることはないと自分でも思うけど、今年前半にもやもやしていた「どうすべきか?」の答えに少しずつ近づけている気がして、1日あたりでは本当に少しずつですが楽しくやっています。

来年に向けて

仕事に関しては、意欲を持って勉強を続ける!これしかないなと思っています。私が休んでいる間に新しいチームメイトも増えたようなので、新たな人たちと働けるのも楽しみです。

育児やプライベートに関しては、子供の今しかないかわいい時期を大事にしながら仕事とのバランスをとっていければと思います。

それでは、良いお年を!

【東京GILT会】ソフトウェアやサイトの国際化などに関するコミュニティイベントを開催します

アプリケーションをつくる英語」や「ソフトウェアグローバリゼーション入門」といった書籍の著者である西野竜太郎さんと一緒に、ウェブサイトやアプリの国際化、ローカリゼーション、多言語対応、翻訳などに関わる人達が知識を共有するための新しいコミュニティ「東京GILT会」を始めることになりました!

第一回のイベントは2018年1月27日(土)の夕方、新橋での開催になります。まずは西野さんと私がそれぞれ登壇しますが、これをきっかけとして同じ興味を持つ人たちとつながっていきたいというのが会の趣旨になります。

【東京GILT会】ソフトウェアと翻訳 #1 – connpass

イベント概要より引用。

「東京GILT会」のGILTとは、Globalization, Internationalization, Localization, Translationの頭文字を取った用語になります。

きっかけは西野さんのツイート。私も WordPress の翻訳についてはコミュニティでのつながりはあるけどもっと一般的な GILT 界隈のことも吸収したいし、勉強して専門性を高めていければと思っているところだったので、一緒にやってみようということになりました。

同じくサイトやアプリの国際化や翻訳などに興味を持っている方のご参加、お待ちしています!

今回のイベントには出席できないという方は、connpass 上の東京 GILT 会グループに参加してもらえれば今後のイベント情報が届きますので、ぜひどうぞ。