イーコマースEXPO 2017 東京

去年に引き続き、WooCommerce として東京ビッグサイトでの「イーコマースEXPO 2017 東京」にブース出展しています。昨日1日目が終了し、本日も10時〜17時半まで展示予定です。

バレンタインということで、公式グッズに加えて日本限定のチョコも配ってみました。

実は Woo チームのコンテンツマネジャーである Nicolec Kohler が来日予定だったのですが、天候不良のため飛行機がキャンセルに…!アメリカ中で数千フライトが止まっている状況で、すぐに代わりの便を見つけることもできなかったようで残念です。そのため、木曜に予定していた勉強会はキャンセルになりましたが、EXPO 中に勉強会を一緒にやりましょうと言ってくれる方もいましたので、改めて企画したいと思います。

クーポン配布 & iPad Air 2 プレゼント抽選実施中

ブースでメールを登録してくださった方に全員に、WooCommerce.com での購入に利用できる$50相当のクーポンを配布しています。さらに、抽選で1名の方にアンケートで使用している iPad Air 2 もプレゼントします!

日本語情報チラシとデモサイトが活躍

前回「どんな決済方法に対応してるの?」「イベント、セミナーとかありますか?」などといった質問をたくさん受けたので、Woo Japan Wave さんの情報や勉強会、Facebook グループについてまとめたチラシを作成しました。

また、前回の WooCommerce 勉強会で作ったサイトをデモとして使っていますが、来訪者で WordPress は使ったことがあるという方に見てもらうと「なるほど、これは良さそう」と言ってもらえることが多かったです。本当に、百聞は一見にしかずですね。さらに、触ってもらうともっと実感してもらえると思うので、またハンズオンなどの機会もあれば良さそうです。


それではもう1日、今日もよろしくお願いします。ご来場の際には、EXPO サイト上からの招待券の印刷をお忘れなく!

今後の WordPress の開発ロードマップについて話しました (WordBench 東京1月)

2017年最初の WordBench 東京「これからのWordPress&ゆるゆる新年会」で、セッションを担当しました。

内容は前回のライトニングトークに引き続き「WordPress 4.7 と 今後の開発ロードマップ」。前回は5分間ということで新機能の簡単な紹介がメインでしたが、今回は WordPress 開発チームの理念や、今年以降の開発フォーカスなどを主にお話しました。

WordPress 4.7 と 今後の開発ロードマップ (x6倍拡張版!) from Naoko Takano

株式会社ドワンゴさんのセミナールームが会場ということで、当日はライブ配信も行っていただきました。ニコニコ動画のプレミアム会員限定ですが録画版も視聴可能です。

撮影: 鳥山さん

WordPress の向かう方向性

バージョン 4.7 を区切りに定期的なリリースを一旦やめて「フォーカスベース」の開発に移行することを宣言した WordPress。まずはエディター、カスタマイザーの UX を向上することに注力し、REST API による管理画面コードの書き換えを進めていくとのことです。

WordPress が今までもこれからも「より多くの人がインターネット上でコンテンツを公開できるためのツール」を目指しているという点は変わりません。このプロジェクトの大きなゴールを理解することで、WordPress に関わるみなさんにとっても長期的な方向性を考えていくヒントになるのではないかなと思います。

文樹さんのセッションにも関連する話題が盛り沢山ですので、ぜひこちらもどうぞ。

Capital P の記事とポッドキャスト

前回も補足記事として Capital P にリンクさせてもらっていましたが、今回も。

https://capitalp.jp/2017/01/06/rest-api-based-admin/

https://capitalp.jp/2017/01/31/rest-api-editor-customizer/

昨日公開されたポッドキャストも早速チェックしましたが、まさに今後の開発に関する1時間以上の聴き応えがあるものでした。歩きながら家事をしながらでも良いのがポッドキャストの利点ですので、スキマ時間にオススメです!

引き続き、最新の開発情報については make.wordpress.org/core (などの make. P2)を追っていくのが一番良いのですが、日本語でダイジェスト版が読みたいという方は Capital P で取り上げられたリンクをたどるのも効率的かもしれません。

.blog ドメインが取得できる国内レジストラ

Automattic(正式にはその子会社)が保有している gTDL の .blog は日本のドメイン登録業者を通して取得できるんですか?という質問を頂いたので調べてみました。2017年1月現在、2サイト3サイトが見つかりました。

MuuMuu Domain(ムームードメイン)

ムームードメインさんの場合のお値段は年間2,980円(税抜。税込だと3,218円)。WHOIS 情報の非公開オプションも無料で含まれています。

muumuu

Gonbei Domain(ゴンベエドメイン)

ゴンベエドメインさんは年間3,240円(税込)。1月20日までの限定キャンペーンですが1年目は2,754円だそうです。

WHOIS 情報の非公開オプション(WHOIS ガード)は追加料金が1,080円かかります。

gonbei-domain

Onamae.com (お名前.com)

【追記】一応「新ドメイン」のページに .blog が書かれているのですが、トップページから普通に検索した際に登録できないような気がしました。でも1月18日までは年間2,780円(税抜。税込だと3,002円)、それ以降はムームードメインと同じ料金とあるので、おそらく現在も登録はできる模様です。

注: お名前.com では100% GPL ではないテーマをレンタルサーバーでパッケージプランとして提供しているため、WordPress コミュニティの一員としておすすめはいたしません。

get.blog/WordPress.com の場合

ちなみに比較対象として書いておくと、get.blog で取得した場合は日本円建てだと3,300円。WordPress.com の有料アップグレードの一部として取得した場合は1ヶ月当たり360円、983円、2,983円という3種類のプランのいずれかになります。

wordpresscom-plans

ドメイン登録業者の選び方

WordPress.com 上にサイトを作る場合、手軽さではもちろん Automattic 関連サービスを経由するのがお勧めです。ホスティング費用も含まれているので、もし機能的に十分であるならトータルではお得になります。逆にインストール型 WordPress や他のブログサービスで .blog ドメインを使う予定の方で、すでにムームーやゴンベエドメインのアカウントがあるなら、そちらを使ったほうがドメイン管理をまとめられて良さそうです。

.blog ドメインが気になっているけど国内の登録業者の方がいいな、という方は参考にしてみてください。すべての .blog 取扱業者はこちらでご覧いただけます