WordCamp 男木島への子連れ旅(イベント前日編)#WCOgijima

2週間前になりますが、WordCamp 男木島 2018 に参加するため、香川県高松市の男木島へ行ってきました。

今回は、子供向けの対応も充実しているファミリーフレンドリーなイベントということで、もうすぐ4歳になる娘と一緒の旅(0歳児の息子は夫と留守番)。

東京から高松まで飛行機で移動、そこからリムジンバスで港まで。男木島行きの船に乗るタイミングが限られているので、新幹線でも飛行機でも家からの所要時間はあまり変わらないような気がしますが、長時間の電車移動は子供が飽きそうだったので飛行機にしてみました。

出航まで結構待ち時間があったので、高松駅でアンパンマン列車テーマのキッズコーナーにちょっと寄ってからかき氷を食べ、おやつや暑さ対策グッズを手に入れて、男木島行きのめおん2に乗船!

所要時間は40分。ちょうど Human Made の Jon や Dreamhost の Mike などにも遭遇。娘がじゅうたんのスペースでレゴブロックを広げて遊んでいるうちにあっという間に到着しました。

到着後は実行委員長の西川さんに民宿に案内してもらい、荷物を置いた後に会場である体育館に向かって、スポンサーブースの設営。今回は Automattic からの参加が私1人だけだったのですが、WordCamp スタッフの方々がお手伝いしてくださって無事完成しました(娘と遊んでくれたりもして、ほんとに助かりました!)。

その後、男木島図書館にて夕食。大和さん手作りのビーガン対応フードは、天ぷらも、焼きとうもろこしもおいしかったです。娘は早速2階に何度も登って本を出してきたり、うろちょろ遊んでいました(その後も、この階段がお気に入りになったようでした)。

その後、港のそばの「島テーブル」にてスタッフ、スポンサー、スピーカーのプレパーティ(前夜祭)がありました。西川委員長が「今回のスタッフチームは最強!」と言っていましたが、始まる前からもうそれに納得できるほど、各方面での心配りや、イベントを楽しく成功させようとする工夫を感じられていました。

男木島ならではのきれいな夕焼けも見られて、素敵な夜でした。

当日編に続く。

WordCamp Osaka 2018 に参加してきました #wcosaka

6月2日、WordCamp Osaka 2018にて Automattic としてのスポンサーブースの担当と、臨時の交代要員としてパネルディスカッションへの登壇をしてきました。

(ずいぶん昔の話になってしまいますが、WordCamp 男木島のレポート前にこちらをやっと公開です)

スポンサーブース

ブーススタッフは WordCamp Kansai 2016でも来日してくれた、台湾在住のエンジニア James Tien と再度一緒に。彼はその時ちょうど Automattic で働き始めたばかりだったのですが、今回は、春に私のいる Team Global に移籍したというタイミングでした。

WooCommerce の情報キャッチアップなど

SkyVerge の Fluvio や、職人工房の田中さんも WooCommerce ブースの応援に来てくれました。彼らが前日に開催した Kansai WooCommerce Meetup のイベントも含め、関西での WooCommerce への関心についても肌で感じることができました。国外でもすでにそうですが、定期購入メンバーシッププレオーダー機能エクステンションなどはこれから徐々に人気が出てきそうな気がしています。

Jetpack 日本語サイトの公開

このイベントに合わせて Jetpack サイト日本語版も公開し、現在もページ数を増やしたり、さらに他の対応言語を加えたりとローカリゼーションを進めています。

各地のお菓子が集結した「わぷーカフェ」

スポンサーブースのフロアには各地 WordBench がグッズやご当地お菓子を持ち寄った「わぷーカフェ」も。私も東京から、お土産を置いてきました。イベントに行く時、ふと誰かにおみやげを買いたくなるけど、持ち帰るのに邪魔になってしまうかな…?お菓子をたくさんもらっても困るかな…?と思ったりもします。でもこういう場で分け合えるのも楽しいし良いですね。

各地のお菓子を眺めながら、ここにも勉強会があるのか〜、など、知ってもらえるきっかけにもなるし、面白い企画だと思いました。

会って話すことの大事さ、危うさ。でもやっぱりコミュニケーションは大事。

この直後に出張が控えていたので2日目のコントリビューターデイは欠席となってしまったのが残念。セッションデイの夜にも色んな方とコミュニティについての話をしたり、なかなか白熱した議論ではあったのですが、普段オンラインでやり取りをするのに慣れている人間として、会って話すことの大事さも危うさもいろいろ感じるものがありました。

だけどそういうものも経て、コミュニケーションをしないことには分かり合えないし、たとえうまく言えなかったとしても、ぶつかりながら、失敗しながら理解をしていかないと前には進めない、ということを実感した次第です。

だからといって WordCamp だけをそういう場にするのではなくて、もっとブログも書かないと、伝えていかないと。と思ったりもしました(なのに、今頃レポートを書いているわけですが。やらないよりはまし…ということで!)。

WordCamp Tokyo 2017 参加者ネームタグ

勉強会・イベントコミュニティ向け、ゆうちょ任意団体口座の作り方

WordCamp Tokyo 用にゆうちょの団体口座を作ったのはもう2年ほど前になるのですが、たまにやり方について聞かれたりするのでブログにまとめておきます(WordCamp 男木島の計画が進んでいるとのこともあって、今更ながらやっと手を付けました…!)。

WordCamp Tokyo 2017 参加者ネームタグ

WordCamp Tokyo を運営しているグループは有志による任意団体であり、法人格はありません(法人としての契約が必要な会場のレンタルなどは、ボランティアスタッフとして関わってくださっているコミュニティコムの星野さんやタロスカイの吉川さんの会社を通じてお願いしてきました)。しかしイベント用に会計を独立させるため、ゆうちょの口座を持っています。

団体名義の口座開設についての公式情報

まずはゆうちょ銀行の公式情報から。「よくあるご質問 > 口座開設について」のページに、以下のように書いてあります。

団体名義で口座開設することはできますか。

マンション管理組合など、法人登記がされていない団体で、活動実績が確認できる団体に限り、口座開設が可能です。
手続きの際に次の証明書類等が必要です。
また、ご提出いただいた書類は、コピー(写し)をとらせていただきます。

  1. (1)定款、寄附行為、規則、規約(名称および主たる事務所の所在地に関する定めがあるもの)の写しで、かつ代表者または管理人による証明(記載内容が正しい旨、代表者のご住所・お名前および印章の押印)があるもの
  2. (2)ご来店者の公的な本人確認書類(運転免許証等、顔写真付きの証明書類)
  3. (3)ご来店者と団体の関係を証する書類(委任状等)
  4. (4)団体の活動実績が確認できる書類

※活動実績が確認できない場合は口座開設をお断りさせていただきます。

実際に持参したもの

これだけ読むと実際にどんな書類が必要なのか分かりづらいのですが、他の方のブログなどで下調べをして向かったので一回で口座を作ることができました。私の場合具体的には、

  1. 実行委員会規約書類を印刷、捺印したもの(下記参照)
  2. 顔写真付きの身分証明書
  3. 実行委員会名簿(同じく、下記参照)
  4. 過去のイベントのポスター、パンフレット
  5. 個人の印鑑

を持って行ったと記憶しています。

1の規約と3の名簿は Google Docs で一部編集して公開しました。もし必要でしたら以下を複製して使っていただいて構いません。

【サンプル】WordCamp Tokyo 実行委員会規約・名簿 – Google Docs

一般的には本人確認用として個人住所が書いてある身分証明書を持っていくことになると思いますので、規約内の代表者住所は同じものを書いておいたほうが無難だと思います。法人格のオフィスなどと自分を紐付けるものがあるならその住所を委員会の事務所所在地とすることも恐らくできるのでしょうが、そのために必要な書類などについては未確認です。ご存じの方がいたら、教えてください。

ポスターなど印刷物がなければ、活動の証明となるサイトのページなど、何らかを印刷して持っていけばいいと思います。

口座名は「WordCamp Tokyo 実行委員会」(ローマ字、空白スペースは実際は全角)としました。

クレジット・デビットカード

WordCamp Tokyo の口座ではカードは発行していません。各班長や担当者が支払いをする場面も多いのですが、申請してもらって事前振込み、もしくは建替え分を振込で返金という形で対応しています。その分手数料はかかるのですが、決済ができるカード情報を支払いが必要になる多数の人と共有するのは現実的ではないのでこのような運用となっています。

作成後にやること

オンラインで振込み、残高照会などをするにはゆうちょダイレクトの申込みが必要です。こちらは私の場合は個人名のみを書きました。窓口の方の指示に従うと良いと思います。セキュリティ対策は万全にし、合言葉とログインパスワードはランダムで長いものを設定しましょう。

トークン(ワンタイムパスワード生成機)も発行しておくと良いと思います。

参考にしたブログ

自分は「サークル名や個人商店名でゆうちょ銀行口座をつくる: 乙女の池袋」という記事を参考にしたのですが、それをベースに後日別の方が書かれた更新版「同人サークルで使える、ゆうちょ銀行の団体口座の作り方と名義変更の方法 | ありんこ書房」も、情報がまとまっています。両者の方々、どうもありがとうございました!

他にも「ゆうちょ 任意団体」「ゆうちょ 団体口座」など検索するとたくさん情報が出てきます。勉強会の団体に特化して書かれたものはあまり見かけない気がするので、今回のこの記事と規約の文章が誰かのお役に立てば幸いです。