WordCamp Tokyo 2015 講演スライドと振り返り #wctokyo

10月31日・11月1日の WordCamp Tokyo が終わってもう1週間以上経ってしまいました。少し遅いですが、このブログでもスライドの共有と振り返りを。

講演とスライド

私は朝イチに「なんとなく」の壁を越えよう! 〜自信を持ってWordPressを選択するためのヒント〜

と題したセッションで話しました。

周りが使っているからという理由ではなく、WordPress というツールが個人やチームにもたらしてくれるパワーを理解してもっと使ってもらえるといいなという思いを込めてプレゼンを考えました。

逆に言うと、WordPress は手段を達成するためのツールでしかないわけです。でもこういったツールがあるからこそ発揮できる強みがきっとあるはず。
オープンソースのソフトウェアで、裾野の広いコミュニティが世界にあるおかげで、利用する人たちみんなで勉強し、知識と成果を共有し、次の時代に備えることができる。開発者からブロガーまで、多くのユーザーの間から新しいアイデアが生まれる。誰でもそこへ参加できる。

私は、WordPress に関わる人たちがオープンソースソフトウェアの持つ長所を活かし、良いウェブの未来の一部を創っていけると信じています。今回のプレゼンを通し、そんな思いが少しでも伝わったのならいいなと思います。

ちなみにスライドに使ったわぷーや背景などの画像は WordCamp サイトのパーツをお借りしました。イベントのビジュアル担当の印刷班・サイト制作班の皆さん、ありがとうございました!

スポンサーブース

今年は Automattic として2つのスポンサーブースを出しました。サウスダコタ州から来てくれた(「わぷー非公式ファンクラブ」Wapuu.jp の)ニック、そして現在日本在住の JavaScript エンジニア、ジョーダンという同僚の2人が Jetpack のブースで対応をしてくれました。さらに、WooCommerce プラグインの日本語翻訳を手がけておられる神戸の「職人工房」田中さんが WooCommerce ブースを担当してくださいました。

いつもはアメリカから送ってもらうノベルティグッズを置いて配布するだけだったのですが、バナーや配布物もすべて日本語に訳したり、ブースに人がいる時間も増やせたり、やっと手が少し回せるようになったかなという感じです。まだまだ完全にローカライズされた形でのスポンサーシップはできていない気もするので、今回の気付きを活かしてまた新しいことに挑戦してみたいと思います。

ブースに足を止めてくださった皆さん、タトゥーシールを張ってくださった皆さん、ありがとうございました!

スタッフ活動

今年のボランティアスタッフとしては会場探し・懇親会のお手伝い・コントリビューターデイのおやつとコーヒーの手配・前日準備をやりました。

メインの仕事となった飲食物担当のアフターパーティ班は祥子さんと二人っきりのチームではありましたが、ケータリング会社さんや色々な業者さんのおかげで2日とも滞り無く手配ができてよかったと思います。

二次会・三次会については、取りまとめてくださった小林さん夫妻に感謝!!!

全体を通して

2008年に始まった WordCamp Tokyo は今年でなんと9回目。横浜でやった年も1回あり、首都圏での開催は10回目です。今年は初めての会場や有料開催という新たな課題もありましたが、班長たちのチームワークの良さ、前年までのスタッフのサポートもあり、全般的に安定した運営ができていた気がします。

見えないところでたくさんの人が積み重ねた頑張りがあって、試行錯誤しながらひとつのものを作り上げていくプロセスは、WordPress コミュニティのつながりを深めるためになくてはならないものだと改めて実感できるイベントだったと思います。私はここのところ新しい中心スタッフ陣に運営主体はすっかりお任せで、いちスタッフとして参加したにすぎないのですが。参加者の方からツイッターブログなどで「仕事忙しいけど行ってよかった」「良い収穫があった」などという声をちらほら見聞きして、「(ちょっとだけど)スタッフやってよかった!」とまた改めて思いました。

関わった皆さん、本当にお疲れさまでした!
…と、一旦まとめてしまいましたが、2日目のコントリビューターデイについてはまた別途!

WordCamp Tokyo 2015 講演スライドと振り返り #wctokyo」への3件のフィードバック

コメントを残す