Automattic が(本当に)オフィスを廃止した理由

先日、ビジネスニュースメディア Quartz で Automattic が SF にあるオフィス(社員向けコワーキングスペース/ラウンジ)を手放すことにした件が取り上げられていました。

The company behind WordPress is closing its gorgeous San Francisco office because its employees never show up

Automattic はリモートワークの社員ばかりで「思ったより活用されないので」というのが簡潔な理由なのですが、「じゃあなんでそもそも420坪もあるスペースを作ったの?」という疑問もあるかと思います。詳しい理由について、新プロダクト開発チームリードのトニー・シュナイダーがブログを書いているので抜き出して訳してみます。

When a company grows, but the office shrinks

  1. そもそも、借りていたもっと小さいスペースを立退きする必要があったので引っ越した。その頃は100人中15人の社員がサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいたので、社員が5倍くらいになる頃には広いスペースが必要になると考えていた
  2. 実際5倍にはなったものの SF エリア外で雇われる人の割合がかなり増え、エリア内の人も雇われてから遠くに引っ越したりするケースが多かった。現在32人いるエリア内の社員のうち、多くても半分以下くらいしか一度に集合することはない。
  3. チーム合宿にも使う目的を想定していたが、SF に宿泊するコストが当初よりかなり上昇し、使えるオフィススペースを勘案しても他で合宿するほうが安くなった。

5年前には「アメリカ:それ以外在住の社員」の比率は65:35だったのですが、現在は半々になっていることも書かれています。

まあ言ってみれば色々と予想が外れた、ということですね。「分散型企業は、本人たちが思ったよりも分散して成長した」とも言えます。

オフィスの写真・動画

私が最後に訪問したのは2013年の秋だった模様。その頃社員が200数十人?だったと思うのですが、最初で最後となったこのオフィスでの全社合宿の時でした(日程の半分は、サンタ・クルーズに移動して行われました)。

↑ 動画が再生されない場合はこちらで。

もうあのスペースを訪れることはないですが、オフィスがなくなっても日々は変わらず、私たちは WordPress.com と Slack、その他オンラインにある仕事場でこれからも分散しつつ仕事をしていくことでしょう。次に同僚と顔を合わせるのは来週末の WordCamp Kyoto!楽しみです。

Automattic の求人情報

ブログや過去のインタビュー記事などを見ていただいた方から Automattic についてちらほらと問い合わせがあったので回答をこちらにも書いてみます。

※ コミュニケーションは主に P2 ブログと Slack 上で行われるため、すべてのポジションで英語の読み書きが必須となります。
【追記】TOEIC の点数を聞かれたりとかいうことは多分ないので、履歴書を書いたり、メール・チャットのやりとりで自然な英語のやりとりができるレベル…と思ってもらえれば良いかなと思います。

2016年9月の全社合宿(カナダ・ウィスラー)

Q: 現在のオープンポジションにはどんなものがありますか?

現在アジア太平洋地域で特に力を入れて募集しているのは以下の2つのポジションです。

VIP Engineer (VIP Wrangler)

Automattic では WordPress.com VIP を通して、サポート・ホスティング・トレーニングなどのサービスを世界最大規模の WordPress サイト (Time.com、People.com、Fortune.com、VentureBeat.com その他数百サイト) に提供しています。このチームに参加して、クライアントが最高の WordPress サイトを構築する手助けをしてくれる開発者を探しています。

Happiness Engineer

現在募集中の役職

ハピネス・エンジニアは他人を助けるのが大好きな方向けのポジションです。ニーズに耳を傾け、提供プロダクトの活用法を紹介することで、信頼に基づいたお客様との良い関係を構築するというゴールを達成します。共感性、ライティングスキル、技術的知識のバランスがとれた方を探しています。

地域的には関係なく、その他にも JavaScript・検索 エンジニア、QA、プロダクト・マーケティングデザイナーなど多数募集しています。

現在応募中の役職詳細 (と、このブログ記事で書いている内容の詳細) は以下のページにあります。

https://automattic.com/work-with-us/

Q: Automattic の開発プロセスとは?

「データに基づいたユーザー・ドリブン」がポリシーです。WordPress.com 用のワンクリック・デプロイシステムがあり、1日60-80回ほどコードを本番環境へプッシュしています。

オープンソースの強い信奉者であり、プロダクトや技術をできる限りオープンソース化しています。

Q: 待遇についてもっと詳しく知りたいです。

すべての Automattic ポジションは100%リモートワークです。

  • オープンバケーションポリシー: 年間の有給休暇日数は無制限
  • ホームオフィス設備およびコワーキング手当
  • 必要なハードウェア・ソフトウェアの支給
  • 継続学習支援のための書籍・カンファレンス代金の払戻
  • サバティカル休暇: 5年ごとに連続2-3ヶ月の有給休暇取得を推奨
  • 産前産後・養子縁組休暇: 12ヶ月以上勤務している場合、有給で無制限の休暇取得が可能
  • 生命保険: 会社が全額負担

その他の福利厚生は国によって異なります。

無制限の休暇ってどういう意味?と聞かれることもよくあるのですが、これは本当に「年を通して成果を出していれば何日休んでもOK」という制度です。ざっくりとですが、サバティカルや産休などを除く純粋な「休暇」のみを会社全体で平均すると1人18日くらい取っている模様。ただし祝祭日、家族の都合、冠婚葬祭、病気なども別カテゴリーになっているので、分類の個人差によってけっこう上下する気がします。

Q: リモートワークで好きな点、嫌いな点は?

月並みですが、好きなところはスケジュールや仕事のやり方に対する柔軟性、嫌いというか難しいと思うところはコミュニケーションです。

私はこの仕事に就く前はほとんどクライアントと顔を合わせない形でのフリーランスデザイナーをしていて、オープンソース活動も会ったことがない人たちと一緒にやっていたので、リモートワークに関してほとんど違和感はありませんでした。逆に、対面で仕事をすることに慣れている人にとってはオンラインだけのやりとりはツライということもあると思います。


Automattic には現在、54ヶ国・77言語を話す554人のメンバーが在籍しています。世界中にいる同僚たちと WordPress.com、Jetpack、WooCommerce などといったプロジェクトに関われるのはこの会社の形態ならではのメリットであり、私も最初に感じたワクワクした気持ちを持ち続けてもう7年間(パートタイム時代を含めると8年間)お世話になっています。

Automattic 社員の分布地図

求人へのご応募、引き続きお待ちしています!

Automattic 求人情報ページ

Automattic 全社合宿 2016(カナダ、ウィスラー)

このブログの過去記事を読んだ方は目にしたことがあると思いますが、私が働いている Automattic という会社では「Grand Meetup」と呼ばれる全メンバーが集合する一週間の合宿が年に一回開かれます。今年は9月14日から1週間の日程で WordCamp Tokyo と完全に被ってしまったのですが、全員参加が必須ということで出席となりました。

大枠としては去年とかなり近いので、一体どんなものなの?と気になる方はこちらをご覧ください。

Automattic 全社合宿、2015年版

宿泊先はカナダのスキーリゾートであるウィスラー。9月中旬に雪はないのでオフシーズンですが、自然に囲まれたいい場所でした。

agrand-meetup-2016-opening

オープニングのスピーチ。

私は6月の WordCamp ヨーロッパの直前からこの合宿まで3ヶ月ほどサバティカル休暇を取っていて(Automattic には、5年働くと2〜3ヶ月の有給休暇を取得できる制度があります)、復帰第一弾の出張となりました。その間仕事はバックアップをしてくれる同僚に完全に任せていたので、チームメイトと顔を合わせて不在だった期間の情報収集ができる良いタイミングに戻ることができたと思います。

agrand-meetup-2016-team-global

Team Global

ここ数年、合宿中にはプロジェクトまたはクラスを選べるようになっているんですが、今年は WooCommerce のブログを書いているライターさんが主催するテキストライティングのクラスを選んでみました。テキストでのコミュニケーション能力は(少なくともこの会社での)リモートワークには欠かせないスキルなので、外部向けの文章の書き方だけではなくて普段の仕事をやりやすくするヒントももらえてよかったです。まだまだ練習の量が足りないなと思い、もっとブログも書いていこうという気にもなれたし。

その他のアクティビティとしてはレストランでの料理体験、中国茶・日本茶テイスティング、写真撮影ツアー、スウィングダンス教室などもやってやっぱり今年もめまぐるしかったです。

しかし、毎年増える社員のスケールに対応しつつも、フィードバックを元に全体的な改善が加えられているのが感じられて、このイベントを企画担当しているチームはホントにすごい。尊敬します。

懇親を深めたり、1年間分の士気を充電したり、普段やらない勉強やプロジェクトに取り組んで発見をしたり。500人近い人間が集まるのは大変なことですが、私たちのリモートワークチームには欠かせない年間行事だと今年も思える旅でした。

 
写真多めで英語記事も書いていますので合わせてどうぞ。
Automattic Grand Meetup 2016 in Whistler