オープニングスピーチ

Automattic 全社合宿2018年版: フロリダ州オーランド

先週、1週間ほどの Automattic 全社合宿(Grand Meetup)が終了しました。昨年は出産後ということで不参加だったので、2年ぶりにチーム以外の多くの同僚と会う機会となりました。

今年の目的地はフロリダ州オーランドの Disney Springs というエリア。ユニバーサル・スタジオやエプコットの一部で貸切パーティがあったりもして、今までとは少し違った雰囲気でした。

ユーザーリサーチのクラス

今年の合宿の前半は、通常業務を行う一部の人をを除いた全員が3つのうちいずれかを選択することが必須でした。

  1. クラス(志願した同僚が教えてくれる)
  2. プロジェクト(主に機能開発・プロセス改善など、こちらも志願者が提案)
  3. サポートローテーション(年に一度、サポート以外の職務の全員が1週間行うサポートウィークを合宿中に一緒の部屋でやるバージョン)

私は「プロダクトに反映するためのユーザーリサーチ」という内容のクラスを選択しました。教えてくれたのは Boon Sheridan 氏。後から知ったんですが、今年の UX Days Tokyo にも登壇していたとのこと。

今回のクラスは3日間で、内容は主にユーザーインタビューについて。この方式のリサーチには通訳者として先日初参加したばかりだったのですが、今回この実施・分析方法について詳しく知ることができてよかったです。

ブーン・シェリダン

講師のブーン・シェリダン。

クラスを取った勢いで、前から読みたいと思っていた「シグナル&ノイズ」というデータ分析系の人たちがよく勧めている本を(やっと)読み進められました。新しく得た知識と相まって、「様々な切り口で情報収集し、予測を調整し続けていくことで正しい予測に近づける」という部分、そして定質的リサーチの意義が実感して理解できた気がします。

それにしても、他のクラスの資料なども見て、I will never stop learning ― 学び続けることをやめない、という会社のモットーのひとつを進んで実行している同僚たちに改めて刺激を受けました。競争して周りを蹴落とすためではなくて、知識を共有して周りと一緒に成長していこうという人たちに囲まれているのは幸せなことで、私ももっとがんばりたいなと本当に思います。

“Japanmattician” の増加

Automattic には出身地と居住地が同じではなかったり、そもそもどちらも一つではない人も多いので、「日本人社員」という概念があまり意味をなさなかったりします。

「日本関係の人」みたいなゆるい意味で、日本に住んでいたり自分や親や配偶者が日本人だったり、というメンバーの “Japanmattician” が特にここ1年ほどでずいぶん増えました。今年の合宿では、みんなで集まって VR をやりにいったり、飲みに行ったりもできてとても楽しかったです。

年に一度顔を合わせる、ということ

完全リモートワーク(正式には「分散型」ワーク)の会社で働き始めて8年になりました。入った頃は2桁代だった社員数も現在は約800名で、全員の顔と名前が一致しないどころか、ハンドルネームを聞いただけでは同僚かどうかわからない人も大半、という状況ですが、憂うことというより「そういうもの」と受け止めるようになってしばらく経ちます。

それこそ前述したユーザーリサーチのようなもので、1週間限定で多くの人たちに直接会うことは、会社のことや他のチームについての質的理解が深まる機会だと思います。多くの情報はオープンに、テキストデータその他としてアクセスできる形で常に存在しているけど、やっぱり対面で得られる情報はまた違うし、両方あってこそ役に立つ多面的な知識になるような気がしました。


リモートワークの会社の合宿がどんなものか気になった方は、#a8cgm というタグで他の人の投稿や写真も見られます(InstagramTwitter)。特に、Japanmattician の一人で北海道在住の Paolo の記事がいろいろ網羅されていて全貌を知るのに参考になりそうです。

WordCamp Tokyo 2018 コントリビューターデイ

WordCamp Tokyo 2018 コントリビューターデイ: 貢献の輪を広げること

イベント後やっと一段落ついたので振り返りブログです。まずは9/14(金)の、コントリビューターデイから。平日にもかかわらず、約200名が参加とのことで大盛況でした。

今年のコントリビューターデイ

今年は翻訳チームのテーブルで色々お手伝いをしつつ、コミュニティチームなどにちょっとだけ顔を出したりしました。

当日ツイートもしましたが、とても充実した1日だったため、あまりにもあっという間に終わってしまい悲しいほどでした!何が良かったかというと、

  • 初めて翻訳する方の背中を押すことができた
  • 翻訳に参加したい方がつまずくポイントに、新たに気づくことができた
  • モバイルで翻訳している方もいて、こちらに関してもいろいろ気づきがあった
  • Gutenberg の日本語フォントについてのイシューを立てたことで、Web フォントについていくつか学んだ
  • 日本語パッケージの今後についての話が少しできた

コントリビューターデイのリアルタイム性ならではのおもしろさを感じることができたし、引き続きオンラインでも WordPress に貢献していこうという刺激を非常に受けることができました。

当日の翻訳チームメンター役のシンヤBさん、そして翻訳テーブルに参加された皆さん、お疲れ様でした!

最後の発表を聞いたりブログを読んでいると、他のチームもそれぞれ良い体験ができたという声が多くて、多くの人に意義ある一日になったようでした 🙂

翻訳 Tips 3つ

イベント中に WordSlack の #translate チャンネルでも流しましたが、せっかくなので記録しておきます。

【その1】「Force Update Translations(強制翻訳)」プラグイン

強制翻訳アップデート

まゆこさん作の翻訳者向けプラグイン。translate.wordpress.org からまだ未承認のものを含む最新の翻訳テキストを持ってきてくれるので、実際の画面に反映させながら翻訳するのに使えます。

【その2】Codex で新規翻訳するページを探す

Codex で、何か新規ページを訳したいけどどこから始めればいいのか悩んだときは、「特別:存在しないページへのリンク」 へ。他から多数リンクされているけど存在しないページを作ることができます。

ページの新規作成方法は、「ヘルプ:編集案内 » 新規ページの作成(翻訳用)」にて。

【その3】用語集にない技術用語の訳の参考になるリンク

Microsoft 製品の翻訳例検索が、WordPress 用の用語集にない技術系の単語の訳に悩んだ時に結構使えます。コンテキストが違うこともあるので必ずそのまま使えるとは限らない点は注意。

貢献の輪を広げること

この記事のタイトルにつけたように、今回のコントリビューターデイでは「貢献の輪」をいかに広げられるかが本当に大事だと改めて思わされました。

参加しやすさ、継続しやすさ。そういった仕組みを意識して作ってきたのが WordPress グローバルコミュニティですが、日本語のコミュニティでもコントリビューターデイだけに頼ることなくそれを進めていかなければと思います。

翻訳に関して言えば、翻訳者も PTE も徐々に増えていますが、質のコントロール・担保をしつつ、もっと多くの人に参加してもらいやすい仕組みづくりが必要だと感じています。特に今後 Handbook を含めドキュメンテーションの翻訳ニーズが高まってきそうなので、初めての人でもわかりやすい入り口づくりや、共同作業がしやすい環境などに力を注ぐ必要性を強く感じました。

そんなわけで、初めて参加するというわけではなくても、今後につながる良いきっかけになる一日だったと思います。

WordCamp Tokyo 2018 に参加します!

先日 Twitter にて WordCamp Tokyo 2018 についてこんなことを言ったので、直前ですがこの記事を書いています。

リンク先のブロガーさん、shino さんにリスペクトということでタイトル真似してみました。

まずはコントリビューターデイへ!

今回、国内 WordCamp 初の平日開催となるコントリビューターデイ。はじめての試みということで、スタッフの間では皆さん参加してくださるのかな?という不安もありましたが。しかし、極端に登録数が少なくなることもなく、「いつもは参加できなかったけど今回は!」という方もいらっしゃるようです。

私は翻訳チームをお手伝いしつつ、コアの国際化に詳しい Pascal や Dominik というコントリビューターも来ているということで、そのあたりの今後についてのディスカッションもできればいいなと思っています。

WordCamp Tokyo 2018 のセッション見どころ

WordCamp Tokyo 2018 登壇者

羽野さんが作ってくれた登壇者画像

今年の WordCamp Tokyo では、齋木さんと一緒にセッション班を担当しています。

ということで、おすすめセッションは?と聞かれたら「全部、自信を持っておすすめします!」と答えたいところですが、なにせ5部屋もあるのできっと皆さん迷われるかと思います。

彼と2人で計9本書いたすべてのセッションの記事をリンクしておきますので、気になるキーワードのタイトルをクリックして参考にしていただければと思います。

Automattic スポンサーブースにもどうぞ!

去年は会社の全社合宿と期間が重なり、たまたま育休中だったので日本にいた私一人でのブース担当だったのですが(コミュニティから、田中さんやカーロスさんにお手伝いいただきました!)、今年は私以外に9名もの Automattic メンバーが参加します。

首都圏在住の4名、北海道在住の1名、スピーカーでもある Tammie、Jetpack エンジニアリングチームやデザインチームのメンバーなどもいますので、プロダクトや求人について質問があればぜひ立ち寄ってみてください。

そして、イベントチームで新たにアジア担当となった Marly が、いつもとは少し違ったブースを企画しています。くじ引きや新グッズなど、お楽しみに!

2017年のブース。

今年の企画の一部。