本年も多くの方に大変お世話になりました。近況報告を兼ねた振り返りです。過去の振り返りはこちら

2019年、自分にとっての満足度はなかなか高い年になりました。

今年は新しく挑戦する機会が多く、失敗もしたけど、成長した手応えがあったのがその理由です。2017年くらいからモヤモヤしていた気持ちが、「自分にはこれが足りない」という具体的な欠乏感になったのは、前向きなサインでした。

仕事

前半は引き続き社内でローカリゼーション関連のリサーチやプロジェクト管理をしていたのですが、5月に開催した WordPress Translation Day 4の全体リーダーを務めることになり、同じく5月ごろ WordCamp Asia のグローバルリードという役に選ばれました。6月には5年ぶりに会社での部署異動があり、 WordPress.org の翻訳チーム (Polyglots Team) やコミュニティに関わる機会も今まで以上により増えました。

OSS コミュニティでの「リモートワーク」は会社での仕事とは違うコミュニケーション上の大変さもあります。でも今年、世界中に散らばるたくさんの人達をより深く知ることができた(=その必要性があった)のが、前述の成長の手応えにもつながった気がするし、良い変化だったと思います。

「信頼関係」というのはとても個人的に重要視しているポイントなのですが、信頼すべき仲間と思える人達が増えたり、今まで以上に信頼関係を深めたりすることでプロジェクトに良い影響が起きるのを実感することが何度もありました。その逆のシチュエーションを解消していくために、来年も学びと経験を積んでいきたいと思います。

勉強のため、今年やってよかったことナンバーワンはオーディオブック読書の強化。結局 Audible アカウントの日本版と米国版は両方継続中。興味があれば躊躇せず入手することにしたのは本当に良い習慣になっています。年の後半はとくに、リーダーシップやコミュニケーションの本などを重点的に聴きました。ポッドキャストやブログ記事とはまた違う良さがあることを実感できた年でした。

もうひとつ、やってよかったというよりは運良く降り掛かってきたというほうが正しいですが、メンターの存在は今年の満足度に大きく影響した変化です。部署異動のタイミングで部署内の編成も変わったため、チームのリードと月1回、サブリード的な同僚と週1回 Zoom で話すようになりました。ふたりとも相談に的確なアドバイスをくれるのはもちろん、いつも倫理的で長期的な視点を持っている人たち。話すことで自分の考えも整理でき、彼らの目指すものを一緒に目指していきたいという気持ちになれています。

WordPress コミュニティ活動

仕事とかぶるところもありますが、日本でのコミュニティ活動は「基本的に」プライベートでやっているものなので、別枠として。

WordCamp 羽田のハンズオンお手伝い、WordCamp 新潟のメンター、WordCamp 東京のコントリビューターデイ班と託児班など、こうやってみると1年を通して色々とやっていました。WordCamp 東京スタッフ参加途中から自分も WordCamp Asia でリードになり、東京の委員長・副委員長たちににはとても刺激を受けました。

今年中はオンラインでしかお会いできてない方も含め、翻訳・ドキュメンテーション・コミュニティイベントなどでお世話になった皆さんにこの場を借りて改めてお礼を。私自身がモチベーションを維持できるのは、試行錯誤しながらも継続的に前へ進む方たちが周りにいるからです。皆さんの姿が励みと刺激になっているのは間違いなく、それより何より、一緒に「活動」できることが楽しいです。本当にありがとうございます。

後半、スケジュールに合う会場確保が難しく WordPress Meetup 後楽園を継続できていないのが心残りですが、先日参加者の方からまた行きたいですと嬉しいメッセージをいただいたので、来年は続けられるペースにするのが目標です(定期的に貸りられる子供フレンドリーな会場ご存知の方がいたらお声がけください…!)。

家族・旅・健康など

こどもたちは2歳、5歳になりました。息子はしゃべるようになって主張するは歌うわで「人間感」が増し、娘とは一緒に街や旅に出かけたりするのが楽しくなってきた今年でした。男女かつ性格もそれぞれという2人ですが、大きな病気やケガもなく丈夫なところは共通なのが何よりです。それもこれも、保育園のおかげとしかいいようがありません。

今年行ったところは、越後湯沢(スキー旅行)、福岡・屋久島種子島(帰省を兼ねた GW 旅行)、ウィーン(会社のチーム合宿)、ベルリン(WordCamp Europe)、バンコク(WordCamp Asia 下見旅行)、フィリピンのイロイロ島(WordCamp Iloilo 登壇)、フロリダ(会社の全社合宿)、新潟(WordCamp Niigata)、大阪(WordCamp Osaka)、メイン州(年末の夫実家帰省)。TripIt の情報によると、70日ほど旅に出ていたようで、意外と多かった。振り返ると楽しい思い出がたくさんあって、仕事でもいろんなところへ行かせてもらえるのは会社にも家族のサポートにも本当に恵まれているなと思います。今年は家族全員で長期にそれぞれの実家へ滞在できたのも良かったし、これもフレキシブルに働ける環境のおかげです。

プライベートでやってみてよかったことは、家事アウトソーシング。出張やイベント前後で時間が取れない時にタスカジで食事作り置きをお願いしてみました。娘の場合はお客さんがいると上機嫌で、来るのを楽しみにしてくれているという嬉しい副作用もあり、忙しい時期の家事負担とストレスの軽減に効果的でした。まだそこまでガンガン活用しているわけでもないんですが、来年も積極的にお世話になろうと思います。

8月には Learn x Creation という教育イベントに、当日ボランティアの1チームをまとめるお手伝い役として参加しました。再来年から娘は小学生。イベントを通して知り合った方たちからの影響を受けながら、親としてどんな学びの環境を選択するのか、引き続き考えていきたいと思います。

健康面では、約4年間服薬を受けていたバセドウ病が休薬できるところまで血液検査の値が落ち着きました。再発の可能性もゼロではなく、通院は間隔を開けて続けていく必要がありますが、今のところ順調で元気に過ごしています。

ありがとうございました

とりとめもなく本当に近況報告的なまとめになりましたが。こうして振り返ると感謝することばかりで、本当にありがたい限りです。

来年もマイペースで、焦らずコツコツ進んでいこうと思います。まずは、開催までもう2ヶ月を切った WordCamp Asia 2020 の成功のために全力を尽くし、アジア地域の WordPress 発展に貢献できればと思っています。

2020年もよろしくお願いします!


写真クレジット
※1: Yuko Toriyama (@sysbird), ※2: Yasuhiro Obuchi (Creative Commons: by-sa 2.0), ※3: Fulvio Notarstefano (@unfulvio)

2019年の振り返り」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。