バンコク旅行記その3です(その1、その2もどうぞ)。

2日目はホテルのプールで泳いだり、WordCamp Asia のチームメンバーと会ってご飯を食べたり、のんびり過ごしました。

TRUEICON HALL 見学

3日目、今回の旅の大きな目的でもあるイベント会場の見学へ。会場は ICONSIAM 内の7階、TRUEICON HALL。昨年11月に一部オープンし、今年の11月に1周年記念として全体の公開を行うという新しいカンファレンス施設です。

朝はまた、Si Phraya Pier(N3)からボートに乗って反対側の岸に向かいます。また5分で着くかと思ったのですが、長く連なった動きが遅い貨物船が通っていたので、その待ち時間で意外とかかりました。ボート移動の場合は多少、時間的余裕を持ったほうが良さそう。

7階ではまず内装工事中の大ホールを見せてもらい、そこにつながるエリア(スポンサーエリアの予定)、バルコニーなどを見学しました。吹き抜けになっていて、6階にあるレストランや噴水が見渡せます。

下の階の施設

6階のレストラン街はタイ、インド、中華など。ココイチ、やよい軒、とんかつ和幸、辻利カフェなどもありました。ビル全体として、アジア料理&世界各国のデザートとカフェ、というのが多い感じです。たま〜にイタリアンとかがあったり(お店のディレクトリはこちら)。

5階にはすべり台などちょっとした遊具がおいてあるエリアがあって、トイザらスも。完全に一日中遊べるほどではないですが、子供たちは楽しめそうでした。

さらに、奥のエリアには英語・アート・サイエンス・音楽などの習い事がずらり。子供が英語やタイ語ができない場合、預かってもらうことは難しいかな?ちょっと後ほど問い合わせしてみようと思います。

さらにもうひとつ階を降りた4階には、高島屋が入っています。ここにきれいな授乳室とおむつ替えスペースがあり、近くでおしりふきやおむつも買えます。赤ちゃん用のおもちゃ、服、おやつ、いろいろと揃っていました。

アフターパーティ会場候補地へ

みんなでタイ風バーベキュー(ジンギスカン的な鍋で、下にスープを入れて蒸し焼きにする)のお昼ごはんを食べたあと、ボートに乗って Lhong 1919 というアフターパーティ会場候補地へ。

まだ決定ではないのですが、広いエリアを貸し切りにできる&屋台を出してもらえる、ということでいい感じでした。スコールに降られてしまいましたが、屋根があるエリアで話し合いしつつ過ごしました。

これで無事会場見学ツアーは終了!実際の場所を見ることができて、実感が湧いてきたし、ますます楽しみになってきました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。