10月2日金曜の夜、ラジオにゲスト出演しました。J-WAVE の「JAM THE WORLD」番組内 BREAKTHROUGH! というコーナーで、タイトルは「『リモートワーク』の可能性と課題」。ナビゲーターの春香クリスティーンさんに私がインタビューしていただく形式でした。

先日の紹介記事に加え、ライフハッカー日本語版さんでも Automattic での働き方を記事にしていただきましたが、リモートワーク(在宅勤務・テレワークという言葉もあります)は IT 系以外でも最近とても注目されている働き方なんだなーと感じています。ラジオでも取り上げられたことは、その注目度をますます実感する機会となりました。

Automattic は企業として誕生した時から全員が遠隔から協業をしているという環境なので、一般的な日本企業でリモートワークを推進する背景とはまた違っているとは思います。ただ、アメリカでの遠い話としてではなく、日本でもそこに参加して普通に働くことができるという例として身近に感じてもらえたのであればいいなと思います。

ところで、Twitter でこんな質問が出ていました。

情報保護のセキュリティについては年を追うごとに強化されていて、例えば各種アカウントを二段階認証にする、プロキシを使わないと社内ツールやデータなどにはアクセスできない、などの規定があり定期的なチェックも実施されています。特に画面を見られては困る作業が仕事に含まれるスタッフは、そういった作業は自宅オフィスでの勤務のみに限ったりしているようです。

カフェ長居の問題はまあ、リモートワークというよりはモラルの問題ですかね。お店に迷惑をかけるようなことがないよう、状況によって判断すべきというのは誰にでも言えることだと思います。個人的には、普通のカフェではあまり集中できないので自宅以外ならコワーキングスペースを使う事がほとんどです。


Automattic でのリモートワークについては、以下で紹介した書籍に詳しく書かれています。

Automattic について書かれた本「マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた」

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。