WordCamp Tokyo 2016の委員長をやろうと思ったわけ

先日、今年の WordCamp 東京運営スタッフ募集を開始しました!今年は私が実行委員長、高橋文樹さんが副委員長を務めることととなりました。文樹さんがいい感じのブログを書いていたので私もひとつ。

WordCamp Tokyo 2015

WordCamp Tokyo 2015: Photo by Noel Tock

過去の WordCamp との関わり

私がミシガン州に住みつつ、リモートで日本での WordCamp の運営への協力を始めたのは2008年でした。そこから2〜3年ほどの間、東京・京都・福岡での WordCamp 運営にけっこう深く関わっていたのですが、その頃はハッキリとした「委員長」というポジションや班分けはなく、ほとんどイベント経験がない運営チームが手探りをしつつ、みんなで作業を分担している感じだったと思います。

2010年の横浜を含め関東ではこれまで8年間毎年 WordCamp が行われてきました。その間「WordCamp って、やる意味あるのかな?」「知識の共有って、オンラインや地域の勉強会ではダメなの?」というような声もなかったわけではないですが、私はいつも「WordCamp として、やる意味があると思う」と答えてきました。なぜなら、WordCamp という場がなければきっと起こり得なかったコラボレーションや出会い、そして信頼関係に、私自身大きく恩恵を受けてきたからです。

今回立候補した理由(と、裏側の思惑的なもの)

とはいえ古株ばかりがのさばってコミュニティが停滞するのは良くないだろうと思い始めたのと、妊娠・出産という個人的な事情のタイミングが重なって、ここ数年は WordCamp の運営自体に直接はタッチしていない状況でした。

しかし去年の WordCamp US (WCUS) でフィラデルフィアに行って、初めて WordCamp San Francisco に参加した時のような、ものすごくワクワクした気持ちを思い出したのでした。オンラインでフォローしている人のセッションを直接聞いたり、普段なかなか会えない人たちと対面して話せること。サミットやコントリビューターデイで WordPress をさらに良くするための議論をし、一緒に作業ができること。広い地域やトピックをカバーすることで多くの人を集める WordCamp ならではの価値を改めて感じたし、そういう場を作ることにまた力を注いでみたいと思わせられました。

さらに、WCUS や WCEU をはじめとする他の WordCamp の運営者とも話し、WordCamp アジアもいつか開催できるといいな…という思いも高まりました (これが思惑というか、今回の WordCamp Tokyo を通して実現に近づきたいと思っている個人的なゴールです)。

2015 WordCamp US (photo by Casey Alexander)

この表情が、WCUS での感動を表しているかも。(photo by Casey Alexander)

今年のイベントでやりたいこと

「やりたいこと」一覧は告知ブログにも書きましたが、コンテンツの充実というイベントとしての必須項目に加えて今年特に力を入れたいのは「同時通訳の導入」と「各種自動化・省力化によるスタッフの負担の軽減」です。いずれも来年以降にノウハウを残して、長期的に多くのコミュニティが WordCamp を運営し、継続していけるためのリソースとしたいです。

あなたもやってみませんか

応募は1月30日まで受け付けています。WordCamp Tokyo 2016 運営スタッフ応募フォームからのご連絡お待ちしています!

そして、東京以外で今年 WordCamp をやってみたいかも、という方もぜひお話しましょう (ちなみに、WordCamp Kansai も開催に向け動き始めています)!

わぷー(グッズ)旅へ出るの巻

サーバーを移行したのでテスト的に記事を書きたいと思い、WordCamp Tokyo わぷーと、それ以外のわぷーグッズのお話でも。

WordCamp Tokyo 書道家わぷー、旅の始まり

WordCamp Tokyo の時、ステッカーやイベントのノベルティグッズを Instagram/Facebook にアップしたら、各地から「ステッカー欲しい!」という声がかかりました。せっかくなので少し余分にあった他のグッズやノーマルわぷーステッカーなどもまとめて送り、代わりに届いた写真を送ってほしい!と言うことにしたのでした。

各地から届いた、書道家わぷーの写真たち

ということで、WordCamp Tokyo 2015 のわぷー達が世界で愛されている写真が集まりました(ちなみに関係はないですが日本のお菓子も一緒に送っています)。私はただ手元のグッズをどこかへ送っているだけなのに、代理でえらく感謝されてしまいました?今回のわぷーをデザインした嵩本さん、そしてグッズ制作に関わった印刷版のみなさんに、彼らの喜ぶ様子を楽しんでいただければうれしいです。

スウェーデン(ストックホルム)

自分の英語ブログ上で知り合い、恐らく10年近く?ほどの間オンラインでのやりとりがある Niklas さん。スウェーデンから、一番目に到着のお知らせが届きました。グッズについて「美しい、すてき!」とのこと。

台湾

続いて最近 Automattic に新しく入社した James。入社直前に日本旅行をしていたことからたまたま一緒に東京でお汁粉を楽しむことができたのですが、その時にシールを共有。まっさらなラップトップに書道家わぷーを貼ってくれました!

ネパール

ネパール在住者ではないんですが、WordCamp ネパールに参加するために現地にいた WooCommerce チームの Bryce。WordCamp 関西で日本に来ていた後も世界を飛び回っているようです。彼は顔文字で喜びを表現!

ちなみにこの時は WordCamp のための他のグッズと共に大きな箱で送ったのですが、宅急便の集配の方が「ネパールに送るのは初めてで…」と、けっこうオタオタ(笑)。私も一緒になって調べながら手続きをしました。無事到着して本当によかったです!

オレゴン

アメリカはオレゴンから、Carolyn が並べて何枚も写真を撮って Instagram にあげてくれました。彼女もかなりのわぷー好きで、とても喜んでくれました。

ポルトガル(リスボン)

リスボンからは Filipe が、デザイナーらしい美しい写真を2枚送ってくれました。「ステッカーとグッズ、今はリスボンで幸せに過ごしてるよー」だそうです。

逆輸入わぷーと共にカネウチさんの元へ

書道家わぷーはさらに、わぷーの生みの親(原画イラストレーター)である福岡のカネウチカズコさんの元へも旅しました。今年誕生した多くのわぷーのうち、WordCamp フィラデルフィア、ロンドン、メイン、US 、ネパールからの「逆輸入」グッズも一緒です。

わぷーの人気が世界中でますます高まった2015年

先日書いたように、2015年はわぷーの繁殖性?のすごさがますます感じられた年でした。最近ではわぷーの誕生ストーリーも「わぷー非公式ファンクラブ」ブログで共有され、それをマットも自分のブログで紹介してくれたり。

色々なオリジナルわぷーを生み出し、楽しみながらコミュニティを盛り上げていっている WordPress ユーザーが日本中、世界中にたくさんいるというのはおもしろいものです。

そしてこういうオフラインのやりとりがあると、ますますワクワク感が増したりするものです(手紙とか郵便って、なんかうれしいですよね)。また機会があれば、わぷーを旅に送り出してあげたいと思います!

WordCamp Tokyo 2015 講演スライドと振り返り #wctokyo

10月31日・11月1日の WordCamp Tokyo が終わってもう1週間以上経ってしまいました。少し遅いですが、このブログでもスライドの共有と振り返りを。

講演とスライド

私は朝イチに「なんとなく」の壁を越えよう! 〜自信を持ってWordPressを選択するためのヒント〜

と題したセッションで話しました。

周りが使っているからという理由ではなく、WordPress というツールが個人やチームにもたらしてくれるパワーを理解してもっと使ってもらえるといいなという思いを込めてプレゼンを考えました。

逆に言うと、WordPress は手段を達成するためのツールでしかないわけです。でもこういったツールがあるからこそ発揮できる強みがきっとあるはず。
オープンソースのソフトウェアで、裾野の広いコミュニティが世界にあるおかげで、利用する人たちみんなで勉強し、知識と成果を共有し、次の時代に備えることができる。開発者からブロガーまで、多くのユーザーの間から新しいアイデアが生まれる。誰でもそこへ参加できる。

私は、WordPress に関わる人たちがオープンソースソフトウェアの持つ長所を活かし、良いウェブの未来の一部を創っていけると信じています。今回のプレゼンを通し、そんな思いが少しでも伝わったのならいいなと思います。

ちなみにスライドに使ったわぷーや背景などの画像は WordCamp サイトのパーツをお借りしました。イベントのビジュアル担当の印刷班・サイト制作班の皆さん、ありがとうございました!

スポンサーブース

今年は Automattic として2つのスポンサーブースを出しました。サウスダコタ州から来てくれた(「わぷー非公式ファンクラブ」Wapuu.jp の)ニック、そして現在日本在住の JavaScript エンジニア、ジョーダンという同僚の2人が Jetpack のブースで対応をしてくれました。さらに、WooCommerce プラグインの日本語翻訳を手がけておられる神戸の「職人工房」田中さんが WooCommerce ブースを担当してくださいました。

いつもはアメリカから送ってもらうノベルティグッズを置いて配布するだけだったのですが、バナーや配布物もすべて日本語に訳したり、ブースに人がいる時間も増やせたり、やっと手が少し回せるようになったかなという感じです。まだまだ完全にローカライズされた形でのスポンサーシップはできていない気もするので、今回の気付きを活かしてまた新しいことに挑戦してみたいと思います。

ブースに足を止めてくださった皆さん、タトゥーシールを張ってくださった皆さん、ありがとうございました!

スタッフ活動

今年のボランティアスタッフとしては会場探し・懇親会のお手伝い・コントリビューターデイのおやつとコーヒーの手配・前日準備をやりました。

メインの仕事となった飲食物担当のアフターパーティ班は祥子さんと二人っきりのチームではありましたが、ケータリング会社さんや色々な業者さんのおかげで2日とも滞り無く手配ができてよかったと思います。

二次会・三次会については、取りまとめてくださった小林さん夫妻に感謝!!!

全体を通して

2008年に始まった WordCamp Tokyo は今年でなんと9回目。横浜でやった年も1回あり、首都圏での開催は10回目です。今年は初めての会場や有料開催という新たな課題もありましたが、班長たちのチームワークの良さ、前年までのスタッフのサポートもあり、全般的に安定した運営ができていた気がします。

見えないところでたくさんの人が積み重ねた頑張りがあって、試行錯誤しながらひとつのものを作り上げていくプロセスは、WordPress コミュニティのつながりを深めるためになくてはならないものだと改めて実感できるイベントだったと思います。私はここのところ新しい中心スタッフ陣に運営主体はすっかりお任せで、いちスタッフとして参加したにすぎないのですが。参加者の方からツイッターブログなどで「仕事忙しいけど行ってよかった」「良い収穫があった」などという声をちらほら見聞きして、「(ちょっとだけど)スタッフやってよかった!」とまた改めて思いました。

関わった皆さん、本当にお疲れさまでした!
…と、一旦まとめてしまいましたが、2日目のコントリビューターデイについてはまた別途!