WordCamp Tokyo 2018 に参加します!

先日 Twitter にて WordCamp Tokyo 2018 についてこんなことを言ったので、直前ですがこの記事を書いています。

リンク先のブロガーさん、shino さんにリスペクトということでタイトル真似してみました。

まずはコントリビューターデイへ!

今回、国内 WordCamp 初の平日開催となるコントリビューターデイ。はじめての試みということで、スタッフの間では皆さん参加してくださるのかな?という不安もありましたが。しかし、極端に登録数が少なくなることもなく、「いつもは参加できなかったけど今回は!」という方もいらっしゃるようです。

私は翻訳チームをお手伝いしつつ、コアの国際化に詳しい Pascal や Dominik というコントリビューターも来ているということで、そのあたりの今後についてのディスカッションもできればいいなと思っています。

WordCamp Tokyo 2018 のセッション見どころ

WordCamp Tokyo 2018 登壇者

羽野さんが作ってくれた登壇者画像

今年の WordCamp Tokyo では、齋木さんと一緒にセッション班を担当しています。

ということで、おすすめセッションは?と聞かれたら「全部、自信を持っておすすめします!」と答えたいところですが、なにせ5部屋もあるのできっと皆さん迷われるかと思います。

彼と2人で計9本書いたすべてのセッションの記事をリンクしておきますので、気になるキーワードのタイトルをクリックして参考にしていただければと思います。

Automattic スポンサーブースにもどうぞ!

去年は会社の全社合宿と期間が重なり、たまたま育休中だったので日本にいた私一人でのブース担当だったのですが(コミュニティから、田中さんやカーロスさんにお手伝いいただきました!)、今年は私以外に9名もの Automattic メンバーが参加します。

首都圏在住の4名、北海道在住の1名、スピーカーでもある Tammie、Jetpack エンジニアリングチームやデザインチームのメンバーなどもいますので、プロダクトや求人について質問があればぜひ立ち寄ってみてください。

そして、イベントチームで新たにアジア担当となった Marly が、いつもとは少し違ったブースを企画しています。くじ引きや新グッズなど、お楽しみに!

2017年のブース。

今年の企画の一部。

WordCamp Tokyo 2014 キックオフミーティング

昨日、WordCamp Tokyo 2014 の第一回のスタッフミーティングとしてイベントのキックオフが行われました。平日の夜ということもあり、スタッフとしての参加表明をした方の半分程度となる41名の方が参加して、委員長トリオからの今年の WordCamp コンセプトの発表、各スタッフ班説明・班分けなどが進められました。

WordCamp Tokyo 2014 キックオフミーティング

約40人が集結したキックオフミーティングの様子

ここ数年、WordCamp Tokyo ではイベントの規模とともにボランティアスタッフの人数もかなり多くなってきているため、複数の専門チームを含む運営という形が取られています。サイト制作・会場・スポンサーなど約10個の担当エリアに分かれ、各チームのリーダーが委員長と連携を取るという体制で、毎年たくさんの方が積極的に参加してイベントが作られているのです。

昨日のキックオフでも各班への分担やリーダー決定などかなりスムーズに進んで、皆さんのやる気が伝わってきました。「去年やり残したこともあるから、今年はもっといいものにするためにがんばりたい!」「スタッフは初めてだけどイベントに参加して刺激を受けたのでやってみます!」などなど、いろんな声が聞けました。

WordCamp Tokyo 2014 班長

各担当グループの班長からの自己紹介

今年の新委員長トリオの決意表明的ブログ記事(まゆこさん清野くんまゆげさん)でもそれぞれ過去の WordPress コミュニティへの関わりについて書いていましたが、イベントなどで普段周りにいないような人たちに出会い、新しいことを感じるのは、次の目標を立てたりモチベーションを高めたりするのにとても良いきっかけになると思います。そういった場を WordBench や WordCamp といったオフラインイベントが少しずつ提供していくことで、また次の世代に同じような想いを伝えていくことができる。私自身もイベントに参加して毎回すごく大きなものを得ているし、少しずつ WordPress が広まっていっているのは、いろんな人のそんな「きっかけ」の積み重ねにもあるのではないかな〜と感じています。

WordCamp Tokyo 2014 委員長トリオ

委員長トリオ、がんばって!

10月11日のイベント開催に向けて、今年もできる限り協力していきたいと思います。

スタッフ参加は引き続き受付中で、当日のみのボランティアも可能です。事前準備から関わっていきたい方は、各班の動きにキャッチアップできるようぜひ早めにお申し込みを!委員長ブログのフォームからどうぞ。

WordCamp Tokyo 2013 のセッションってどんな感じ?【リレーブログ】

WordCamp Tokyo 2013 リレーブログの2番目ということで大串委員長からバトンをもらいました、高野直子です。今年はセッションコンテンツ班のメンバーとしてパネルセッションの調整などを担当しています。そこで、今年2つ用意されているセッションステージがどんなものになるのかをご紹介!

WordCamp Tokyo 2013 Wapuu

WordCamp / PHP カンファレンスセッションステージ

今年の WordCamp は昨年に引き続き、PHP カンファレンスとの共同開催です。中央ステージでは、WordCamp/PHP のセッションが両方行われます。

昨年来場された方には、イベント終盤のライトニングトークが行われたステージというと分かりやすいかと思います。

WordCamp Tokyo 2012

中央ステージの雰囲気。Photo by: makegoodtime

この中央ステージでの WordCamp + PHP カンファレンス共同ライトニングトークがなかなか好評だったため、今年はお互いのイベントの来場者にも興味を持ってもらえるような内容のセッションを午前・午後と分けて1つのステージで行うことになりました。

我々 WordCamp のセッションコンテンツ班は、午後のスケジュールを担当!3セッションの枠で、それぞれ「ここでしか聞けない!」という内容になる予定です。

WordPress セッションステージ

もう一つのステージでは、WordPress に深く関わる内容のセッションが「パネルディスカッション形式」で開かれます。

WordCamp Tokyo 2011

WordCamp 2011 のブロガー対談パネルの様子。Photo by: makegoodtime

過去にも WordCamp Tokyo では2011年に2つほどパネルセッションを行ったことがありますが、今回はこちらのステージ上のセッションはほとんど(6つ中5つ)がパネルディスカッション方式となるという初の試み。

新しいことに挑戦するため話し合いやリハーサルを重ねながら、現在スピーカーとコンテンツ班とでセッションを作り上げていっているところです。もちろん内容がしっかりしているということが大前提ですが、通常の講演方式よりもスピーカーをもっと身近に感じてもらったり、対話からいろいろな視点が学べるという利点が活かせたら良いなと思っています。

登壇者と話そう!

さらに、WordPress セッションステージでのトークが終了次第スピーカーは所定の会議室に移動します。セッション直後次の一コマ(45分)は、引き続き小規模のディスカッションをするための時間となります。気軽な雰囲気でセッションについての質問をしたり、共通の興味を持っている他の聴講者と交流することができます。

何百人もの人の前で手を挙げて質問するのちょっとハードルが高いですが、この試みは舞台から降りたスピーカーたちと同じ目線で話ができる WordCamp らしい場になるはず。話してみたい登壇者がいれば、気になることを尋ねてみるチャンスです。

WordCamp Tokyo 2012

WordCamp 2012 ハンズオンの教室。こういった会議室も利用します。

ちなみに、その他の会議室でも別途アンカンファレンス班が企画中の「アンカンファレンス~みんなで創ろう井戸端会議」が行われます。

もちろんライトニングトークも開催。現在公募中!

今年のイベントコンセプトは「舞台に立とう!」。ライトニングトークのリミットは3分間という短い時間ではありますが、知識を共有してステージに立つという経験を得ることができます。

締め切りは8月31日。まだまだ応募受付中です!

WordPress コア開発者、Automattic からのゲストも

現在セッションタイトルなどを最終調整中ということで公式サイトでの発表がまだなため名前は伏せておきます(笑)が、今回の WordCamp には WordPress デフォルトテーマの開発に関わっているK・O氏がアメリカ西海岸から、WordPress.com VIP グローバルサービスでエンタープライズ向けの業務をしているS・R氏がイタリアから参加予定。日本語の通訳付きでそれぞれ詳しい分野のセッションを行ってくれる予定です。


WordCamp 参加登録がまだの方は、こちらから登録いただけます(入場無料)。

2度目の大田区産業プラザ PiO での開催となる WordCamp ですが、昨年の反省を踏まえ、より充実したセッションをお届けできるよう当日まで準備を続けたいと思います。気になるスケジュールの詳細はまもなく発表されますので、お楽しみに!

それではリレーのバトンをあずまっくすさんへお渡しします!