WordBench 東京 × 地域ブロガーの会

WordBench 東京8月・地域ブロガーの会共催「勉強会の仕方」

土曜日に、WordBench 東京と地域ブロガーの会の初共催となるイベントを行いました

現在、東京では WordBench 羽田(大田区タイムズ)、三鷹(ミタカマグ)、北千住(北千住プレス)、二子玉川(futaloco)、といったように、WordPress を使っている地域ブログ・メディアの主催者の方が中心となってスタートしたグループが多数あります。

地域情報を発信している方など、地元で WordPress のことを学ぶ場を持ちたいという場合にどうすればよいのかを共有できると良いのでは、ということで、「勉強会の仕方」を取り上げる会となりました。

WordPress Meetup の参加方法などについてお話しました

今回、WordBench が9/23に終了するタイミングということで、私のセッションでは WordPress Meetup チャプタープログラムの参加方法、そして商標・ライセンス・ロゴの正しい使い方をご紹介しました。

WordPress Meetup
 チャプタープログラム参加ガイド from Naoko Takano

その他、清野くんから勉強会を通じた WordPress へのコントリビュートについてのセッション、LTでは九十九里浜・二子玉川の勉強会についての話と、地域情報 API のアイディアや、スポット情報紹介の Lockets(と、その WordPress プラグイン)の紹介などがありました。

今後が非常な楽しみな展開も…!

みんな共通の話題は、やっぱり Gutenberg!

質疑応答の時間には、少しオフトピックながら今皆さんが一番動向を注目しているとも言える Gutenberg についての質問も次々と。これは今、かなり盛り上がる勉強会のトピックだなというのを実感しました。「みんなで Gutenberg を使ってみる会」として、疑問や使い方のコツを共有するイベント、おもしろいと思いますよ。

(WordCamp Tokyo の Gutenberg 関連セッションもお楽しみに!)

セッション情報第三弾:Gutenberg 開発チームのあの人も!新エディターについて学べるセッション

動画アーカイブ

動画アーカイブはこちらでご覧いただけます(開始は17分マークのあたりから。 私のセッションは1時間のマークのちょっと前あたりです)。

補足情報

ブロガーズフェスティバル2016オープニングセッション

ブロガーズフェスティバル2016に参加してきました

昨日、ブロガーズフェスティバル2016に参加してきました。ブロフェス初参加です。

残念ながら最後まで居ることはできなかったのですが、どのセッションも得るものがありました。効果的なコンテンツの見せ方を考え抜いてメッセージを伝えることのプロであるブロガーの皆さんならではというか、あっという間に時間が過ぎた感がありました。

ざっくりとですが、良いブログにするためのコツなど。

  • 一次情報を提供する
  • 工夫、実験して自分なりの成功に行き着くことの繰り返しが大事
  • 伝えたい気持ちが強いからこそ、そういった工夫を徹底的にやれる

皆さんいい意味でマニアックというか、「積み重ね」と「徹底」をしているからこそ他の人とは差が付いて今がある。聞いている方としては、ブログだけではなくて自分ってまだまだやりきれてないよなぁと奮起させられて良い刺激になりました。

各セッションを1ツイートでご紹介。これだけでは意味不明かもしれませんが、気になると思った方は各スピーカーさんのブログなどでスライドなど探してみてください。スピーカーさんのリストとブログへのリンクはこちらにあります。

ブロガーな方もそうでない方も、コンテンツ作りに関わる立場にある人にはとても有益なイベントだと思いました。また来年も都合がつけば参加したいです!

子テーマでブログのデザインをリニューアルしました

先日土曜日の Co-Edo WordPress Meetup Tokyo子テーマのハンズオンに参加したのですが、それを機にこのブログも子テーマを使ってリニューアルしてみました。

これまでは(確か去年の春くらいから?)Circa というテーマを独自にカスタマイズした下のようなデザインを使っていました。

以前のデザイン。Circa テーマをベースにしたもの。

以前のデザイン。Circa テーマをベースにしたもの。

今回のデザインは、Fictive というテーマを親テーマにしました。このブログを始めて以来ずっと使っているピンクとベージュ系の色調は保ちつつ、ガーベラの花のモチーフではなくて別の画像を使ってみました。

Fictive テーマをベースにした新しいデザイン。

Fictive テーマをベースにした新しいデザイン。

今回デザインを変えるにあたって、最初は Twenty Fifteen テーマをベースにしようかと思っていたのですが、実際やってみると色のアクセントの使い方がなかなか難しく他のテーマを探すことにしました。個人的な制約として WordPress.com に持っている英語サイトのテーマとデザインを揃えたいという点があったので、WordPress.com の無料テーマの中から Fictive を選んでみました。

子テーマリニューアルおすすめです

フルスクラッチからテーマを作ることは最近もうなくなってしまったのですが、子テーマ方式ならそんな私でも気軽にデザインを変えることができます。このサイトの場合、カラースキームはほぼいつも変わらないので CSS のカスタマイズ自体は1時間足らずで終わりました(ほぼ、色コード置換とフォントサイズの微調整のみ)。オリジナリティは出したいけどメンテナンスも含め手間はなるべく掛けたくない、という私のような人にはおすすめの方法です。

Fictive テーマの元の色合いなどは以下の画像のような感じ。アクセントカラーとヘッダー画像を変えただけでだいぶ雰囲気が変わりますよね。

カスタマイズ前の Fictive テーマ。

カスタマイズ前の Fictive テーマ。

リニューアルの際に活用したサイトなど

  • Hextractor: CSS をペーストまたは URL で指定すると含まれる色を抽出してくれるサイト。
  • Creative Market: サイドバーのヘッダーに使った花柄のベクター画像をこちらで購入しました。
  • WordPress.com Themes: ログインすると無料テーマをダウンロードできるようになっています(Fictive は WordPress.org のテーマディレクトリにもあります)。