先日も少し触れた、WordCampで毎年恒例の「WordPressの現況(State of the Word)」。今年は最も使われている(有効化されている)プラグインの発表があったようです。バージョン2.3からインストールされているプラグインの種類やバージョンをチェックする機能が加わったことで、こういった統計情報も集められるようになったのはおもしろいですね。

それでは世界で人気のWordPressプラグイン、1位から10位まで。

  1. Akismet
  2. All-in-One SEO Pack
  3. Google XML Sitemaps
  4. NextGEN Gallery
  5. WP-Stats
  6. WP-DB-Backup
  7. WP-Cache
  8. WordPress Automatic upgrade
  9. WP-Polls
  10. cformsII – contact form

番外編として12位に入っているのがHallo Dolly。有効化している人、多いんですね〜!

さらに、利用プラグイン数の平均は4.96個。ひとつのブログへのインストール最大数は1290個、有効化しているプラグインが一番多いブログでは526個(!!!)が使われているとか。

ランキングを見てみると、1〜3位までは私もよく使っているプラグインが揃ってます。WP-DB-Backupは、ブログによっては一時的にオフにしたりもしていますが愛用しているもののひとつ。WP-Cacheも良いですが、ログインしているユーザーにはキャッシュしたページを表示しないWP Super Cacheが最近はいい感じです。

まさやんさんの「WP2.5に入れるプラグイン10選」トラックバック企画の集計結果と比べてみるのもおもしろいかもしれません。日本のユーザーには人気のSimple Tagsが10位以内に入っていないのはちょっと意外でした。

参考にした記事:

世界で最も使われているWordPressプラグイントップ10+1」への3件のフィードバック

  1. 大変参考になりました。
    有難うございます。

    平均4から5個のプラグインを使われているんですね。
    私は8つくらい有効化しています。

    まだまだWordPress、使いこなしていないですね。

    また、遊びに来ます♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。