Jetpack で安全にサイトを運営しよう (WordBench Users 第1回)

WordBench 東京の新バリエーション、開発者寄りではなくいわゆる「一般ユーザー」向けのイベントが今月から始まりました。この WordBench Users 第1回で、「Jetpack で安全にサイトを運営しよう」というセッションを担当しました。

Jetpack で安全にサイトを運営しよう from Naoko Takano

Jetpack は2011年の公開以来、機能(モジュール)の数が増えたりインターフェースがリデザインされたりと絶え間なく変化しています。

最近では、バージョン 4.4 のリリースにともなって有料アップグレードの「パーソナルプラン」も新しく追加され、オフサイトバックアップのオプションがさらに手軽に利用できるようになりました(月額400円〜)。

今回のセッションでは、Jetpack でできる WordPress のセキュリティ強化方法に少し触れました。無料機能としてはこういったものが含まれます。

  • 総当たり攻撃対策(IP ベースの攻撃ブロック)
  • モニタリング(サイト死活監視)
  • シングルサインオン(二段階認証オプションあり)
  • サイト一括管理(要更新項目の確認、ログインパスワードの一元化)

また有料プランに含まれる機能では、

  • セキュリティスキャン
  • バックアップ

などを使えばさらに高度な対策も可能です。

またそもそも、活発に開発されている Jetpack の機能なら「プラグインが最新版の WordPress に対応して更新されているかわからないのでアップグレードできない」といった問題も減る、という考え方もできます。

このブログもかなり整理して、現在は9個のプラグインのみでやっていて、プラグイン自動更新で問題が起きたことは今のところありません。楽に、かつ安全に運用するというのはブログ維持に不可欠だと思いますので、Jetpack プラグインの機能を試してみていただけると嬉しいです。

他セッション

メガネさんのアップデートとバックアップについての発表資料はこちら。その他、清野くん・斎木さん・わだみのるさんのセッションがありました。

会場について

会場は新宿のハートビーツさん。とてもいい雰囲気のイベント会場でした。三浦さん、藤崎さん、ありがとうございました!

WordBench の告知など

WordBench Users、次回の開催についてはまた Doorkeeper の WordBench Tokyo コミュニティで更新される予定です。WordPress イベントカレンダーと合わせて今後もチェックしてみてください。

また、WordBench Tokyo の年末 LT 大会の方でも参加者、スピーカーを募集しています。12月18日、ピザとケーキとライトニングトークでぜひ盛り上がりましょう!

コメントを残す