ビールの話。

昨日はダウンタウンにあるDetroit Beer Co. に行ってきました。いやぁ、金曜の夜なのに閑散としています、デトロイト…。いちおう、タイガースの試合があったようで(8-7でテキサス・レンジャーズに勝利!)、球場方面には人がいて、それからグリークタウンカジノも混んでいたようですが、どこのレストランを外から覗いてもほとんどガラガラ。まあ、あまり遅い時間じゃなかったというのもあると思いますが、それにしてももうちょっとにぎわって欲しいものです。

Detroit Beer Companyは2003年9月にオープンしたということで、まだ1年もたっていない新しいレストランバー。デトロイト・オペラハウスの向かいにあります。今回は2階の席に座ったんですが、窓からはMadison Lennox Hotel(今は廃墟になっている)とPeople Mover(モノレール)が見えました。People Moverは中に乗っている人の顔が見えるくらい近くて、15分おきくらいに走ってくるのが見えるのですが、2車両あるのに合わせていつも5人くらいしか乗っていない(笑)。うーん。なんともこの町を象徴したような景色でした。

最初に飲んだのはSchizoweizenというドイツ風のビール。味は軽い感じで、レモネード?と思うような鮮やかな黄色をしていました。一緒についてきたレモンを絞ってごくごく。えー、詳しいことは分からないのですが、おいしかったです。で、次にDetroit Redを。レンガ色の、まろやかなビールでした。甘いといえば甘い、かな。頼んだベジタリアン・ピザの生地にもビールが使われていたとか。手作り風というか、アメリカのピザらしくなくあっさりしていて、おいしかった。

という、オチのないただの日記なのですが。
さっきのLennox Hotelの写真の載っているDetroitYESというサイト、すごいです。前にもデトロイトの廃墟のサイトを紹介したんですが、DetroitYESにはもっと最近に撮った写真がたくさんあって、ほんの少し前、2004年3月に閉鎖したショッピングモールの写真などを見ていると圧倒されます(今あるトップページの写真をクリックしていくと、「When Malls Die」と題した一連の写真が見られます)。

いかにデトロイトが廃れた町か、と宣伝したいわけではないんですが。まあ、それも現実。もちろん10年前、15年前に比べたらずいぶん良くなってきてるんだと思います。2006年のSuperbowl後の成長に期待したいです。

以下とても個人的なメモ。この夏ミシガンに来られる方(誰)には役に立つかもしれません 😛

ミシガンのBreweryディレクトリー:

Michigan Brewer’s Guide

今夏のBeer Festivals:

World Expo of Beer in Frankenmuth (May 22 & 23)
Seventh Annual Summer Beer Festival in Ypsilanti (July 24)
Festival of Sun in Lansing (June 19)

周辺のBreweries:

Dragonmead Microbrewery in Warren
Celis Beer in Webberville
Arbor Brewing Company in Ann Arbor
Copper Canyon Brewery Restaurant in Southfield
Michigan Brewing Company in Webberville
Kalamazoo Brewing Company in Galesburg

作成者: 高野直子

東京在住の Automattic 社 Globalizer、高野直子の個人ブログです。WordPress、リモートワーク、イベント参加レポート、子育てのことなど不定期に書いています。