Automattic が(本当に)オフィスを廃止した理由

先日、ビジネスニュースメディア Quartz で Automattic が SF にあるオフィス(社員向けコワーキングスペース/ラウンジ)を手放すことにした件が取り上げられていました。

The company behind WordPress is closing its gorgeous San Francisco office because its employees never show up

Automattic はリモートワークの社員ばかりで「思ったより活用されないので」というのが簡潔な理由なのですが、「じゃあなんでそもそも420坪もあるスペースを作ったの?」という疑問もあるかと思います。詳しい理由について、新プロダクト開発チームリードのトニー・シュナイダーがブログを書いているので抜き出して訳してみます。

When a company grows, but the office shrinks

  1. そもそも、借りていたもっと小さいスペースを立退きする必要があったので引っ越した。その頃は100人中15人の社員がサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいたので、社員が5倍くらいになる頃には広いスペースが必要になると考えていた
  2. 実際5倍にはなったものの SF エリア外で雇われる人の割合がかなり増え、エリア内の人も雇われてから遠くに引っ越したりするケースが多かった。現在32人いるエリア内の社員のうち、多くても半分以下くらいしか一度に集合することはない。
  3. チーム合宿にも使う目的を想定していたが、SF に宿泊するコストが当初よりかなり上昇し、使えるオフィススペースを勘案しても他で合宿するほうが安くなった。

5年前には「アメリカ:それ以外在住の社員」の比率は65:35だったのですが、現在は半々になっていることも書かれています。

まあ言ってみれば色々と予想が外れた、ということですね。「分散型企業は、本人たちが思ったよりも分散して成長した」とも言えます。

オフィスの写真・動画

私が最後に訪問したのは2013年の秋だった模様。その頃社員が200数十人?だったと思うのですが、最初で最後となったこのオフィスでの全社合宿の時でした(日程の半分は、サンタ・クルーズに移動して行われました)。

↑ 動画が再生されない場合はこちらで。

もうあのスペースを訪れることはないですが、オフィスがなくなっても日々は変わらず、私たちは WordPress.com と Slack、その他オンラインにある仕事場でこれからも分散しつつ仕事をしていくことでしょう。次に同僚と顔を合わせるのは来週末の WordCamp Kyoto!楽しみです。

子連れコワーキングスペース、Ryozan Park 大塚の「こそだてビレッジ」

豊島区・大塚にできた子供を連れて行けるコワーキングスペース、Ryozan Park 大塚の「こそだてビレッジ」に昨日行ってきました。オープン前の12月に少しだけ見学しに足を運んだことはあったんですが、実際に利用するのは初。体験利用で、5ヶ月になる娘を連れて10時から16時まで過ごしてみました。

南大塚T&Tビルのインフォメーションボード。

Ryozan Park 大塚コワーキングスペースはこそだてビレッジも含め3フロア。

到着後、利用規約などを簡単に説明してもらった後にお試し訪問の料金(税込2,160円)を支払って早速仕事スタート。娘はベビービョルンのバウンサーで自分の席のすぐ横に座っていました。他にも可動式ベッド、ハイローチェアも1つずつあって空いていれば自由に使えるようです。オフィススペースの真ん中あたりのカウチとテーブルを使ったのですが、奥行きのあるカウチで一時的に子どもを横に寝かせる事もできてとても良かったです。

カウチ+テーブル席

オフィススペース中央のカウチ+テーブル席。

オフィススペースを仕切るガラスの向こうに子どもが遊べるキッズスペースがあります。カーテンがかかっているところは授乳室とお昼寝用ルーム。

お昼寝スペースと授乳室

左から、お昼寝ルームと授乳室2つ。

朝イチは私以外には一組の親子だけだったのですが、その後スペイン人の学生さん(子どもが好きで週1くらい顔を出すようです)や数組の親子も来店。

12時には「お昼ごはんの時間だから片付けようねー」と、スタッフさんが2〜3歳児の子たちに声掛け。キッチン付きの和室で、他の親子たちも一緒にそれぞれ持ってきたお弁当などをテーブルを囲んで食べました。10ヶ月の赤ちゃんがもぐもぐ離乳食を食べているのを見て、他のお母さんと「もう少しであんな風になるんですねぇ」と話したり。

合間におむつ替えや授乳もしつつ、午後も引き続き仕事。しばらくスタッフの方がキッズスペースの方で娘を抱っこしてくれたりもしましたが、そういう時もオフィススペースにある窓の仕切りから子どもの様子がすぐに見られるので安心です。こそだてビレッジのキッズスペースは託児所という形式ではないので始終誰かが子どもを見てくれるわけではないそうですが、それぞれの親子が自分のペースで仕事と子育てをしているというスタイルは面白いと思いました。

Ryozan Park 大塚こそだてビレッジ

窓からは都電の線路がすぐ近くに見えて、男の子が眺めを楽しんでいました。

キッズスペース

たくさん木が使われているキッズスペース。

こそだてビレッジのコンセプトはこのように説明されています。

私たちは、「1人のこどもを育てるのには、村全体の協力が必要であり、こどもたちはその環境によって育てられる」と考えています。更には皆が子育ての苦労と喜びを共有することで、こどもだけでなく親、社会にも利益をもたらすことができると信じています。

「こそだてビレッジ」が目指すものは、それぞれが必要とするやり方で、こども・大人が育ちあうコミュニティー、すなわち「大家族」をつくる事です。 まったく新しいコンセプトに基づいていて運営していくため、メンバーになって頂く皆様と共に発展していくという楽しみもあります。

この考え方に共感するところもあり、継続して通ってみようかと考えているところです。

関連情報

沖縄レキサスアカデミーでの講演に行ってきました& WordPress 勉強会

先週末にかけて、初めて沖縄に行ってきました。

今回は縁あって、沖縄で学生向け IT プログラムを行なっているレキサスアカデミーさんの講座での講演機会をいただきました。「自分のワーキングスタイルをさがす」という題材で職歴や現在の分散型企業での働き方などを紹介しつつ、主にこれから就職活動をはじめる学生さんなどに対してお話をしました。

レキサスアカデミー講演

レキサスアカデミーでの講演。Photo by レキサス山崎さん

レキサスアカデミーは、現役学生さんが学校の外でモバイルアプリや Web サービスの開発、マーケティング、英語などを実践できる研修プログラム。株式会社レキサスさんが沖縄県の若者向け人材育成事業の支援を受けて行なっており、現在第二期目が進行中です。このプログラムのことや、シリコンバレーに少数の学生グループを短期研修で送っている非営利団体「ITfrogs」のことなど、今回のきっかけをいただいた @yasulab さんから耳にしてはいましたが、今回実際の活動をさらに詳しく知ることができて良かったです。 続きを読む