WordCamp Kyoto 2017 に参加しました

6月24日、25日と京都大学で開催された WordCamp Kyoto 2017 に参加してきました。

今年は土曜日がセッションデイ、日曜日がコントリビューターデイ。その前後も、関西はもちろん各地の WordPress コミュニティから集まった多くの人と会ってたくさん話をすることができ、収穫の多い数日間を過ごすことができました。スタッフの皆さん、このような機会を作っていただき本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした!

今回のイベントではスピーカーとスポンサー、そして少しだけですがコントリビューターデイの世話役という役割でした。セッションについては別途書いたので、別の面から。

WordCamp Kyoto 2017 の和傘

WordCamp Kyoto 2017 の和傘。特製グッズがとてもセンス良かったです。

スポンサーブース

去年の WordCamp Kansai にも手伝いに来てくれた東京在住の Klymentiy(クリム)、そしてペンシルバニア州在住で日本の WordCamp は初参加となる Geroge Stephanis と3人で Jetpack/WooCommerce ブースを担当しました。

スポンサーエリアは一番大きなセッション会場である講堂の出入り口にも近く、適度な人の流れでよかったです。最近恒例となりつつあるブースツアーも盛況でした。

Android アプリ開発者である Klymentiy へアプリのフィードバックをしてくださる方や、George や私のセッションの後に内容について質問をしに来てくれる方もいて、ブースでお話できてよかったです。

他のスポンサーブースにも立ち寄ったのですが、知っていると思っているサービスでも新しい機能が追加されていたり、状況が変わっていたりと情報収集にとても良い場でした。ちょっとご挨拶をして眺めるだけのつもりでしたが、本気で勉強になりました!自分たちもスポンサーをしているからというわけじゃないのですが、セッションの合間に暇があれば(それがなかなか難しいこともあるとは思いますが…)ブースを巡って気になっていることをひとつふたつ質問をしてみるのもおすすめです。

セッション

見たいセッションはたくさんあったのですが、基本的にブース担当だったのでひとつだけ選んで見に行きました。現在の自分の業務に一番関係のある内容である、エラリー・ジャン・クリストフさんの「PO 形式の翻訳プロセス」というものです。

オープンソース翻訳メモリツールである OmegaT についての解説だったのですが、整合性チェックもできるし使いこなせれば便利そう…と思いつつ、イベント後、またこのソフトを一度開いてみたもののまだ慣れられず。引き続きトライしてみたいと思います。

コントリビューターデイ

国内では WordCamp Kansai 2014 から始まったコントリビューターデイ。今回はその時の WordCamp 実行委員長であった額賀さんが指揮をとった2日目のイベントとなりました。

事前にオンラインで議題として上がっていた翻訳者向けドキュメントの整備を話し合いながら進めていったり、ドキュメンテーション・翻訳ボランティアのテーブルに参加した方のヘルプなどをしたり。

私自身としては、日本語スタイルガイドページの刷新、WordPress コア・プラグイン・テーマの翻訳手順ページの作成などがこの日のうちにできてよかったです。そして立花さんが「WordPress の翻訳」ページを書き換えてくださって、翻訳に協力してくださる方向けの情報整理がだいぶ形になってきた感じです。

第1回 WordCamp Kyoto のこととか

ちなみに、8年前に行われた WordCamp Kyoto 2009 のイベントについてはこういう感想ブログを書いていました(なんと、写真を一枚も含んでいないですが!)。

WordCamp Kyoto 2009、終了しました!

WordPress と WordCamp って共通する事がたくさんあります。貢献を強制する事なく、本人たちも楽しんでくれる形でいろんな人からの協力を得られる仕組みにしていくことで好循環が生まれてくるのであって、関わってくれている人にストレスがたまる形で開発や運営をしていては、どんなにすばらしい人材やたくさんの資金があってもいつかはそれが枯れてしまうと思うのです。

短期的なゴールをとにかく達成すればいいというならそれでもかまいませんが、私は WordPress がゆっくりでも順調にずっと育っていってほしいと思っています。

だいぶ時間が経ちましたが、振り返ってみると今ではあの頃では考えられなかったくらいのたくさんの人たちが「WordPress というプロジェクトやコミュニティを大事に育てていく」という思いを共有し、そのために行動を起こしています。それによる WordPress の成長はもちろん驚くべきものになっていますし、今回のコントリビューターデイのようなことが定期的に実現されるようになるとは、8年前には想像もしていませんでした。

今後も、ひとつのイベント、ひとつのリリース、そして日々携わっているちょっとした貢献のそれぞれを大事にしながら、WordPress を応援していくことがまた将来につながっていくはずです。「スプリントではなく、マラソン」ということをマットは Automattic のモットーのひとつとしてよく口にしていますが、本当にそうだなあと実感できた久々の京都での WordCamp でした。

以下の記事も合わせてどうぞ。文章は英語ですが、写真メインです。

WordCamp Kyoto 2017 Photos

セッション動画は、さっそく WordPress.tv で見られるようになっています(仕事早い!)。

WordBench 東京2月「みんなのテーマ開発」で Underscores の話をしました

昨日は WordBench 東京の2月勉強会「みんなのテーマ開発」〜自分の好きな作り方を話そう〜の回で、約100名の参加者が来場しました。9名のスピーカーがそれぞれテーマ作りについて語るという内容で、初心者から上級者の方まで何かしら新しい発見があったのでは…!

私は Automattic テーマチームが公開している Underscores (_s、アンダースコアーエス) という「スターター・テーマ」について話をしました。

この度 Underscores をトピックとして選んだ理由としては、「WordPress テーマの作り方を学びたいんだけど、どこから始めればいいの?」という質問を受けた時、答えとして「_s を触ってみては?」と話すことが多いからです。

私自身はまだ WordPress のデフォルトテーマがごくシンプルだった頃にデフォルトテーマをカスタマイズすることでテーマ開発を学んだのですが、現在は Twenty XX 系のデフォルトテーマよりも _s のほうが学習用としてはわかりやすいと思います(セッションでも話した通り、共通点も多いですが)。こうやって WordBench でも _s を取り上げることで、ますます_s 学習向けの日本語リソースが増えていけばいいなという気持ちもあります。

もちろんもっとシンプルな構造のテーマも世の中にはたくさんあるわけですが。仕事として Web 制作をするために WordPress のテーマ作りを深く知りたいという場合は、必要なお作法や複数のプロが議論をして到達したテクニックを学べるという意味で一度 _s (またはその他の人気スターター・テーマ、テーマ・フレームワーク) に触れてみるのをおすすめしたいと思います。

わぷーバッジ2種

わぷーの誕生5周年記念ということで、特別グッズ (バッジ) の販売も行いました。

関連リンクはスライド内でも紹介していますが、フォントをきちんと表示させる関係でクリッカブルにできなかったためこちらに貼っておきます。

当日の Twitter まとめはこちらです。

Understanding Underscores 〜「_s」テーマってなんだろう〜


(ちなみにこのブログは _s をスターターテーマとしてフォークしたテーマではなく、_s ベースの Automattic 製テーマを親テーマとした子テーマを使っています。こういう使い方としての子テーマを作るのは _s に関してもOKです)

わぷー(グッズ)旅へ出るの巻

サーバーを移行したのでテスト的に記事を書きたいと思い、WordCamp Tokyo わぷーと、それ以外のわぷーグッズのお話でも。

WordCamp Tokyo 書道家わぷー、旅の始まり

WordCamp Tokyo の時、ステッカーやイベントのノベルティグッズを Instagram/Facebook にアップしたら、各地から「ステッカー欲しい!」という声がかかりました。せっかくなので少し余分にあった他のグッズやノーマルわぷーステッカーなどもまとめて送り、代わりに届いた写真を送ってほしい!と言うことにしたのでした。

各地から届いた、書道家わぷーの写真たち

ということで、WordCamp Tokyo 2015 のわぷー達が世界で愛されている写真が集まりました(ちなみに関係はないですが日本のお菓子も一緒に送っています)。私はただ手元のグッズをどこかへ送っているだけなのに、代理でえらく感謝されてしまいました?今回のわぷーをデザインした嵩本さん、そしてグッズ制作に関わった印刷版のみなさんに、彼らの喜ぶ様子を楽しんでいただければうれしいです。

スウェーデン(ストックホルム)

自分の英語ブログ上で知り合い、恐らく10年近く?ほどの間オンラインでのやりとりがある Niklas さん。スウェーデンから、一番目に到着のお知らせが届きました。グッズについて「美しい、すてき!」とのこと。

台湾

続いて最近 Automattic に新しく入社した James。入社直前に日本旅行をしていたことからたまたま一緒に東京でお汁粉を楽しむことができたのですが、その時にシールを共有。まっさらなラップトップに書道家わぷーを貼ってくれました!

ネパール

ネパール在住者ではないんですが、WordCamp ネパールに参加するために現地にいた WooCommerce チームの Bryce。WordCamp 関西で日本に来ていた後も世界を飛び回っているようです。彼は顔文字で喜びを表現!

ちなみにこの時は WordCamp のための他のグッズと共に大きな箱で送ったのですが、宅急便の集配の方が「ネパールに送るのは初めてで…」と、けっこうオタオタ(笑)。私も一緒になって調べながら手続きをしました。無事到着して本当によかったです!

オレゴン

アメリカはオレゴンから、Carolyn が並べて何枚も写真を撮って Instagram にあげてくれました。彼女もかなりのわぷー好きで、とても喜んでくれました。

ポルトガル(リスボン)

リスボンからは Filipe が、デザイナーらしい美しい写真を2枚送ってくれました。「ステッカーとグッズ、今はリスボンで幸せに過ごしてるよー」だそうです。

逆輸入わぷーと共にカネウチさんの元へ

書道家わぷーはさらに、わぷーの生みの親(原画イラストレーター)である福岡のカネウチカズコさんの元へも旅しました。今年誕生した多くのわぷーのうち、WordCamp フィラデルフィア、ロンドン、メイン、US 、ネパールからの「逆輸入」グッズも一緒です。

わぷーの人気が世界中でますます高まった2015年

先日書いたように、2015年はわぷーの繁殖性?のすごさがますます感じられた年でした。最近ではわぷーの誕生ストーリーも「わぷー非公式ファンクラブ」ブログで共有され、それをマットも自分のブログで紹介してくれたり。

色々なオリジナルわぷーを生み出し、楽しみながらコミュニティを盛り上げていっている WordPress ユーザーが日本中、世界中にたくさんいるというのはおもしろいものです。

そしてこういうオフラインのやりとりがあると、ますますワクワク感が増したりするものです(手紙とか郵便って、なんかうれしいですよね)。また機会があれば、わぷーを旅に送り出してあげたいと思います!