WordCamp Osaka 2018 に参加してきました #wcosaka

6月2日、WordCamp Osaka 2018にて Automattic としてのスポンサーブースの担当と、臨時の交代要員としてパネルディスカッションへの登壇をしてきました。

(ずいぶん昔の話になってしまいますが、WordCamp 男木島のレポート前にこちらをやっと公開です)

スポンサーブース

ブーススタッフは WordCamp Kansai 2016でも来日してくれた、台湾在住のエンジニア James Tien と再度一緒に。彼はその時ちょうど Automattic で働き始めたばかりだったのですが、今回は、春に私のいる Team Global に移籍したというタイミングでした。

WooCommerce の情報キャッチアップなど

SkyVerge の Fluvio や、職人工房の田中さんも WooCommerce ブースの応援に来てくれました。彼らが前日に開催した Kansai WooCommerce Meetup のイベントも含め、関西での WooCommerce への関心についても肌で感じることができました。国外でもすでにそうですが、定期購入メンバーシッププレオーダー機能エクステンションなどはこれから徐々に人気が出てきそうな気がしています。

Jetpack 日本語サイトの公開

このイベントに合わせて Jetpack サイト日本語版も公開し、現在もページ数を増やしたり、さらに他の対応言語を加えたりとローカリゼーションを進めています。

各地のお菓子が集結した「わぷーカフェ」

スポンサーブースのフロアには各地 WordBench がグッズやご当地お菓子を持ち寄った「わぷーカフェ」も。私も東京から、お土産を置いてきました。イベントに行く時、ふと誰かにおみやげを買いたくなるけど、持ち帰るのに邪魔になってしまうかな…?お菓子をたくさんもらっても困るかな…?と思ったりもします。でもこういう場で分け合えるのも楽しいし良いですね。

各地のお菓子を眺めながら、ここにも勉強会があるのか〜、など、知ってもらえるきっかけにもなるし、面白い企画だと思いました。

会って話すことの大事さ、危うさ。でもやっぱりコミュニケーションは大事。

この直後に出張が控えていたので2日目のコントリビューターデイは欠席となってしまったのが残念。セッションデイの夜にも色んな方とコミュニティについての話をしたり、なかなか白熱した議論ではあったのですが、普段オンラインでやり取りをするのに慣れている人間として、会って話すことの大事さも危うさもいろいろ感じるものがありました。

だけどそういうものも経て、コミュニケーションをしないことには分かり合えないし、たとえうまく言えなかったとしても、ぶつかりながら、失敗しながら理解をしていかないと前には進めない、ということを実感した次第です。

だからといって WordCamp だけをそういう場にするのではなくて、もっとブログも書かないと、伝えていかないと。と思ったりもしました(なのに、今頃レポートを書いているわけですが。やらないよりはまし…ということで!)。

Community Drive ポッドキャストにゲスト出演しました #cmntdrv

IT コミュニティにフォーカスしたポッドキャスト番組、「Community Drive」にゲストとして出演した回の録音が公開されました

[第5回] 高野直子さん(WordPress 日本語コミュニティ)

日本でもたくさんの人が関わり、それを形作っている多様な WordPress コミュニティについて、より多くの人に知ってもらえるように私なりの視点でお話ししたつもりではありますが、感想などぜひ聞かせてもらえるとうれしいです。

法林さん鹿野さんとは収録後も話は尽きず、とても楽しかったです(ありがとうございました!)。

前回の記事の件も含め、現在進行形で「過渡期」を経験している日本の WordPress コミュニティですが、その粘り強さの理由はやっぱり多様性と、参加している人たちが「WordPress が体現しているもの」を信じられる、という点にあるのだと思います。人によってその解釈は様々になるかもしれませんが。

今回この時期にインタビューしてもらったことで、make.wordpress.org を含めたグローバルコミュニティの仕組みから改めて学ぶところを認識することもできて、とても良かったと思います。

Community Drive のポッドキャスト、過去の回も面白かったのでこれからも登録して聴いていきたいです。こういった話が好きな方は、英語版ですが Community Signal という番組もおすすめです。

WordBench が「みんな」のものになったからこその、次のステップ。

西川さんの記事「WordBench は誰のもの?」に対する個人的考えです。

WordBench は誰のもの?

私自身 ja.wordpress.org (WordPress 日本語サイト) 運営などを通じて「WordBench.org の運営側」を担っている一人ではあるのですが、ここに書く内容はあくまでも私一人の考えであり、他の運営者とは異なる部分もあるかもしれません。

西川さんが書かれていること、率直に言って同意できる部分もあります。正論だと感じる部分も多いです。

コミュニティの成長によって生まれた意識のズレ

それをふまえて。
WordPress 日本語サイトの運営チームとして10年以上ブログの翻訳やら (ここ数年) イベントカレンダーの更新やらをしてきた中で、地域コミュニティの数が多くなり、関わる人が増えれば増えるほど今の体制ではやっていけないだろうという限界は感じていました。

数えてみたところ、過去1年間に限ってみても30地域近くの WordBench グループが活発に活動しています。一方、もくもく会、その他の勉強会もあり、それらを含めると40近いボランティアグループが日本各地で定期的に WordPress のコミュニティイベントを行っています。

WordBench をなくしてしまわなくても体制を変える方法は確かにあると思います。行動規範の発表はそのひとつのステップになるはずでしたし、その他にもカレンダーへのイベント追加手順など変更しようと計画しつつもまだ実行に移せていなかったこともありました。

ただ、行動規範の発表の方法や改訂の話し合いがスムーズにいかなかったことは、運営者側の意識と、受け取られ方のズレが知らないうちに大きくなりすぎてしまっていたことの現れだったのかもしれません。

WordBench 終了について思うこと

急な流れだと受け取った方も多かったのかもしれませんが、私はそういう反応の中で、WordBench を始めた三好さんがそれを終わらせるのを決断したことを尊重したいと思います。

WordBench を終えるべきときに終えることが日本の WordPress コミュニティに関わるすべての人のためになると信じてのことです。どうかご理解ください。

という思いとともに、私は未来のことを考えていきたいし、そのためにできることをやっていきたいです。

すでに、WordPress Meetup Handbook の翻訳に多数の方が協力してくれているのを見て、より多くの人が協力できる場を作ることの大事さも改めて実感しています。そして、WordPress のグローバルコミュニティが培ってきたノウハウから学び、そこへダイレクトにフィードバックしていくことは、今後日本と世界両方の WordPress コミュニティにプラスになっていくことだと思います。

WordPress コミュニティは、たくさんの人の力を合わせることで成長してきました。WordBench もその一つの例であり、矛盾しているかもしれませんが、今回 WordBench がなくなってしまうことも、数年経った時には正しい決断だったと感じられると信じています。

2008年3月に、こんなブログを書きました。10年後の今日、WordPress はその時に思っていた未来の予想を超えるほど多くの人に受け入れられるようになっています。

WordPress Japan の閉鎖について思う事

次のステップ

私のとっての次のステップは、引き続き前述の Handbook の翻訳に協力していくこと、そして今週と来週には新体制への移行を規模する方のためのオンライン相談会も行う予定です。

WordBench・その他勉強会からの WordPress Meetup 移行に関する相談会

恐らくこの一つのブログ記事だけではすべてを語れていないのですが、疑問点があればコメントでも Twitter でも自身のブログでも聞いてもらえればお返事したいと思います。

言葉尻を掴んで応酬し合い、疲弊することは誰も求めていないと思うのですが、そうではなくてそれぞれ自分の土俵で言いたいことを思う存分言うのは良いことだ思います。私達には幸い、誰でも「パブリッシング」できる WordPress というツールがあるのですし。