WordCamp SF 2012 基調講演「State of the Word」

先日書いた通り、ライブストリーミングで放送された WordCamp サンフランシスコを夜中から朝までライブで見てました。マット・マレンウェッグの基調講演「State of the Word」の内容を中心に紹介してみます。

WordCamp San Francisco Live Stream
WordCamp SF 公式サイト上のストリーミング

ここ数年はアンケートデータや統計情報を元に一年を振り返り、現在の開発状況、これからの一年で WordPress にとって重要なキーエリアを挙げるというスタイルの「State of the Word」。今回もこの形式でした。

次期バージョン 3.5 について

  • 12月5日に公開
  • 新デフォルトテーマ、Twenty Twelve(デモページ
    Twenty Twelve Demo
    次回のデフォルトテーマ、Twenty Twelve デモサイト
    • プロジェクトリードは、The Theme Foundry の Drew Strojny
    • Retina / HiDPI スクリーン完全対応
  • 新ユーザー用 Welcome 画面の変更(ワイヤーフレーム
  • メディアライブラリ機能
    • ライブラリ、ギャラリー作成 UI などの改善(ワイヤーフレーム
    • 複数ファイル同時アップロード
  • セキュリティ・安定性、スケジュール通りのリリースを目指す

WordPress.org サイト・コミュニティ関連

WordPress.org
WordPress.org に追加された Get Involved メニュー

昨年の予想振り返り

「WordPress.com / WordPress.org の機能を同等に近づける」

Jetpack プラグインでだんだん実現できている。100万ダウンロードまで13ヶ月かかったが、この4ヶ月でさらに100万ダウンロード増えた。コンタクトフォーム・コメント・カルーセル・Retina 対応など、機能を追加していっている。

「投稿の作成(ライティング)と表示(リーディング)のバランス向上」

WordPress.com やモバイルアプリ内に新しく追加されたブログ購読(Reader)機能で、3億5千万もの投稿が読まれた。この機能からのリブログやいいね、投稿作成などのアクションも増加している。

「モバイルプラットフォームの成長」

  • 新しいバージョンの WordPress for iOS では UI が大きく変わる
    • 「スライドオーバー」リンクなどをスライドして横に開く、Facebook 公式アプリのような方式
    •  スワイプアクションをもっと取り入れる
  • 将来的にはモバイル・タブレットアプリなどでの投稿・ サイト表示が増えていくはず
  • 複数のモバイルプラットフォームの開発を行う P2、make.wordpress.org/mobile をスタート

2012年版ユーザーアンケートの回答

  • 158ヶ国、2万7千人からの回答。2/3 はアメリカ国外から
  • 66%の回答者が、「WordPress をブログではなく CMS としてだけ使っている」(昨年は61%)
    • CMS としての使われ方はかなり一般化してきたので、来年からは聞く必要もなくなるかも?
WordCamp San Francisco 2012 にて基調講演をするマット・マレンウェッグ
マット・マレンウェッグによる基調講演「State of the Word」

WordPress サイトのクライアントの種類

  • 中小企業外が一番多く、次に非営利団体・教育・行政系、そしてエンタープライズも予想より多く、それぞれの制作者層はオーバーラップしている
  • 非営利団体・教育・行政系が成長している
    • ガーナの Hapaweb Solutions が行政向けに新しく作ったサイト50のうち48が WordPress
    • ブラジルの Hacklab も新しく50サイトを企業・行政向けに WordPress で構築
    • ミズーリ州メリービル大学ですべての生徒・講師のブログを WordPress に移行
  • 1サイトあたりの平均制作費は、中小企業が$2500、非営利系が$2000、大企業で$4200
  • 回答者のうち2万人(74%)が「WordPress を使ってお金を稼いでいる」と回答
    • 何万ものビジネスが WordPress を利用して利益を得ることで良いビジネスエコシステムができる(技術者、ホスティング、メディアなど)

WordPress で作られたクリエイティブなサイト

Banksy の Subliminal ProjectsThe Many Faces OfJay-Zブルース・スプリングスティーンローリング・ストーンズTEDx サイト用テーマBonnaroo イベント、samasourceレブロン・ジェームズ

WordPress の用途の変化

Campus Maps - washington.edu
WordPress で作られたワシントン大学のキャンパスマップ

シェアの拡大

  • 現在、全体の16.7%のウェブサイトが WordPress で構築されている
  • 順調にトップの座を守っているが、成功している間ほど一生懸命良い結果をプッシュしていかないといけない

今後改善が必要なエリア

  • メディア機能まわり
  • リリース期日の厳守
  • NUX(新ユーザーエクスペリエンス)
  • ユニットテスト
  • コードへの貢献者以外のコミュニティメンバーのまとまり
    • 今年初めてコミュニティサミットを開催予定
  • 新バージョンへの更新フロー
    • Chrome ブラウザのように更新を気にしないでいいようなものが理想
  • 単純化(simplistic)ではなく簡便化(simplicity)を
    • ただ機能(できること)を減らしたり隠すのではなく、ユーザーが高度な操作を学べるような流れをうまくつくる
  • エンゲージメント
    • ドロップアウトするユーザーを減らす
  • 国際化
  • Google Docs のようなリアルタイム編集

レポートは、以上です!

関連リンク

作成者: 高野直子

東京在住の Automattic 社 Globalizer、高野直子の個人ブログです。WordPress、リモートワーク、イベント参加レポート、子育てのことなど不定期に書いています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください