iTunesスマートシャッフル

iTunesのシャッフル機能って便利なんですけど、なぜか同じ曲ばかり繰り返して選ばれたり、ずーっと聴いているとどうも飽きてしまったり…。結局、手動で曲を選んでいたりするんですよねぇ。
で、今日読んだこの記事。
Do-It-Yourself Smart Radio Station
「スマートリスト」を使って、自分だけのラジオ局のようにiTunesに選曲してもらおう!ってことなんですが、「ふうん。。。」と思いつつ、早速やってみました。なかなかいい感じなので、ご紹介してみます。

ポイントは、こんなかんじ。

  • 好きな曲をある程度の(短すぎない)間隔で繰り返してプレイ。
  • 新しい曲(再生回数が少ない曲)と古い曲(再生回数が多い曲)をうまいぐあいにミックス。
  • 新しい曲でも、Rating(星の数)が高ければ、古い曲と同じように多めにローテーションする。

はしょって説明すると、4つのスマートプレイリストを作り、それぞれ以下のように設定します。

  1. その1:かけたい曲の母体。ラジオ局のブックマーク以外すべて、とか、特定のジャンルのみ、とか。
  2. その2:新しい曲。例:「その1」のうちの曲で以下の条件を満たすランダム300曲…星の数が2以上。再生回数は5以下。
  3. その3:古い曲。例:「その1」のうちの曲で以下の条件を満たす200曲。「上限」は「最も以前に再生した曲」…最近1週間以内に再生されておらず、星の数が3以上。再生回数が3以上。
  4. その4:「その2」か「その3」のどちらかのリストに入っている曲。

で、「その4」を聴くというわけですね。私はこれを、さらにパーティシャッフルにして聴いてます。

こう書くと面倒そうですが、そうでもないです。実際は5分もあればすむ設定で、iTunesとスマートプレイリストのパネルを実際に開いてみたほうが分かりやすいかと。
詳しいやりかたは、上記のページに書いてあるのですが、英語だけですのでエキサイト翻訳のリンクも張っておきます:日曜大工の洗練された放送局
こちらのページにはiPodとのうまい使い方も説明されています。

で、使用感ですが、不思議に、飽きない・スキップしなくていい選曲をしてくれるんですよー。スマートプレイリストばんざい!
プレイリストって最初は項目がたくさんあって、「どうやって使うの?」って感じだったんですが、こうやって実際にさわって見るとなかなかおもしろい。

Wild Like Children: Tilly & The Wall どちらもあんまり新しいCDってわけではないですが、最近気に入っていてよく聴いてるふたつ:

C’Mon Miracle
Mirah

K recordsのサイトで“Jerusalem”が試聴できます)


Wild Like Children: Tilly & The Wall Wild Like Children
Tilly & The Wall

Team Loveのサイトで全曲試聴できます)

作成者: 高野直子

東京在住の Automattic 社 Globalizer、高野直子の個人ブログです。WordPress、リモートワーク、イベント参加レポート、子育てのことなど不定期に書いています。

3件のコメント

  1. こんちは。コメントを書くのは久しぶりですが
    いつも楽しくブログを拝見しています(堅い!笑)

    先日、iPod shuffleを買ってwindowsユーザーの私は、はじめて
    iTuensに触れたわけですが、実はその使いやすさだけで驚いてしまってました。shuffleはあまり曲の偏りはないように思いますが、
    日曜大工の洗練された放送局翻訳バージョン(笑)を参考にして楽しみたいと思います。

    長いコメント失礼します。(堅い)

  2. ご無沙汰しております(堅い) 🙂
    iTunes、ほんとに使うほどにいいプレーヤーだなーと思っています。偏るのは私だけなのか…??気のせいかもしれませんが、この設定をしてからはより好みに合った選曲をしてくれるような…。

コメントは受け付けていません。