子テーマでブログのデザインをリニューアルしました

先日土曜日の Co-Edo WordPress Meetup Tokyo子テーマのハンズオンに参加したのですが、それを機にこのブログも子テーマを使ってリニューアルしてみました。

これまでは(確か去年の春くらいから?)Circa というテーマを独自にカスタマイズした下のようなデザインを使っていました。

以前のデザイン。Circa テーマをベースにしたもの。

以前のデザイン。Circa テーマをベースにしたもの。

今回のデザインは、Fictive というテーマを親テーマにしました。このブログを始めて以来ずっと使っているピンクとベージュ系の色調は保ちつつ、ガーベラの花のモチーフではなくて別の画像を使ってみました。

Fictive テーマをベースにした新しいデザイン。

Fictive テーマをベースにした新しいデザイン。

今回デザインを変えるにあたって、最初は Twenty Fifteen テーマをベースにしようかと思っていたのですが、実際やってみると色のアクセントの使い方がなかなか難しく他のテーマを探すことにしました。個人的な制約として WordPress.com に持っている英語サイトのテーマとデザインを揃えたいという点があったので、WordPress.com の無料テーマの中から Fictive を選んでみました。

子テーマリニューアルおすすめです

フルスクラッチからテーマを作ることは最近もうなくなってしまったのですが、子テーマ方式ならそんな私でも気軽にデザインを変えることができます。このサイトの場合、カラースキームはほぼいつも変わらないので CSS のカスタマイズ自体は1時間足らずで終わりました(ほぼ、色コード置換とフォントサイズの微調整のみ)。オリジナリティは出したいけどメンテナンスも含め手間はなるべく掛けたくない、という私のような人にはおすすめの方法です。

Fictive テーマの元の色合いなどは以下の画像のような感じ。アクセントカラーとヘッダー画像を変えただけでだいぶ雰囲気が変わりますよね。

カスタマイズ前の Fictive テーマ。

カスタマイズ前の Fictive テーマ。

リニューアルの際に活用したサイトなど

  • Hextractor: CSS をペーストまたは URL で指定すると含まれる色を抽出してくれるサイト。
  • Creative Market: サイドバーのヘッダーに使った花柄のベクター画像をこちらで購入しました。
  • WordPress.com Themes: ログインすると無料テーマをダウンロードできるようになっています(Fictive は WordPress.org のテーマディレクトリにもあります)。

2014年を振り返って。

現況報告を兼ねて、今年の振り返りです。

振り返ってみると本当にいろいろあった一年でした。一月に新しいチームでの仕事が始まったのとほぼ同時に妊娠が分かり、どうなることやらと思ったのですが幸いつわりなどの症状は重くなく。2月にはチームのロンドン出張、6月には弊社 CEO の東京講演イベントWordCamp Kansai を含むアジア太平洋ツアーのアシストも無事に関わることができました。

予定日を少し過ぎて8月末に出産し、それから産休を丸3ヶ月取って12月から元いたチームに復帰しています。中旬から年末休暇に入ったので、まだ本格的復帰という感じではないですが…。

今年の初めにたった2人からスタートしたチーム・グローバルは現在産休のもう一人を含め7人にまで大きくなりました(そのうち3人が今年産休を取ったという、おそらく会社いち子供増加率が高いチームです)。

今年はこのチームを通し、既存プロダクトや新機能のローカリゼーションを進めつつ、WordPress.com 独特のカルチャーでもあるボランティア翻訳者との関係をさらに深めていくということを行ってきました。英語を読み書きするユーザー人口はたったの半分ほど。世界中のもっとたくさんの人たちにブログという表現手段を使いやすくするため、まだまだやれることはたくさんある!と、日々思っているところです。

2015年は、子育てと仕事のバランスが自分としては大きなチャレンジになりそうですが、リモートワークならではのまた違った働き方を追求するのも面白いんじゃないかなと思っています。

妊娠が分かったタイミングが仕事の転機と重なったこともあり不安はあったのですが、一年が終わってみると特に目立った困難などはなく、書いてみたら淡々としたまとめになりました。でも、そうやって落ち着いた気分で今年を締められることが何よりも幸運だと感じているし、一番大きな変化でもあったのかもしれません。

皆様よいお年を。

Jetpack 3.3 のセントラル・ダッシュボード対応で何ができるのか

この記事は WordPress.com の新ダッシュボード内投稿画面(https://wordpress.com/post)から書いています。


Jetpack 3.3 がリリースされ、WordPress.com のダッシュボードも「Jetpack Manage」と呼ばれる新機能に対応しました。このブログは WordPress.com のレンタルブログではなくインストール型のブログですが、新しいセントラル・ダッシュボードからの投稿も可能になったということで、そちらから投稿してみています。

この新ダッシュボードはこれまでの WordPress.com 投稿画面のコード(=ほぼオープンソース版 WordPress と共通)とは全く別のものとしてスクラッチから書かれています。6月のマット・マレンウェッグの東京講演で「これからの WordPress では新機能を実装する上で JavaScript がもっと重要になってくる」「モバイルへの対応が必須」というようなことが語られていたのを覚えている方もいるかもしれませんが、今回のリニューアルはその一例としても興味深いのではないでしょうか。

セントラル・ダッシュボードでできること

WordPress.com にログインすると、そのアカウントに連携しているすべての Jetpack サイトに対して以下のような操作ができるようになります。

  • 投稿・固定ページの作成や編集
  • プラグインの有効化・無効化
  • プラグインの更新
  • プラグインの自動更新設定
  • サイト設定(一般・投稿・ディスカッション)の編集
  • 統計情報の表示

(Jetpack サイトで JSON API を通じたリモート管理を有効化する必要があります)

投稿・ページの一元管理はかなり多くのサイトを持っている方には特に便利だと思いますが、プラグインを個別に自動更新設定できるのはひとつのサイトしか持っていなくても使える機能ですね。

WordPress.com/Plugins で以下のように更新が必要なプラグインがチェックできます。

現在のところまだコアやテーマの更新はできません。例えば WordPress 4.1 へのアップグレードは更新通知が表示されますが、実行するには通常の管理画面(wp-admin)にログインする必要があります。

Jetpack のこれから

現在の機能だけを見ると、既存の似たようなサイト一元管理用サービス(ManageWP、WPRemote、InfiniteWP など)よりはまだ少ない状態です。この先さらに充実する予定はあるようですが、今の段階ではまだ「無料でプラグイン更新関連の機能がすぐに使える」という点がポイントでしょうか。プラグインの更新が面倒で手をかけないサイトが増えてしまうことによるセキュリティリスクは高いので、まずはそこに着手したという形です。

Jetpack は「WordPress.com のパワフルな機能をインストール型 WordPress にも提供する」という Feature Parity(機能同等性)を目指して作られているプラグインです。どんなホスティングサービス上でも WordPress ユーザーがより安全に、簡単にサイトを運営できるようにするために解決すべき課題はたくさんありますが、今後もそれを実現するために前に進んでいくはずです。

関連する外部記事

「WordPressプロフェッショナル養成読本」に寄稿しました

昨日も WordCamp Tokyo の記事で言及しましたが、「WordPressプロフェッショナル養成読本」という書籍がもうすぐ出版されます。この本の内容についてざっくりと説明してみます。

2014-10-09 12.45.10

旬な話題が詰まった読み物としての1冊

技術評論社の「養成読本」ムックは Software Design plus というシリーズとして PHP、サーバ/インフラエンジニア、iOS アプリエンジニア向けなどのものが他にもいくつか出されています。

2014-10-10 11.09.38

今回の本は、章によってはサンプルコードも一部含まれていますが、具体的に使い方を掘り下げて説明するものではなくて最新情報や動向に注目した読み物という感じです。現在ある WordPress の書籍とは少し違って、やや雑誌っぽい感じで読み通せるのではないでしょうか。

ある程度 WordPress での開発経験があって自分が詳しい分野以外のことももっと知ってみたいと思っている方、技術的なバックグラウンドはあるけど WordPress の本は初めて手に取るという方にとって、旬な話題にキャッチアップしやすい形で書かれていると思います。

章の構成と執筆者は以下のとおりです。

  1. WordPress の過去・現在・未来(高野直子)
  2. WordPress サイトの運用(よつばデザイン・後藤賢司さん)
  3. SEO の基本(染谷昌利さん)
  4. PHP プログラミング超入門(アシアル・岡本雄樹さん)
  5. AWS でスケーラブル WordPress(シェイクソウル・深見寛信さん)
  6. WordPress ユーザのための Nginx 入門(デジタルキューブ・岡本渉さん)
  7. WordPress × セキュリティ(神戸デジタルラボ・松本悦宜さん)

担当章について

私の書いた部分では、WordPress の成り立ちと現状、そして今後の方向性について解説しました。他の章を読み進めていく前提として、創始者やコミュニティがこのソフトウェアに抱いている考えや、進化が続いていくために必要なエコシステム強化のサイクルについて理解していただく糸口になればと思います。
執筆の際には Tai さんToru さんにレビューをしていただきました。ありがとうございました!


WordCamp Tokyo の会場では100冊の先行販売が予定されており、12時からサイン会があります。Amazon などで予約もできます

他の著者の方の記事

WordCamp Tokyo 2014 にスポンサー参加します&書籍先行販売のおしらせ

とうとう明後日10月11日開催となりました、今年の WordCamp Tokyo。今回は産休にかぶってしまったため運営にはあまり関われなかった上、当日も行けるかどうかギリギリまで分からなかったのですが、体の調子も戻ってきたため無事参加できそうです :)

ということで関わっているスポンサーブースと書籍販売についてちょっとだけ書いてみたいと思います。

Automattic スポンサーブース、今年は「Jetpack」仕様!

Automattic としてはここ数年毎年世界中の WordCamp をスポンサーしているのですが、昨年までは WordPress リソースサイト「Code Poet」名義での協賛でした。今回は「Jetpack」プラグインとしての協賛となります。

Jetpack ロゴ

着々とバージョンアップを続けている Jetpack ですが、最近ロゴが変わったのをご存知でしたか?WordCamp Tokyo では、この新バージョンロゴを配したステッカーやミニノートブックなどのグッズを参加者の皆さんへ配布する予定ですのでお楽しみに。
私自身は恐らく数時間のみの滞在になるのでブースにいられる時間は長くはないかもしれませんが、セッションスピーカーでもある同僚の Joey Kudish も会場にいる予定ですので、Automattic や Jetpack について直接聞いてみたいことがあるという方は @naokomc または @jawordpresscom の Twitter アカウントなどにご連絡いただければと思います!(ちなみに Joey はここしばらく旅をしながら仕事をしているノマドなエンジニアです)

Automattic は WordCamp と同じ会場の別のホールで同日開かれる PHP カンファレンスにも協賛しています。こちらは Jetpack ではなく「WordPress.com」ブランドで表示してもらっており別途ブースを設ける予定です。

ジュンク堂書店ブースでの書籍販売

10月16日に技術評論社から出版される「WordPressプロフェッショナル養成読本」というムック本の1章目「WordPress の過去・現在・未来」を書きました。この本が一般発売に先駆けて WordCamp Tokyo のジュンク堂書店ブースにて販売されます!他にも WordPress 関連の最新書籍が揃うブースになるとのことですので、ぜひお立ち寄りください(共著者でイベント参加する方のサイン会も予定されています)。

WordCamp Tokyo 2013 の書籍販売ブース(撮影: おでさん)

WordCamp Tokyo 2013 の書籍販売ブース(撮影: おでさん


今年もたくさんのボランティアスタッフが準備を重ねてきた WordCamp Tokyo。初心者から上級者、デザイナーや開発者やブロガーなどに向けたセッションやワールドカフェ、アンカンファレンスなどが用意されています。お時間がある方はぜひ足を運んでみてください。

Socket.IO Meetup に行ってきました

昨日、渋谷で開かれた Socket.IO Meetup に行ってきました。同僚で Socket.IO の作者である Guillermo Rauch が講演するということで、顔を出すのを兼ねてスタッフとしてお手伝いすることになりました。

彼は Socket.IO を使った Cloudup というファイル共有サービスを作っているチームの一人なのですが、昨年9月に Automattic がそちらの会社を買収しました。それがちょうど去年の全社合宿の直前だったので Guillermo 達もギリギリで参加することができて私も面識があったのですが、会うのはそれ以来初です :)

Socket.IO Meetup

Socket.IO チロルチョコ

私自身 Socket.IO のユーザーではないんですが… どうしてこのプロジェクトが生まれたのか、どのように成長させてきたのか、そしてこれからどういう方向に向かっていくのか、という話はそんな私でも興味深かったです。Guillermo が Socket.IO を通して学んだという成功のための5ステップは以下のとおり。

  1. Improve something that sucks (何かダメなものを改善する)
  2. Look at the state of art (最先端の状況をチェック)
  3. Write down your plan (プランを書き出す)
  4. Create it (作る!)
  5. Ignore the trolls (野次は気にしない)

特に、ステップ4の “Create it” で「このステップは簡単じゃないといけない。ずっと v0.1 に留まってるようなやり方では、今後も成功しない」というようなことを強調していたのが印象的でした。自分たちが順調に開発を進めていける体制はもちろん、ユーザーにもわかりやすいプロダクトをここでしっかり固めることが大事。というのは当たり前のようでいて、ちょうど良いバランスを保って突破するのが難しいポイントなのではないかなと思います。

さらに、Socket.IO のコミュニティをさらに活発にしていくための取り組みについても力を入れているとのことで、コミュニケーションをスムーズにするためのダッシュボード「Socket.IO Evolutions」の紹介も。

Socket.IO Community dashboard

今後はその他にパフォーマンスと安定性を高めること、(例えば接続の履歴を完全に視覚化できる Chrome 拡張などの)開発ツールの強化、ドキュメンテーション(使い方の例、デモ、スクリーンキャスト)や多言語対応などを中心に改善を進めていきたいと話していました。この段階でコミュニティや開発への参加をしやすくして地盤を固めることもしっかりと考えているんだなーと感心。

Cloudup サービスを日々使っていて思うのは、ユーザーとしての気持ちよさというか楽しさがあるということ。質疑応答でも話していましたが「単に “リアルタイム” にするために必要な技術やツールを追求しようとしているんじゃなくて、もっと活発に共有や消費ができるようにするにはどうすればいいかを考えている」(うろ覚え&意訳ですが)というところがすごく本質をついているなと思いました。


Ust のアーカイブはこちらで見られるようになっていて、@Jxck_ さんのポッドキャスト、Mozaic.fm にも Guillermo が登場するということなので、詳しい話はそちらでも聞けそうです。

運営の @Jxck_ さん、@yosuke_furukawa さん、参加させていただき本当にありがとうございました!

WordCamp Tokyo 2013 限定わぷーステッカー、WordPress Swag ストアで発売開始!

昨年の WordCamp Tokyo 2013 に来場された方、黒&透明バージョンのわぷーステッカーを覚えてますか?スタンプラリーの景品として配られた限定モノだったので、持っていないという方も多いかも。歌舞伎わぷーを含め、印刷班スタッフの嵩本さん北村さんがデザインしてくださいました。

わぷー家紋ステッカー

先日マットが東京に来た際に松尾さんがこのステッカーとかるたを紹介していたところ、非常に気に入ったようで(他には1枚しかステッカーを貼っていない)自分の MacBook にも貼りつけていました。そしてアメリカに戻った後「もっと作って配れるようにしたい!」とのことで、北村さんにデータを頂いて2週間前くらいに渡したのですが、今日ふと WordPress Swag ストアを見るともう買えるようになっていました。

1インチ(2.54cm)または3インチ(7.62cm)が選べていずれも1枚10セント、約10円です(商品リンク← 元の URL/商品名は WP Japanese Sticker だったんですが、Wapuu Sticker に更新されました)。

海外からのわぷーに対する反応

日本国内でも各地の WordCamp/WordBench でご当地デザインが登場したり、手作りのぬいぐるみやフィギュアなんかもたくさん登場している大人気のわぷーですが、WordCamp ヨーロッパの講演で紹介したところ気に入ってくれたイギリスの会社がクリスマスカードのデザインに採用していたり。

わぷーを愛して止まない同僚ニックはマグネットだのぬいぐるみだの日々コレクションを増やしている模様。

今回のストアへのステッカー追加で、もっと世界へ人気が広まっていくかもしれませんね!

WordPress Swag ストアって?

WordPress Swag ストアは WordPress.org の英語版ホームページからもリンクされている公式ストアです。ここの商品はコストにそこまで上乗せされていない値段で販売されているので、Tシャツ約1500円、マグカップ約700円などなかなかお手頃です。取り扱っているデザインがけっこう頻繁に変わるし、売り切れると再生産されないこともよくあるので、気に入ったものが見つかったらあまり待たずに買ってしまうことをおすすめします(Tシャツ数枚くらいの場合、送料は1000円に収まると思います)。

WordPress Swag Store