WordBench 東京でマット・マレンウェッグが語った WordPress の今と未来

昨日開催した「WordBench東京 3月スペシャル『春のマット祭り』」イベントで行われた WordPress 共同創始者マット・マレンウェッグへの質問と回答のうち、いくつかをピックアップしてまとめてみました。

マットとリラックマ

マットとリラックマ。Photo credit: おでさん

Q: これからのインターネットにはどんな変化があると思うか。また、それに対して WordPress はどのように変化していくのか。

マルチデバイスのためのレスポンシブデザインについてはだいぶ対応が進んできている。今後はスピードが重要になってくるだろう。SPDY がこれまでやってきたように、HTTP/2 は高速化のトレンドに影響を与えると思う。WordPress に関しては、Jetpack の Photon CDN などを提供することでサイトがよりすばやく読み込まれる手助けをできればと思う。

ちなみに WordPress.com は DNS のパフォーマンスを計測する DNSPerf で CloudFlare、Edgecast に次いで世界3位。複数のロケーションからの計測結果をまとめたものなので、北米以外でもスコアが高くなるよう力を入れていることが分かるはず。

今回は晴海の株式会社メンバーズの会場をお借りしました。Photo credit: 太田裕己さん

コア開発について

Q: REST API 機能のコアへの統合の状況は?

統合が完了するのは今年の後半か来年の始めあたりになる予定。API は提供し始めたらそれを今後ずっとサポートしなくてはならないので、できるだけ完全な形でリリースしたいので時間がかかっている。ただし、この機能に興味がある人は WP REST API (WP API) をすぐにでも使ってみてほしい。コアに含まれる内容も似たようなものになるので、今すぐに使い始めることもできる。

Q: GitHub を使ったコア開発の状況は?

実際のところ、あまり進んでいない。コア開発者の中には、プルリクエストの仕組みがあまり好きではない人も多い。その理由は、現在の Trac を使ったプロセスよりもチケット上での複数の開発者によるコラボレーションがしづらいから。個人的には GitHub は好きだし、コア以外のプロジェクト(例えばモバイルアプリなど)はほとんど GitHub 上に移っている。

Q: プラグイン機能の取り込みに付随するコード肥大化に対し、コアチームはどのように対応しているのか。レガシーコードを見直す予定はあるか。

最近ではリリースごとにレガシーコードの見直しも必ず行っている。コードをもっとシンプルにして、高速でセキュアなものにするのが目的。

Automattic について

Jetpack プラグインはこれからどうなるのか。

Jetpack の最近の大きな機能としては、連携サイトを一括管理できる WordPress.com のインターフェースが使えるようになった。ここから投稿を書くことはもちろん、プラグインやコアの更新、自動更新の有効化もできる。また、各サイトに WordPress.com の二段階認証付きアカウントで共通ログインする機能もある。Jetpack は最初ユーザー(ブログやサイトに投稿する人)向けの機能を増やしていたが、今後は開発者・管理者向けにサイトをもっと管理しやすくする機能を増やしていく予定。

Jetpack 3.3 のセントラル・ダッシュボード対応で何ができるのか

Q: 昨年6月に話していた WordPress.com がアジア太平洋地域にサーバーを追加する件はどうなっているのか。

すでに、シンガポールにデータセンターができている。今後日本・オーストラリア・インドネシアなどにも追加していく予定。

Q: Automattic ではどのような JavaScript フレームワークを使っているのか。

React ベースの独自フレームワーク。将来オープンソース化することを考えている。

WordPress.com の日本向けホームページ

WordPress.com の日本向けホームページ

WordPress への貢献・参加について

Q: 若いユーザーが参加しやすくするためにどのようなことが行われているか。

アメリカの話だが、WordPress は小学校から大学までいろんなところで授業に取り入れられていて、そこで WordPress を知った人が自然に使うようになっている。でも将来的には、教える必要がないくらい簡単に使えるようになるのが理想。

Q: 英語圏以外のユーザーがもっと WordPress や IT の世界で活発に参加するにはどうすればよいか。

まずは翻訳・ドキュメンテーションなどのところで参加してみて欲しい。開発に関しても、英語圏のユーザーではないからこそできることがある。

WordBench 東京「マット祭り」会場の様子

イベント会場の様子。Photo credit: 川井さん

開発に関する質問

Q: WP REST API を使ったサイトの例は?

WordPress.com の新エディター画面は API ベースに開発し、ユーザーがよりすばやく使えて開発もしやすいものになっている。また、先週リニューアルしたばかりのレストランサイト作成サービス Happytables.com も参考になるはず。

Q: ブログやメディアサイトがよく WordPress を使って作られているが、その他に向いているタイプのサイトは?

WP eCommerce、Shopp、WooCommerce といった人気プラグインを使ったオンラインショップのサイトが増えてきている。

Q: WordPress は開発者ではないユーザーにも広く使われているが、それによって古いプラグインを脆弱性がある状態のままで使ったりといった危険も多くなってしまう。これについて対策はあるか。

WordPress コアにはセキュリティチームがあり、プラグインの脆弱性が発見された際には作者とともに解決を図る努力をしている。広範囲で使われているプラグインの大きな問題については、使用しているサイトへのセキュリティ修正部分の強制アップグレード(Hot Fix)を行った例もあった。 今後必要なのはプラグイン作者同士のコラボレーションによる知識の共有。コアのセキュリティ向上で成功したやり方をベースに、そういった動きがあるといいと思う。

Automattic では、脆弱性報告に対する報奨金の額を上げること、そして VaultPress の機能の一部を Jetpack で無料提供していくことでセキュリティ向上に取り組んでいる。

Happytables 3 の画面

Happytables 3 の画面。Photo from Happytables Blog

その他の質問

Q: 忙しい中でたくさんのことをやり遂げるための時間管理のコツは?

自分がやっているのは、

  1. 携帯はおやすみモードにして、気が散る原因になる SNS の通知などを受信しない。
  2. 同じ曲をリピートで聴きながら作業する。
  3. やるべきことを書き出して、一日に何度も確認する。

この3つ。最近はTODO リスト管理に Wunderlist というアプリと Momentum という Chrome 拡張を活用している。

Q: この間パキスタンで WordPress.com サイトがブロックされたというニュースがあったが、これは WordPress が掲げる「パブリッシングの民主化」というゴールと反する動き。これについてどう考えているか?

WordPress.com では表現の自由を尊重するため、ユーザーのコンテンツの検閲は行っていない。これによってブロックされるようなことがあれば、それは仕方ない。中国、トルコ、ブラジルなどでも似たようなことは起こっているが、それを防ぐために検閲をする予定はない。


通訳担当で、メモを取っていたわけではないので記憶をベースに書いていますが、間違いなどあればご指摘ください。

川井さん、森山さん、マットと。

川井さん、森山さん、マットと。Photo credit: 川井さん

ちなみに今回の来日の主な目的は、ブルーボトルコーヒーの投資家のひとりとして東京の新ショップを見学したりするツアーに参加することだったそうです。ちょうど桜の季節でもあり、日本の美味しいものや良い気候を堪能しているようでした。次回はいつになるのか分かりませんが、また機会があればいいですね!

コペンハーゲンのチーム合宿記その2: 観光編

コペンハーゲンのチーム合宿記その1: 子連れ旅行編に続いて、観光編です。今後、コペンハーゲンに行く方の参考になればと思います!

フリーウォーキングツアー

Copenhagen Free Walking Tours

町の歴史や主要なポイントを知ることができるので、旅の最初にこのツアーに参加するのがかなりおすすめです。ツアー自体は無料で、終わった後にチップを払うことになっています。私たちは3時間のコースを歩いんたんですが、すごく陽気でテンポの良いガイドさんに当たって楽しかったです。

「フリータウン」と呼ばれる自治地区、クリスチャニアのツアーもあります。こちらもおもしろそうですが子連れだとどうかな〜と思ったので参加はしませんでした(こちらのブログに体験記があります)。

クロンボー城

Kronborg Castle

コペンハーゲンから電車で50分ほどかかるヘルシンゲルという町にあるクロンボー城。ここはシェイクスピアの「ハムレット」の舞台(英語では「エルシノア」)として有名なんだそうで、この城の庭で毎年夏にハムレットの劇が上演されているとか。城の内部を歩いた後に、In Hamlet’s Footsteps というこれまたガイド付きツアーに参加して物語を追いつつ、ゆかりのある城内の場所などを説明してもらいました。

クリスチャンボー城のタワー

Visit the highest tower in Copenhagen | Tårnet

ウォーキングツアーでも来たのですが、「タワーに登ると街がよく見えるよ!」と教えてもらったので後からもう一度行って上まで登ってみました。コペンハーゲンで一番高いタワーらしく、天気が良くて眺めが良かったです。写真で改めて見ると、こじんまりしたかわいい街だな〜という気がしますね。

View from the Christiansborg Tower

デザインミュージアム・デンマーク

Design Museum Denmark

1つ目に泊まっていたホテルに近かったので、2つ目のホテルにチェックインするまでの空き時間に立ち寄りました。26歳以下は無料!私が行った時の展示は建築や家具関連のものが多かったです。美術館の内容ももちろん堪能したのですが、実は館内のカフェが一番気に入ったかもしれなくて、家具・照明・食器などすべてを合わせて実際に使われているシーンでの北欧デザインの良さを改めて実感しました。

トーハラネマーケット市場(マーケットホール)

Torvehallerne in Copenhagen | VisitCopenhagen

ホテルにあったパンフレットを見て知りました。野菜・魚・チーズ・パンなどなど、おいしそうなものばかりで、持って帰るわけにいかないのが悲しいところです。朝食やランチを食べられるお店もあります。近所にこんなところがあればなーと思いつつ、東京でも市場的なところをもっと日常的に訪れてみようと思うきっかけになりました。

その他

他にもアマリエンボー宮殿、ニューハウン、コペンハーゲン大学植物園などにも行きましたが長くなるので割愛します。

行きたいと思いつつ結局行かなかったところは、ルイジアナ近代美術館と、「ブラックダイヤモンド」と呼ばれる王立図書館。もしまた機会があればぜひ訪れてみたいと思います。それから有名なチボリ公園は冬季休業期間中でした。

北欧で初めて行った国、デンマーク。1週間というほんの少しの間覗いただけですが、ゆったりしたペースで楽しめる良い街だと感じました。また、他の北欧の国にもゆっくり行ってみたいなと思えてきます(夏にも!)。

旅の他の写真は Flicker にもアップロードしてあります

コペンハーゲンのチーム合宿記その1: 子連れ旅行編

3月8日から1週間ほど会社のチーム合宿に行っていました。今回の開催地はデンマークのコペンハーゲン。チームメンバーはイスラエル、オーストリア、オーストラリア、アメリカ、フィリピンにいるので場所を選ぶのが難しかったのですが、東京からの直行があるということでコペンハーゲンは「比較的」行きやすかったです(チーム合宿とは?についてはこちら)。

Nyhavn

Nyhavn(ニューハウン)の町並み。

合宿の期間中の写真は英語ブログの投稿の方にまとめました。

Team Global Meetup in Copenhagen, Denmark

集まってやったこととしてはとにかく現在と今後のプロジェクトについて話し合う時間が大部分を占めていました。その他、社内の開発者・サポート向けの国際化関連資料を整えたり、懇親を深める意味で観光的なことをする時間もとったりしました。

初の子連れ合宿参加

今回は6ヶ月半の娘がいるので夫にも同行してもらいました。離乳食も始めたとはいえまだ母乳がメインなので、一週間も授乳を休むと主に母親の方が大変になってしまう時期なので、このような形で参加することができて助かりました。

合宿やイベントに家族が来る場合は基本的に朝から夕食が終わる時間までは別行動(同僚と時間を過ごすべき)という会社のルールがあるのですが、10数時間授乳を休んでも乗り切れるくらいまでに私の体調や授乳量は落ち着いてきたのでなんとかなりました。長時間別行動ができるのは哺乳瓶や粉ミルクを嫌がらないというのも前提なので、これは親子の個人差が大きいとは思いますが。

持って行って良かったもの

  • 海外対応湯沸かしポット: 2つ泊まったホテルのうちひとつは備え付けのポットがないということで持参しました。ヤザワトラベルケトルというのを買いましたが、コンパクトで良かったです。デンマークの水道水はかなり石灰成分が多くてびっくりしました。
  • 洗濯用ブラシ: 同僚が泊まっていた Airbnb アパートで洗濯を1度しましたが、それ以外は手洗いでした。すぐにブラシを使って洗えば、漂白剤がなくてもたいていの汚れは取れます。
  • レゴベビー: 娘は夫が小さいころ使っていた Duplo Primo というタイプのものが大好きで、旅行中一番遊んでいた気がします。レゴ発祥の地デンマークのレゴストアでも買えないかなと思ったんですが、上部が丸い同じタイプのものはもうないようで残念。
  • ファスナー式ベビー服: 飛行機での移動中はすぐにおむつ替えができるファスナー式が楽でした。

コペンハーゲンの人たちは子どもが大好き

赤ちゃん連れだとレストランやホテルのエレベーター、至るところで声をかけられたり娘に笑顔をもらったりしました。日本でももちろんそういうことは少なくないですが、コペンハーゲンに居る間は一日に何度も見知らぬ人たちが娘の顔を覗き込んで笑ったり変な顔をしてくれたので印象的でした。

クロンボー城の中には、子どもがお城についての絵を書いたりレゴの作品を作れるワークショップの部屋がありました。

Kronborg Castle

クロンボー城内の子供向けワークショップルーム。

デザインミュージアム・デンマークでは、Century of the Child という展示をやっていました。主に北欧の子どもに関するデザインを集めた内容で、小さい子供がいる私には興味深くタイムリーでした。

Children's Chairs

デザインミュージアム・デンマーク。子供用椅子デザインの展示。

最後に空港のおもちゃ屋さんで見たエスプレッソマシーンのおもちゃの写真を。大きくはないおもちゃ屋さんでしたが、この他にももう一つコーヒーマシーンのおもちゃがありました。さすがヨーロッパ?

Espresso machine for kids

エスプレッソマシーンのおもちゃ。

その2、観光編に続きます。