Automattic について書かれた本「マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた」

Automattic や WordPress.com について書かれた本の日本語訳「マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた」を読んでみました。

Automattic の書籍

Automattic についての書籍の原著と日本語版

原著は「イノベーションの神話」、「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」などを書いたスコット・バークンが2013年に出した、 “The Year Without Pants” というもの。日本語化にあたって内容がサクッと分かるタイトルに変更されていて、カバーのイラストもまったく雰囲気が違っています。原題よりも “The Future of Work” という副題が目立つレイアウトで、こちらの方がビジネス書として手に取りやすそうですね(赤いパンツの表紙は恥ずかしい!という声が社内でも少なからずありました…)。

スコットが Automattic で働いていたのは2010年からの1年半。ずいぶん変わった部分もありますが、その頃の会社の雰囲気を思い出しながら改めて懐かしく読みました。

一般向けの読みやすい翻訳

日本語で読むと「ワードプレス・ドットコム」とか「オートマティック」とか、見慣れた固有名詞がカタカナで書かれているのが新鮮!IT系ではない読み物らしい感じがして良いです。

その他日本語としてはあまり浸透していない横文字の用語が多くて翻訳者の衣田さんはきっと大変だったと思いますが、一般の方向けにも分かりやすくなるよう訳してあって読みやすかったです。2015年の現状に合わせてちゃんと訳注で補足されていたり、丁寧に説明されているなーと思う部分もたくさんありました。

ごく個人的な感想

社員という立場でこの本を読むと、ずいぶん赤裸々な内容だなと正直思います。別に会社として大失敗をやらかしたようなことが暴露されているわけではないですが、カオスな部分も未熟な部分も、そして重要なキーポイントまでまるごと書かれている。スコットは「信頼」というキーワードを本の中で何度も繰り返していますが、実際に彼と Automattic のマットやトニーの間にもそれがしっかり存在していたからこそ、この本が完成して世に出されたと言えます。

スコットが描写する細かい仕事内容なんかは、外部の人が読むにはやや詳しく書きすぎで本題から興味が逸れてしまわないかなと心配になったりもしましたが、WordPress.com の裏側を知りたいという方にはきっと面白いと思います。Jetpack プラグインが命名されてから誕生するまでの話もあって、こちらも他では読めない内容になっています。

Automattic Lounge

サンフランシスコにある Automattic のラウンジスペースも書籍の最後で少し紹介されています。SF 在住の数人はコワーキングスペース的に利用しているとか。

Automattic Meetup SF 2013

Automattic ラウンジで開かれた2013年の全社総会の様子。

「オフィスのない会社の働き方」のまとめは10個の箇条書きとして Amazon.co.jp の商品説明セクションでも読めます。テキストを使ったコミュニケーションや、チームの生産性を上げる方法など、リモートワークに限らず役に立つ部分も少なくないはずです。Automattic の採用している手法は WordPress.org のオープンソース活動の経験に基づいたことも少なくないので、参加者がボランティアで関わっているような仕事以外のプロジェクトをうまく進めるためにもヒントになると思います。

未来ではなくて現実

リモートワークが先進的な働き方といった感じで取り上げられることがここ数年は多くなりましたが、Automattic はすでに10年近くこのスタイルを続けています。この本を手に取れば、「遠い未来にそういうことが可能になるかもしれないな」と思うだけではなくて、「実際に今こういうことも可能なんだ」ということを実感できるのではないでしょうか。

在宅勤務を成功させるための万能薬はありませんが、それが必ず失敗するという誤解もまた事実ではありません。スコットが過ごした Automattic での日々をオープンにしたことで、リモートワークについての謎が少しは解けるはず。この本がきっかけで、抱えている問題を解決するために伝統的ではない働き方を選択してみようという会社が現れて、今よりもっと幸せに働ける人が増える社会が実現すればいいな、なんて思っています。

関連リンク

子連れコワーキングスペース、Ryozan Park 大塚の「こそだてビレッジ」

豊島区・大塚にできた子供を連れて行けるコワーキングスペース、Ryozan Park 大塚の「こそだてビレッジ」に昨日行ってきました。オープン前の12月に少しだけ見学しに足を運んだことはあったんですが、実際に利用するのは初。体験利用で、5ヶ月になる娘を連れて10時から16時まで過ごしてみました。

南大塚T&Tビルのインフォメーションボード。

Ryozan Park 大塚コワーキングスペースはこそだてビレッジも含め3フロア。

到着後、利用規約などを簡単に説明してもらった後にお試し訪問の料金(税込2,160円)を支払って早速仕事スタート。娘はベビービョルンのバウンサーで自分の席のすぐ横に座っていました。他にも可動式ベッド、ハイローチェアも1つずつあって空いていれば自由に使えるようです。オフィススペースの真ん中あたりのカウチとテーブルを使ったのですが、奥行きのあるカウチで一時的に子どもを横に寝かせる事もできてとても良かったです。

カウチ+テーブル席

オフィススペース中央のカウチ+テーブル席。

オフィススペースを仕切るガラスの向こうに子どもが遊べるキッズスペースがあります。カーテンがかかっているところは授乳室とお昼寝用ルーム。

お昼寝スペースと授乳室

左から、お昼寝ルームと授乳室2つ。

朝イチは私以外には一組の親子だけだったのですが、その後スペイン人の学生さん(子どもが好きで週1くらい顔を出すようです)や数組の親子も来店。

12時には「お昼ごはんの時間だから片付けようねー」と、スタッフさんが2〜3歳児の子たちに声掛け。キッチン付きの和室で、他の親子たちも一緒にそれぞれ持ってきたお弁当などをテーブルを囲んで食べました。10ヶ月の赤ちゃんがもぐもぐ離乳食を食べているのを見て、他のお母さんと「もう少しであんな風になるんですねぇ」と話したり。

合間におむつ替えや授乳もしつつ、午後も引き続き仕事。しばらくスタッフの方がキッズスペースの方で娘を抱っこしてくれたりもしましたが、そういう時もオフィススペースにある窓の仕切りから子どもの様子がすぐに見られるので安心です。こそだてビレッジのキッズスペースは託児所という形式ではないので始終誰かが子どもを見てくれるわけではないそうですが、それぞれの親子が自分のペースで仕事と子育てをしているというスタイルは面白いと思いました。

Ryozan Park 大塚こそだてビレッジ

窓からは都電の線路がすぐ近くに見えて、男の子が眺めを楽しんでいました。

キッズスペース

たくさん木が使われているキッズスペース。

こそだてビレッジのコンセプトはこのように説明されています。

私たちは、「1人のこどもを育てるのには、村全体の協力が必要であり、こどもたちはその環境によって育てられる」と考えています。更には皆が子育ての苦労と喜びを共有することで、こどもだけでなく親、社会にも利益をもたらすことができると信じています。

「こそだてビレッジ」が目指すものは、それぞれが必要とするやり方で、こども・大人が育ちあうコミュニティー、すなわち「大家族」をつくる事です。 まったく新しいコンセプトに基づいていて運営していくため、メンバーになって頂く皆様と共に発展していくという楽しみもあります。

この考え方に共感するところもあり、継続して通ってみようかと考えているところです。

関連情報

子テーマでブログのデザインをリニューアルしました

先日土曜日の Co-Edo WordPress Meetup Tokyo子テーマのハンズオンに参加したのですが、それを機にこのブログも子テーマを使ってリニューアルしてみました。

これまでは(確か去年の春くらいから?)Circa というテーマを独自にカスタマイズした下のようなデザインを使っていました。

以前のデザイン。Circa テーマをベースにしたもの。

以前のデザイン。Circa テーマをベースにしたもの。

今回のデザインは、Fictive というテーマを親テーマにしました。このブログを始めて以来ずっと使っているピンクとベージュ系の色調は保ちつつ、ガーベラの花のモチーフではなくて別の画像を使ってみました。

Fictive テーマをベースにした新しいデザイン。

Fictive テーマをベースにした新しいデザイン。

今回デザインを変えるにあたって、最初は Twenty Fifteen テーマをベースにしようかと思っていたのですが、実際やってみると色のアクセントの使い方がなかなか難しく他のテーマを探すことにしました。個人的な制約として WordPress.com に持っている英語サイトのテーマとデザインを揃えたいという点があったので、WordPress.com の無料テーマの中から Fictive を選んでみました。

子テーマリニューアルおすすめです

フルスクラッチからテーマを作ることは最近もうなくなってしまったのですが、子テーマ方式ならそんな私でも気軽にデザインを変えることができます。このサイトの場合、カラースキームはほぼいつも変わらないので CSS のカスタマイズ自体は1時間足らずで終わりました(ほぼ、色コード置換とフォントサイズの微調整のみ)。オリジナリティは出したいけどメンテナンスも含め手間はなるべく掛けたくない、という私のような人にはおすすめの方法です。

Fictive テーマの元の色合いなどは以下の画像のような感じ。アクセントカラーとヘッダー画像を変えただけでだいぶ雰囲気が変わりますよね。

カスタマイズ前の Fictive テーマ。

カスタマイズ前の Fictive テーマ。

リニューアルの際に活用したサイトなど

  • Hextractor: CSS をペーストまたは URL で指定すると含まれる色を抽出してくれるサイト。
  • Creative Market: サイドバーのヘッダーに使った花柄のベクター画像をこちらで購入しました。
  • WordPress.com Themes: ログインすると無料テーマをダウンロードできるようになっています(Fictive は WordPress.org のテーマディレクトリにもあります)。