Jetpack 3.3 のセントラル・ダッシュボード対応で何ができるのか

この記事は WordPress.com の新ダッシュボード内投稿画面(https://wordpress.com/post)から書いています。


Jetpack 3.3 がリリースされ、WordPress.com のダッシュボードも「Jetpack Manage」と呼ばれる新機能に対応しました。このブログは WordPress.com のレンタルブログではなくインストール型のブログですが、新しいセントラル・ダッシュボードからの投稿も可能になったということで、そちらから投稿してみています。

この新ダッシュボードはこれまでの WordPress.com 投稿画面のコード(=ほぼオープンソース版 WordPress と共通)とは全く別のものとしてスクラッチから書かれています。6月のマット・マレンウェッグの東京講演で「これからの WordPress では新機能を実装する上で JavaScript がもっと重要になってくる」「モバイルへの対応が必須」というようなことが語られていたのを覚えている方もいるかもしれませんが、今回のリニューアルはその一例としても興味深いのではないでしょうか。

セントラル・ダッシュボードでできること

WordPress.com にログインすると、そのアカウントに連携しているすべての Jetpack サイトに対して以下のような操作ができるようになります。

  • 投稿・固定ページの作成や編集
  • プラグインの有効化・無効化
  • プラグインの更新
  • プラグインの自動更新設定
  • サイト設定(一般・投稿・ディスカッション)の編集
  • 統計情報の表示

(Jetpack サイトで JSON API を通じたリモート管理を有効化する必要があります)

投稿・ページの一元管理はかなり多くのサイトを持っている方には特に便利だと思いますが、プラグインを個別に自動更新設定できるのはひとつのサイトしか持っていなくても使える機能ですね。

WordPress.com/Plugins で以下のように更新が必要なプラグインがチェックできます。

現在のところまだコアやテーマの更新はできません。例えば WordPress 4.1 へのアップグレードは更新通知が表示されますが、実行するには通常の管理画面(wp-admin)にログインする必要があります。

Jetpack のこれから

現在の機能だけを見ると、既存の似たようなサイト一元管理用サービス(ManageWP、WPRemote、InfiniteWP など)よりはまだ少ない状態です。この先さらに充実する予定はあるようですが、今の段階ではまだ「無料でプラグイン更新関連の機能がすぐに使える」という点がポイントでしょうか。プラグインの更新が面倒で手をかけないサイトが増えてしまうことによるセキュリティリスクは高いので、まずはそこに着手したという形です。

Jetpack は「WordPress.com のパワフルな機能をインストール型 WordPress にも提供する」という Feature Parity(機能同等性)を目指して作られているプラグインです。どんなホスティングサービス上でも WordPress ユーザーがより安全に、簡単にサイトを運営できるようにするために解決すべき課題はたくさんありますが、今後もそれを実現するために前に進んでいくはずです。

関連する外部記事

「WordPressプロフェッショナル養成読本」に寄稿しました

昨日も WordCamp Tokyo の記事で言及しましたが、「WordPressプロフェッショナル養成読本」という書籍がもうすぐ出版されます。この本の内容についてざっくりと説明してみます。

2014-10-09 12.45.10

旬な話題が詰まった読み物としての1冊

技術評論社の「養成読本」ムックは Software Design plus というシリーズとして PHP、サーバ/インフラエンジニア、iOS アプリエンジニア向けなどのものが他にもいくつか出されています。

2014-10-10 11.09.38

今回の本は、章によってはサンプルコードも一部含まれていますが、具体的に使い方を掘り下げて説明するものではなくて最新情報や動向に注目した読み物という感じです。現在ある WordPress の書籍とは少し違って、やや雑誌っぽい感じで読み通せるのではないでしょうか。

ある程度 WordPress での開発経験があって自分が詳しい分野以外のことももっと知ってみたいと思っている方、技術的なバックグラウンドはあるけど WordPress の本は初めて手に取るという方にとって、旬な話題にキャッチアップしやすい形で書かれていると思います。

章の構成と執筆者は以下のとおりです。

  1. WordPress の過去・現在・未来(高野直子)
  2. WordPress サイトの運用(よつばデザイン・後藤賢司さん)
  3. SEO の基本(染谷昌利さん)
  4. PHP プログラミング超入門(アシアル・岡本雄樹さん)
  5. AWS でスケーラブル WordPress(シェイクソウル・深見寛信さん)
  6. WordPress ユーザのための Nginx 入門(デジタルキューブ・岡本渉さん)
  7. WordPress × セキュリティ(神戸デジタルラボ・松本悦宜さん)

担当章について

私の書いた部分では、WordPress の成り立ちと現状、そして今後の方向性について解説しました。他の章を読み進めていく前提として、創始者やコミュニティがこのソフトウェアに抱いている考えや、進化が続いていくために必要なエコシステム強化のサイクルについて理解していただく糸口になればと思います。
執筆の際には Tai さんToru さんにレビューをしていただきました。ありがとうございました!


WordCamp Tokyo の会場では100冊の先行販売が予定されており、12時からサイン会があります。Amazon などで予約もできます

他の著者の方の記事

WordCamp Tokyo 2014 にスポンサー参加します&書籍先行販売のおしらせ

とうとう明後日10月11日開催となりました、今年の WordCamp Tokyo。今回は産休にかぶってしまったため運営にはあまり関われなかった上、当日も行けるかどうかギリギリまで分からなかったのですが、体の調子も戻ってきたため無事参加できそうです :)

ということで関わっているスポンサーブースと書籍販売についてちょっとだけ書いてみたいと思います。

Automattic スポンサーブース、今年は「Jetpack」仕様!

Automattic としてはここ数年毎年世界中の WordCamp をスポンサーしているのですが、昨年までは WordPress リソースサイト「Code Poet」名義での協賛でした。今回は「Jetpack」プラグインとしての協賛となります。

Jetpack ロゴ

着々とバージョンアップを続けている Jetpack ですが、最近ロゴが変わったのをご存知でしたか?WordCamp Tokyo では、この新バージョンロゴを配したステッカーやミニノートブックなどのグッズを参加者の皆さんへ配布する予定ですのでお楽しみに。
私自身は恐らく数時間のみの滞在になるのでブースにいられる時間は長くはないかもしれませんが、セッションスピーカーでもある同僚の Joey Kudish も会場にいる予定ですので、Automattic や Jetpack について直接聞いてみたいことがあるという方は @naokomc または @jawordpresscom の Twitter アカウントなどにご連絡いただければと思います!(ちなみに Joey はここしばらく旅をしながら仕事をしているノマドなエンジニアです)

Automattic は WordCamp と同じ会場の別のホールで同日開かれる PHP カンファレンスにも協賛しています。こちらは Jetpack ではなく「WordPress.com」ブランドで表示してもらっており別途ブースを設ける予定です。

ジュンク堂書店ブースでの書籍販売

10月16日に技術評論社から出版される「WordPressプロフェッショナル養成読本」というムック本の1章目「WordPress の過去・現在・未来」を書きました。この本が一般発売に先駆けて WordCamp Tokyo のジュンク堂書店ブースにて販売されます!他にも WordPress 関連の最新書籍が揃うブースになるとのことですので、ぜひお立ち寄りください(共著者でイベント参加する方のサイン会も予定されています)。

WordCamp Tokyo 2013 の書籍販売ブース(撮影: おでさん)

WordCamp Tokyo 2013 の書籍販売ブース(撮影: おでさん


今年もたくさんのボランティアスタッフが準備を重ねてきた WordCamp Tokyo。初心者から上級者、デザイナーや開発者やブロガーなどに向けたセッションやワールドカフェ、アンカンファレンスなどが用意されています。お時間がある方はぜひ足を運んでみてください。