動画配信の schoo(スクー)で WordPress のコミュニティチャンネルが始まりました

3月23日に、schoo(スクー)で生放送に出演しました。WordPress のコミュニティによるチャンネルの第一回目ということで、第一回の今回は私と相原さんで「ゼロからのWordPress(1限目)〜WordPressの今と未来・基本について知る〜」というタイトルのライブストリーミング配信となりました。

WordCommunity チャンネルのロゴ

今回の発起人・まとめ役である北村さん制作の Word Community Channel(WCC)ロゴ。

スクーの「公認団体」という位置づけで、スクースタジオではなく下北沢オープンソースカフェからの配信です。

内容は私が WordCamp などでもよく話している基本的なことをカバーし、相原さんがダッシュボードの操作方法を紹介しました。そして最後に横井さんの司会でライブ質問受付コーナーがありました。どこからでも無料で視聴できる動画配信ということで、普段イベントに行きづらい地域の人からも見ていただけたのではないでしょうか。後からスクーのスタッフの方に聞いたところによると、10代から90代という幅広い年齢層の方が受講してくれていたそうです。

録画動画・スライドは引き続きいつでも見ることができるそうですので、こちらからどうぞ。

質問の回答でご紹介した資料などのリンクを貼っておきます。

今後も月一回程度のペースで WordPress をステップアップしながら学んでいける場となりそうです。次回は4月後半を予定しているそうですので、お楽しみに!

タグ, ,

ピンバック悪用の踏み台攻撃防止に対応した Akismet 2.6 がリリース

先日 Sucuri ブログに掲載された記事を発端として WordPress のピンバック機能を悪用した DDoS 攻撃に関するニュースが話題になっていました。

これを受けて、デフォルト同梱プラグイン Akismet にピンバックスパム判定の改善を行う更新が追加されました。

Akismet 2.6 Release Note

以下、Akismet WordPress plugin 2.6.0 リリース告知より翻訳。

  • 送信 WordPress ピンバック検証に X-Pingback-Forwarded-For ヘッダーを含めた。
  • 送信検証リクエストが行われる前にスパムをブロックするため、ピンバックへの事前チェックを追加。

「WordPress のピンバック機能がサイトへの DDoS に使われている」というニュースが数日前にありましたが、そこには誤解や誇張表現も多く含まれていました。ただ、上記に挙げた点が修正している妥当な問題も2つありました。アンチスパムチェックがピンバック検証後に行われていたこと、そして WordPress が検証を通す根拠となったリクエスト送信者の情報を渡していなかったこと(これにより本物のソースを隠すことになってしまった)です。今回の Akismet 更新により両方の問題は対応されており、我々としてはコアでも似たようなアプローチを取ることが適切だと考えています。

コアのほうの修正はまだ先になりそうですが、Akismet を最新版に更新しておくと安心でしょう。

別の対策として、XML-RPC・またはピンバック機能のみを無効にすることもできます。XML-RPC はモバイルアプリを含むリモート投稿や Jetpack プラグインなどを利用する場合は必要になりますので、その点に関しては各対策をよく読んで対応してください。

タグ, , ,

NUCON でリモートワークについて話してきました

本日開かれたヌーラボさんのカンファレンス、NUCON にて、Automattic でのリモートワークの様子についてお話をさせていただく機会をもらいました。

今年10週年を迎えるというヌーラボ社とのつながりは、思い返すと長いもの。Backlog の有料版が出てしばらくしたころでしょうか?2008年に書籍「WordPress ビジネスブログ標準ガイドブック」内で、タスク管理システムとして紹介させてもらったということが始まりだったと思います。アメリカでフリーランスとして働いていた頃に 37signals の Basecamp を使っていたのですが、日本語対応はしていなかったので日本で紹介するならどんなサービスがいいだろう?とリサーチして出会ったのが Backlog でした。

そのころには想像もしなかったことですが、私は東京からアメリカの会社でフルタイムのリモート勤務をすることになり、ヌーラボさんは Backlog や Cacoo などで世界にたくさんのユーザーを獲得するようになり。WordCamp Fukuoka をきっかけに、東京などでも WordCamp のプロジェクト管理に Backlog を無償提供していただくなどとてもお世話になっています。

遠くに離れた人々をつなぐツールを使うヌーラボ社のユーザーさんが集まった今回のイベントですが、200人以上が世界中で働いている会社を紹介することによって、距離があってもしっかりとした仕組みとツールがあればプロジェクトはきちんと進めていける!と思ってもらえたなら幸いです。

NUCON は大盛況でセッション・ハンズオンともにたくさんの人が訪れていました。Typetalk がリリースされ、ブースエリアでの雑談から新機能の話題もちらほら聞こえたり。デジタルキューブ社との WordPress 連携コラボもあるかも!? などなど、これからも非常に楽しみです。

Nulab Night ではスタッフの皆さんのバンド生演奏も!そして、たくさんの方とリモートワークやツール、時差や文化の差を超えて働くことなどについてお話できてとても楽しかったです。どうもありがとうございました!

関連記事

スライド内でもリンクしていますが、Automattic での働き方について触れられている記事はこちら。

タグ, , , ,