カラフルケーキ in USA。

カテゴリー:

毎日必ず@NiftyのデイリーポータルZサイトを読んでいます。
今日の特集は、食べ物を青くする、その名も「青くする実験」というもので、トップページにに「青いショートケーキ」が載っていたのですが、アメリカだとフツーに青いケーキが売ってます。コドモの誕生日には流行の人気キャラクターやバレリーナ、スポーツなど、「テーマ」のあるケーキがつきもの。未だに知り合いの子供のお誕生会に行く度に不思議なケーキに出会ってびっくりしてしまうんですが、子供たちはもう大喜び。舌を青くしたり緑にしたりしながら食べてます。紫、っていうのもあったな…そういえば。

と、文字で説明してもそのインパクトは伝わらないと思うので、Schroeder’s BakerynのBirthday Cakeセクションの写真ををぜひ見てください。数えたら、このページだけでも120個くらいあった。

スキーがテーマのケーキなんて、「マン盆栽」みたいでけっこういいかも~と思ったけど、よく考えてみれば食べ物と盆栽は別物…。日米の差を感じます(こじつけか)。あと、スターウォーズスポンジボブに惹かれました。どれも青いな~~

スーパーにも、カラフルなケーキを作るための“色つきスプレー”が売ってるんですが、試したことはありません。
ベティ・クロッカー Easy Color Decorating Spray

そのほか、いろんなびっくりケーキ…

はあーおもしろかった。

“カラフルケーキ in USA。” への4件のフィードバック

  1. 誘導にしたがってやってまいりました。
    しゃくとりむしケーキは、繊細なお子さんなら泣き出しませんか(笑)
    青いケーキとかたぶん、普通にケーキ味なんでしょうが、目の前に出されたら、まず匂いをかいでしまうような気がします・・

  2. イヤンなケーキ
    [email protected]研究員さんのサイトに触発されて探してみました。たとえジョークでも勘弁してください。頭とか足とかパンツとか(笑)
    ウエディングケーキなんかはけっこうほほえましいんだけどなぁ。…

  3. 青い食べ物*花火パーティーのお知らせ
    昨日に引き続き、食について考えます。
    +++
    ミライさんは、妊娠中に赤い食べ物に惹かれたらしいですが、今年は青い食べ物ブームみたい。…

  4. カキコありがとう。
    アメリカのケーキも、かなり奥深そうですね。
    日本人にはなかなかできない感性です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。