「WordPress の CMS シェア54%」のソース、W3Techs のデータ収集手段

今日は WordCamp 関連の統計データ記事の訳を公開しましたが、数字ネタ関連ということでよく「どこにあるの?」と聞かれる情報のソースについて書き留めておきます。

WordPress 創始者のマットが WordCamp のスライドなどで使っている「WordPress の CMS シェア」「Web サイト全体でのシェア」という数字は、W3Techs – extensive and reliable web technology surveys というサイトの情報を利用しています。私も、イベントなどの時は CMS 利用率ページのデータをよく使います。

Usage Statistics and Market Share of Content Management Systems for Websites, February 2013続きを読む「WordPress の CMS シェア54%」のソース、W3Techs のデータ収集手段

WordPress のブログから CMS への変化と、アプリエンジンとしての最新事例

昨日の WordCamp サンフランシスコ基調講演はかなり盛り沢山の内容でしたが、その中でも印象に残った点のひとつは「WordPress はブログとして誕生し、CMS として定着し、そしてアプリを動かすエンジンとしても使われ始めている」といったくだりでした。

この捉え方には賛否両論があるだろうし持ち出すのは慎重になってしまうんですが、はっきり書いておくと「WordPress は Web アプリケーションフレームワークだ」「いや、そうではない」という議論がしたいわけではありません。「今 WordPress はこんなふうにも使われてるよ」という実際に今起こっている開発のトレンドのひとつとして、基調講演レポートで挙げた事例の一部を追記で紹介してみたいと思います。

ワシントン大学の施設ディレクトリ

Google Maps API と WordPress を組み合わせた地図ベースの施設情報ディレクトリ。各建物がカスタム投稿タイプのひとつの投稿として登録されているようです。

Denny Hall (DEN) on University of Washington Campus Map続きを読むWordPress のブログから CMS への変化と、アプリエンジンとしての最新事例

WordPress の「徹底的にシンプル」な未来: マットとアニール・ダッシュの対談

有料デジタルコンテンツについてのリソースサイトが主催のカンファレンス、paidContent 2012が昨日ニューヨークで開かれていました。テクノロジー&ビジネスニュースブログ GigaOm も共催していたこのイベントでは、電子書籍・動画・ソーシャル・モバイルなど、コンテンツビジネスの最新トレンドを扱ったセッションが多数行われていたようです。

この中で、WordPress/Automattic 創始者マット・マレンウェッグと、Six Apart 社の一人目の従業員(現在は退職)であった有名ブロガー、アニール・ダッシュ氏の対談がありました。

アニールダッシュとマット・マレンウェッグの対談続きを読むWordPress の「徹底的にシンプル」な未来: マットとアニール・ダッシュの対談

Back to Top