育休中のボランティアマッチングプログラム「ママボラン」のオープニングイベント

10月15日(日)に開かれた、キャリア支援プログラム「ママボラ」のイベントに参加してみました。

「ママボラン」は、育休中の母親向けに企業・団体内ボランティアを紹介することで、その期間を単なるブランクではなく復職後のキャリアにとってプラスになるものにしよう、というコンセプトで始まったパーソルグループの社内事業だそうです。

私自身まさに育休中で、ただ休んでマイナスになった状態で復職するのはいやだなぁという気持ちもあり、気になって話を聞きに行ってみることにしました。

ママボランとは

ママボランのしくみは、こんなイメージ(サイト上の画像)。8月末にできたばかりのサービスで、まだ色々と流動的なところもあるようですが、だいたい週10時間・2〜6ヶ月くらいの活動になるそうです。多くの場合、在宅勤務を主にしたリモート参加もできるとか。

育休に関するセッション

イベントではまず、野村総研の方が自身の体験談に基づいた「キャリア形成と育児期の過ごし方」というセッションをされました。

  • 復帰後は時間的に上乗せで何かするのは難しい
  • 育休中に非連続的なチャレンジ = 普段できないことをしてみては?

普段あまりできないこととして、旅行、消費活動を「自分の肌触りを持って経験する」、地域の課題について考えるなど、どっぷりと日常に浸って位置生活者としての視点を持つことも大事、という点にはすごく共感しました。例えば自分の場合で言うと、前回の育休中にパソコンを開かずモバイルデバイスメインで過ごすという経験をしたのはその後の仕事に役立ったと思います。

パネルディスカッションでは、ママボランのスタッフの方の他に留学事業「ママ・赤ちゃん留学」と、産後ケア NPO「マドレボニータ」の方が登壇。

母親が育休を通して自身の価値を高める意識を持ったり、不安や困難を乗り越える力をつけることで、その後の仕事や人生にも良い影響があるはず、という話が印象的でした。

最後に、「ママボラン」受け入れをしている組織(の一部)によるプレゼン。放課後 NPO、トリッピース(trippiece)、PAPAMO という3団体でした。

PAPAMO 託児サービス

このイベントに行こうと思った理由の1つに、PAPAMO というあそび場提供(託児)サービスが利用できるからというのもありました。確か「くらしと仕事」の記事で以前読んだことがあったのですが、親戚の家で見守られて遊ぶような雰囲気を目指しているそうで、今回も楽しそうなプログラムが組まれていました。

3歳の娘は、最初少し緊張していたけど帰りには保育スタッフさんと名残惜しそうに話したりしていて、いつもとは違う体験をできたようでした。

育児と仕事の両立を前向きにとらえる

パネルディスカッション中には「育児をするための休みである育休中に自分のための活動するなんて、という声も少なからずありますよね」という話題が出ていました。それに対しては、

  • 赤ちゃんにも良い影響がある活動であることが第一
  • 母親が、子供に見せたい姿を求めて努力するのは重要なこと
  • 周りが暗黙のうちに予想している「育児をしている大変なママ」を演じるのではなくて、もっと育児をしながら仕事をすることを楽しもう
  • 育児のおもしろさを発信(身近な人にでも)することで、自分の過ごし方が、組織や社会を変えていくかもしれない

など、いろんな反応が話されていました。

「良い育休の過ごし方」の解は1つではなくて、とにかく赤ちゃんと一緒の時間を楽しむのも、自分が興味を持っている分野をのぞいてみてワクワクする日々を送るのも、子供も親も両方幸せであるなら前向きで良いこと。子育てやキャリアについて、だんだんと選択肢が増えているのを感じられたイベントでした。

「赤ちゃんと脳科学」で、育児で気になっていることがなんとなくスッキリした

娘はもう3歳も間近というのに、そういえば子育て関連の本についてブログで書くのは初めて。ちょうど自分の興味のある内容にハマった本があったのでご紹介します。

今、(実は)二人目を妊娠中ということで改めて新生児について興味がわいてきています。赤ちゃんと脳科学というこの本は2003年発行なのでそう新しくはないんですが、知らなかった・知りたかったことがたくさん詰まっていました。

著者の小西行郎氏は脳科学、発達行動学専門の小児科医。
「赤ちゃんは外部の働きかけに反応しているだけではなく、自発的に行動している」、「こどもの脳は、生きていくために必要な能力を取捨選択して適応しつつ成長している」といった科学的観察結果を元にした、胎教・三歳児神話・早期教育・多言語習得・テレビと育児、などのトピックについての考えが書かれています。個人的に気になっている内容ばかりで、次が気になってすいすい読んでしまいました。

全体を通して、科学に基づいた「自然で、普通」な育児を推奨していることに共感しました。

信じて、観察する

どちらかというと楽観的で悩まない方ですが、育児というのは初めてやることだし、一人の人生を大きく左右するかもしれないわけで、迷いが生まれることもあります。

次々と入ってくる育児情報に惑わされすぎることなく、こどもを信じて自分の考えにも自信を持つことが大事。そして、選んだ道が正しいのかどうかはこどもをよく観察すればわかるはず、ということを教えてくれた本でした。

あまり詳しく書いても私が伝えられることは限られるので、気になった方は手にとってみてください。

私の場合一人目がある程度大きくなって読んだ今のタイミングも悪くはなかったですが、胎児のことから書かれているので出産前の両親に特におすすめです!妊娠中に読んで不安を解消し、またしばらく経って振り返りながら読み直すときっと面白いはずです。

赤ちゃんと脳科学(小西 行郎)

子連れコワーキングスペース、Ryozan Park 大塚の「こそだてビレッジ」

豊島区・大塚にできた子供を連れて行けるコワーキングスペース、Ryozan Park 大塚の「こそだてビレッジ」に昨日行ってきました。オープン前の12月に少しだけ見学しに足を運んだことはあったんですが、実際に利用するのは初。体験利用で、5ヶ月になる娘を連れて10時から16時まで過ごしてみました。

南大塚T&Tビルのインフォメーションボード。

Ryozan Park 大塚コワーキングスペースはこそだてビレッジも含め3フロア。

到着後、利用規約などを簡単に説明してもらった後にお試し訪問の料金(税込2,160円)を支払って早速仕事スタート。娘はベビービョルンのバウンサーで自分の席のすぐ横に座っていました。他にも可動式ベッド、ハイローチェアも1つずつあって空いていれば自由に使えるようです。オフィススペースの真ん中あたりのカウチとテーブルを使ったのですが、奥行きのあるカウチで一時的に子どもを横に寝かせる事もできてとても良かったです。

カウチ+テーブル席

オフィススペース中央のカウチ+テーブル席。

オフィススペースを仕切るガラスの向こうに子どもが遊べるキッズスペースがあります。カーテンがかかっているところは授乳室とお昼寝用ルーム。

お昼寝スペースと授乳室

左から、お昼寝ルームと授乳室2つ。

朝イチは私以外には一組の親子だけだったのですが、その後スペイン人の学生さん(子どもが好きで週1くらい顔を出すようです)や数組の親子も来店。

12時には「お昼ごはんの時間だから片付けようねー」と、スタッフさんが2〜3歳児の子たちに声掛け。キッチン付きの和室で、他の親子たちも一緒にそれぞれ持ってきたお弁当などをテーブルを囲んで食べました。10ヶ月の赤ちゃんがもぐもぐ離乳食を食べているのを見て、他のお母さんと「もう少しであんな風になるんですねぇ」と話したり。

合間におむつ替えや授乳もしつつ、午後も引き続き仕事。しばらくスタッフの方がキッズスペースの方で娘を抱っこしてくれたりもしましたが、そういう時もオフィススペースにある窓の仕切りから子どもの様子がすぐに見られるので安心です。こそだてビレッジのキッズスペースは託児所という形式ではないので始終誰かが子どもを見てくれるわけではないそうですが、それぞれの親子が自分のペースで仕事と子育てをしているというスタイルは面白いと思いました。

Ryozan Park 大塚こそだてビレッジ

窓からは都電の線路がすぐ近くに見えて、男の子が眺めを楽しんでいました。

キッズスペース

たくさん木が使われているキッズスペース。

こそだてビレッジのコンセプトはこのように説明されています。

私たちは、「1人のこどもを育てるのには、村全体の協力が必要であり、こどもたちはその環境によって育てられる」と考えています。更には皆が子育ての苦労と喜びを共有することで、こどもだけでなく親、社会にも利益をもたらすことができると信じています。

「こそだてビレッジ」が目指すものは、それぞれが必要とするやり方で、こども・大人が育ちあうコミュニティー、すなわち「大家族」をつくる事です。 まったく新しいコンセプトに基づいていて運営していくため、メンバーになって頂く皆様と共に発展していくという楽しみもあります。

この考え方に共感するところもあり、継続して通ってみようかと考えているところです。

関連情報