オープニングスピーチ

Automattic 全社合宿2018年版: フロリダ州オーランド

先週、1週間ほどの Automattic 全社合宿(Grand Meetup)が終了しました。昨年は出産後ということで不参加だったので、2年ぶりにチーム以外の多くの同僚と会う機会となりました。

今年の目的地はフロリダ州オーランドの Disney Springs というエリア。ユニバーサル・スタジオやエプコットの一部で貸切パーティがあったりもして、今までとは少し違った雰囲気でした。

ユーザーリサーチのクラス

今年の合宿の前半は、通常業務を行う一部の人をを除いた全員が3つのうちいずれかを選択することが必須でした。

  1. クラス(志願した同僚が教えてくれる)
  2. プロジェクト(主に機能開発・プロセス改善など、こちらも志願者が提案)
  3. サポートローテーション(年に一度、サポート以外の職務の全員が1週間行うサポートウィークを合宿中に一緒の部屋でやるバージョン)

私は「プロダクトに反映するためのユーザーリサーチ」という内容のクラスを選択しました。教えてくれたのは Boon Sheridan 氏。後から知ったんですが、今年の UX Days Tokyo にも登壇していたとのこと。

今回のクラスは3日間で、内容は主にユーザーインタビューについて。この方式のリサーチには通訳者として先日初参加したばかりだったのですが、今回この実施・分析方法について詳しく知ることができてよかったです。

ブーン・シェリダン

講師のブーン・シェリダン。

クラスを取った勢いで、前から読みたいと思っていた「シグナル&ノイズ」というデータ分析系の人たちがよく勧めている本を(やっと)読み進められました。新しく得た知識と相まって、「様々な切り口で情報収集し、予測を調整し続けていくことで正しい予測に近づける」という部分、そして定質的リサーチの意義が実感して理解できた気がします。

それにしても、他のクラスの資料なども見て、I will never stop learning ― 学び続けることをやめない、という会社のモットーのひとつを進んで実行している同僚たちに改めて刺激を受けました。競争して周りを蹴落とすためではなくて、知識を共有して周りと一緒に成長していこうという人たちに囲まれているのは幸せなことで、私ももっとがんばりたいなと本当に思います。

“Japanmattician” の増加

Automattic には出身地と居住地が同じではなかったり、そもそもどちらも一つではない人も多いので、「日本人社員」という概念があまり意味をなさなかったりします。

「日本関係の人」みたいなゆるい意味で、日本に住んでいたり自分や親や配偶者が日本人だったり、というメンバーの “Japanmattician” が特にここ1年ほどでずいぶん増えました。今年の合宿では、みんなで集まって VR をやりにいったり、飲みに行ったりもできてとても楽しかったです。

年に一度顔を合わせる、ということ

完全リモートワーク(正式には「分散型」ワーク)の会社で働き始めて8年になりました。入った頃は2桁代だった社員数も現在は約800名で、全員の顔と名前が一致しないどころか、ハンドルネームを聞いただけでは同僚かどうかわからない人も大半、という状況ですが、憂うことというより「そういうもの」と受け止めるようになってしばらく経ちます。

それこそ前述したユーザーリサーチのようなもので、1週間限定で多くの人たちに直接会うことは、会社のことや他のチームについての質的理解が深まる機会だと思います。多くの情報はオープンに、テキストデータその他としてアクセスできる形で常に存在しているけど、やっぱり対面で得られる情報はまた違うし、両方あってこそ役に立つ多面的な知識になるような気がしました。


リモートワークの会社の合宿がどんなものか気になった方は、#a8cgm というタグで他の人の投稿や写真も見られます(InstagramTwitter)。特に、Japanmattician の一人で北海道在住の Paolo の記事がいろいろ網羅されていて全貌を知るのに参考になりそうです。

Automattic 全社合宿 2016(カナダ、ウィスラー)

このブログの過去記事を読んだ方は目にしたことがあると思いますが、私が働いている Automattic という会社では「Grand Meetup」と呼ばれる全メンバーが集合する一週間の合宿が年に一回開かれます。今年は9月14日から1週間の日程で WordCamp Tokyo と完全に被ってしまったのですが、全員参加が必須ということで出席となりました。

大枠としては去年とかなり近いので、一体どんなものなの?と気になる方はこちらをご覧ください。

Automattic 全社合宿、2015年版

宿泊先はカナダのスキーリゾートであるウィスラー。9月中旬に雪はないのでオフシーズンですが、自然に囲まれたいい場所でした。

agrand-meetup-2016-opening

オープニングのスピーチ。

私は6月の WordCamp ヨーロッパの直前からこの合宿まで3ヶ月ほどサバティカル休暇を取っていて(Automattic には、5年働くと2〜3ヶ月の有給休暇を取得できる制度があります)、復帰第一弾の出張となりました。その間仕事はバックアップをしてくれる同僚に完全に任せていたので、チームメイトと顔を合わせて不在だった期間の情報収集ができる良いタイミングに戻ることができたと思います。

agrand-meetup-2016-team-global

Team Global

ここ数年、合宿中にはプロジェクトまたはクラスを選べるようになっているんですが、今年は WooCommerce のブログを書いているライターさんが主催するテキストライティングのクラスを選んでみました。テキストでのコミュニケーション能力は(少なくともこの会社での)リモートワークには欠かせないスキルなので、外部向けの文章の書き方だけではなくて普段の仕事をやりやすくするヒントももらえてよかったです。まだまだ練習の量が足りないなと思い、もっとブログも書いていこうという気にもなれたし。

その他のアクティビティとしてはレストランでの料理体験、中国茶・日本茶テイスティング、写真撮影ツアー、スウィングダンス教室などもやってやっぱり今年もめまぐるしかったです。

しかし、毎年増える社員のスケールに対応しつつも、フィードバックを元に全体的な改善が加えられているのが感じられて、このイベントを企画担当しているチームはホントにすごい。尊敬します。

懇親を深めたり、1年間分の士気を充電したり、普段やらない勉強やプロジェクトに取り組んで発見をしたり。500人近い人間が集まるのは大変なことですが、私たちのリモートワークチームには欠かせない年間行事だと今年も思える旅でした。

https://www.instagram.com/p/BKeRJ5rhAgE/
 
写真多めで英語記事も書いていますので合わせてどうぞ。
https://en.naoko.cc/2016/10/01/automattic-grand-meetup-2016-in-whistler/

全社合宿番外編・わぷーストーリー

前回参加した全社合宿は2013年で、第一回目の WordCamp ヨーロッパの直前。その時と大きく違うと感じたのは、社内でのわぷーの普及度の高まりです!

ラップトップのステッカー、Tシャツ、記念撮影用の小道具などなど、毎日あちこちでわぷーに遭遇して驚きました。

 
去年、会社からクリスマスプレゼントとしてもらった、特注わぷーソックスを履いている人も多数目撃。

Wapuu socks

先日、私設「非公式わぷーファンクラブ」サイト (wapuu.jp) まで作った世界一?わぷーを愛する同僚ニック・ハムジーが、WordCamp ロンドンで Wapuunk が誕生し、そこからわぷーが世界に広まるまでの経緯をブログにまとめています。

wapuu’s world domination | unofficial wapuu fan club

「Wapuunk(わパンク)」は、当時 Code For The People という開発会社にいたサイモン・ディクソンが、WordCamp ヨーロッパで私のプレゼンを見てくれたことをきっかけにスコット・エヴァンスというデザイナーにお願いして急遽作ってもらったそうです(同社は昨年 Automattic に買収され、サイモンもスコットも同僚として今回の合宿に参加していました。ニックの書いた記事は、数日前に交わした立ち話から生まれています)。

パンクスタイルという意表を突いたテーマとデザインの完成度などからこのわぷーは非常に注目され、スコットは WordPress 関連のニュースサイト「WP Tavern」でインタビューされることに。この記事がさらにきっかけとなり、その後次々と海外 WordCamp でのご当地わぷーが作られていきました。ちなみに Wapuunk の存在は日本でもなかなかの衝撃だったようで、「WordPressの日本公式キャラクター『わぷー』がロンドンでパンクに目覚める」という記事でも取り上げられていました。

サイモンの言葉を Tai さんが翻訳してツイートしてくれています。

わぷーは言ってみればただの画像データでしかないのかもしれないけど、日本だけではなく世界中の WordPress コミュニティに愛され、言葉を超えて多くの人をつなげる存在になっています。オープンな文化のおもしろさと、人々のクリエイティビティの幅広さを感じられるわかりやすい象徴でもあり、柔軟にカスタマイズできるデザインになっているところも WordPress らしいです。

このキャラクターを世界中で普及させているのは、わぷーを作り出してくれたカネウチさんはもちろん、すばらしいカスタムわぷーやわぷーグッズを作ったり、Twitter やブログなどでそれを共有しているコミュニティの人々。わぷーに関わることによって、WordPress がみんなの手で作られ、広められていることも理解しやすくなるのではないでしょうか。


さて、「わぷー大好き」なニックは今月末の WordCamp 東京に Automattic スポンサーブースの手伝いに来てくれることになりました。わぷーにまつわるどんなことでも聞きたい!と言っていたので、これまでに作られたカスタムわぷーのグッズやそれに関する話などあればぜひブースで声をかけてみてください。イベント後には、彼が東京で集めた新たなわぷーのストーリーが非公式わぷーファンクラブサイトに追加されるのではないでしょうか⁉︎