WordBench が「みんな」のものになったからこその、次のステップ。

西川さんの記事「WordBench は誰のもの?」に対する個人的考えです。

WordBench は誰のもの?

私自身 ja.wordpress.org (WordPress 日本語サイト) 運営などを通じて「WordBench.org の運営側」を担っている一人ではあるのですが、ここに書く内容はあくまでも私一人の考えであり、他の運営者とは異なる部分もあるかもしれません。

西川さんが書かれていること、率直に言って同意できる部分もあります。正論だと感じる部分も多いです。

コミュニティの成長によって生まれた意識のズレ

それをふまえて。
WordPress 日本語サイトの運営チームとして10年以上ブログの翻訳やら (ここ数年) イベントカレンダーの更新やらをしてきた中で、地域コミュニティの数が多くなり、関わる人が増えれば増えるほど今の体制ではやっていけないだろうという限界は感じていました。

数えてみたところ、過去1年間に限ってみても30地域近くの WordBench グループが活発に活動しています。一方、もくもく会、その他の勉強会もあり、それらを含めると40近いボランティアグループが日本各地で定期的に WordPress のコミュニティイベントを行っています。

WordBench をなくしてしまわなくても体制を変える方法は確かにあると思います。行動規範の発表はそのひとつのステップになるはずでしたし、その他にもカレンダーへのイベント追加手順など変更しようと計画しつつもまだ実行に移せていなかったこともありました。

ただ、行動規範の発表の方法や改訂の話し合いがスムーズにいかなかったことは、運営者側の意識と、受け取られ方のズレが知らないうちに大きくなりすぎてしまっていたことの現れだったのかもしれません。

WordBench 終了について思うこと

急な流れだと受け取った方も多かったのかもしれませんが、私はそういう反応の中で、WordBench を始めた三好さんがそれを終わらせるのを決断したことを尊重したいと思います。

WordBench を終えるべきときに終えることが日本の WordPress コミュニティに関わるすべての人のためになると信じてのことです。どうかご理解ください。

という思いとともに、私は未来のことを考えていきたいし、そのためにできることをやっていきたいです。

すでに、WordPress Meetup Handbook の翻訳に多数の方が協力してくれているのを見て、より多くの人が協力できる場を作ることの大事さも改めて実感しています。そして、WordPress のグローバルコミュニティが培ってきたノウハウから学び、そこへダイレクトにフィードバックしていくことは、今後日本と世界両方の WordPress コミュニティにプラスになっていくことだと思います。

WordPress コミュニティは、たくさんの人の力を合わせることで成長してきました。WordBench もその一つの例であり、矛盾しているかもしれませんが、今回 WordBench がなくなってしまうことも、数年経った時には正しい決断だったと感じられると信じています。

2008年3月に、こんなブログを書きました。10年後の今日、WordPress はその時に思っていた未来の予想を超えるほど多くの人に受け入れられるようになっています。

WordPress Japan の閉鎖について思う事

次のステップ

私のとっての次のステップは、引き続き前述の Handbook の翻訳に協力していくこと、そして今週と来週には新体制への移行を規模する方のためのオンライン相談会も行う予定です。

WordBench・その他勉強会からの WordPress Meetup 移行に関する相談会

恐らくこの一つのブログ記事だけではすべてを語れていないのですが、疑問点があればコメントでも Twitter でも自身のブログでも聞いてもらえればお返事したいと思います。

言葉尻を掴んで応酬し合い、疲弊することは誰も求めていないと思うのですが、そうではなくてそれぞれ自分の土俵で言いたいことを思う存分言うのは良いことだ思います。私達には幸い、誰でも「パブリッシング」できる WordPress というツールがあるのですし。

東京 GILT 会で「コミュニティとベンダーによるハイブリッド翻訳の取り組み」について話しました

土曜日に開催した【東京GILT会】ソフトウェアと翻訳 #1 勉強会で、WordPress.com を始めとする Automattic プロダクトの翻訳プロセスについて発表をしました。

コミュニティとベンダーによる
ハイブリッド翻訳の取り組み from Naoko Takano

コミュニティ(ボランティアユーザー)とベンダー(ローカリゼーションサービスプロバイダー)による翻訳にはそれぞれ長所と短所、向いているものとそうでないものがあります。さらにスライド内ではオンデマンド翻訳についても触れていますし、インハウスで社内の担当者が翻訳をするという状況もあります。

単純にどれが良い悪いということではなくて、プロジェクトの性質や規模に合わせて適材適所の選択をすべきなのですが、そのための情報というのが私が取り組みを始めた当時は(Web サイトやアプリに特化した話としては)あまりなくて、紆余曲折してきました。

スライドより抜粋。WordPress.com 翻訳プロセスのタイムライン。

結果的に私達は今、コミュニティとベンダーによる翻訳を両方採用し、それぞれの品質とプロセスの改善に取り組むというフェーズに入っています。

今回の内容は概要的な紹介なので、スライドだけ見て伝えられることは限られていますが、サイトやアプリの国際化(多言語化)に初めて取り組んでみようという方や、現在やっているけど他の方法も知りたいという方に参考になればと思います。

西野竜太郎さん「ソフトウェア・グローバリゼーションの概要」

西野竜太郎さん

順序が前後しますが、勉強会では西野さんの「ソフトウェア・グローバリゼーションの概要」という発表もありました(資料はこちら)。

個人的に印象的だったのは「翻訳を意識した GUI」の話でした。画面内のテキストを翻訳と置き換えると表示がはみ出したりずれてしまったりすることはよくありますが、それに対する根本的な解決策ってあるんだろうかと疑問に思っていました。

「あちらを立てればこちらが立たず、というようにケースバイケースで適切なものは違うので、その時々で調整が必要」ということを聞いて、絶対崩れないルールを作ろうと目指すよりは、テストやQAの充実にもっと力を入れたほうが現実的なんだということが知れてよかったです。

このプレゼンのベースになっている「ソフトウェアグローバリゼーション入門 国際化I18Nと地域化L10Nによる多言語対応」という彼の書籍は、この分野の基本的かつ最新の情報が網羅された貴重な一冊ですので、こちらもおすすめです!

今後の予定

次回の勉強会の日程はまだ決まっていませんが、LT大会なんかも良さそうだと思っています。

ソフトウェアの国際化やローカリゼーションに興味がある方はぜひ、connpass の「東京 GILT 会」グループをフォローして今後のイベント告知を受け取ったり、Facebook グループに参加して質問・投稿してみてください。

私もこの分野にはしばらく関わってきてはいるもののまだ学びたいことだらけなので、オンライン・オフライン含めて引き続き情報交換できればうれしいです。

WordCamp Tokyo 2017 参加者ネームタグ

勉強会・イベントコミュニティ向け、ゆうちょ任意団体口座の作り方

WordCamp Tokyo 用にゆうちょの団体口座を作ったのはもう2年ほど前になるのですが、たまにやり方について聞かれたりするのでブログにまとめておきます(WordCamp 男木島の計画が進んでいるとのこともあって、今更ながらやっと手を付けました…!)。

WordCamp Tokyo 2017 参加者ネームタグ

WordCamp Tokyo を運営しているグループは有志による任意団体であり、法人格はありません(法人としての契約が必要な会場のレンタルなどは、ボランティアスタッフとして関わってくださっているコミュニティコムの星野さんやタロスカイの吉川さんの会社を通じてお願いしてきました)。しかしイベント用に会計を独立させるため、ゆうちょの口座を持っています。

団体名義の口座開設についての公式情報

まずはゆうちょ銀行の公式情報から。「よくあるご質問 > 口座開設について」のページに、以下のように書いてあります。

団体名義で口座開設することはできますか。

マンション管理組合など、法人登記がされていない団体で、活動実績が確認できる団体に限り、口座開設が可能です。
手続きの際に次の証明書類等が必要です。
また、ご提出いただいた書類は、コピー(写し)をとらせていただきます。

  1. (1)定款、寄附行為、規則、規約(名称および主たる事務所の所在地に関する定めがあるもの)の写しで、かつ代表者または管理人による証明(記載内容が正しい旨、代表者のご住所・お名前および印章の押印)があるもの
  2. (2)ご来店者の公的な本人確認書類(運転免許証等、顔写真付きの証明書類)
  3. (3)ご来店者と団体の関係を証する書類(委任状等)
  4. (4)団体の活動実績が確認できる書類

※活動実績が確認できない場合は口座開設をお断りさせていただきます。

実際に持参したもの

これだけ読むと実際にどんな書類が必要なのか分かりづらいのですが、他の方のブログなどで下調べをして向かったので一回で口座を作ることができました。私の場合具体的には、

  1. 実行委員会規約書類を印刷、捺印したもの(下記参照)
  2. 顔写真付きの身分証明書
  3. 実行委員会名簿(同じく、下記参照)
  4. 過去のイベントのポスター、パンフレット
  5. 個人の印鑑

を持って行ったと記憶しています。

1の規約と3の名簿は Google Docs で一部編集して公開しました。もし必要でしたら以下を複製して使っていただいて構いません。

【サンプル】WordCamp Tokyo 実行委員会規約・名簿 – Google Docs

一般的には本人確認用として個人住所が書いてある身分証明書を持っていくことになると思いますので、規約内の代表者住所は同じものを書いておいたほうが無難だと思います。法人格のオフィスなどと自分を紐付けるものがあるならその住所を委員会の事務所所在地とすることも恐らくできるのでしょうが、そのために必要な書類などについては未確認です。ご存じの方がいたら、教えてください。

ポスターなど印刷物がなければ、活動の証明となるサイトのページなど、何らかを印刷して持っていけばいいと思います。

口座名は「WordCamp Tokyo 実行委員会」(ローマ字、空白スペースは実際は全角)としました。

クレジット・デビットカード

WordCamp Tokyo の口座ではカードは発行していません。各班長や担当者が支払いをする場面も多いのですが、申請してもらって事前振込み、もしくは建替え分を振込で返金という形で対応しています。その分手数料はかかるのですが、決済ができるカード情報を支払いが必要になる多数の人と共有するのは現実的ではないのでこのような運用となっています。

作成後にやること

オンラインで振込み、残高照会などをするにはゆうちょダイレクトの申込みが必要です。こちらは私の場合は個人名のみを書きました。窓口の方の指示に従うと良いと思います。セキュリティ対策は万全にし、合言葉とログインパスワードはランダムで長いものを設定しましょう。

トークン(ワンタイムパスワード生成機)も発行しておくと良いと思います。

参考にしたブログ

自分は「サークル名や個人商店名でゆうちょ銀行口座をつくる: 乙女の池袋」という記事を参考にしたのですが、それをベースに後日別の方が書かれた更新版「同人サークルで使える、ゆうちょ銀行の団体口座の作り方と名義変更の方法 | ありんこ書房」も、情報がまとまっています。両者の方々、どうもありがとうございました!

他にも「ゆうちょ 任意団体」「ゆうちょ 団体口座」など検索するとたくさん情報が出てきます。勉強会の団体に特化して書かれたものはあまり見かけない気がするので、今回のこの記事と規約の文章が誰かのお役に立てば幸いです。