WordPress ロゴ・名称の商標についての FAQ

WordPress のロゴや商標の扱いについてよく聞かれるので、いつも回答している内容をブログ記事としてまとめておきます。

まず前提として、「WordPress」「WordCamp」の名称及びロゴの商標について書かれている公式ドキュメンテーションの日本語版はこちらです。

商標について

公式ロゴのファイルは、こちらからダウンロードできます。

よくある質問

上記のページのみでは具体的なことがわかりづらいかもしれませんので、よくある質問と私が行っている回答をご紹介します。

以下は、私個人が過去に WordPress Foundation の担当者や Automattic の法務部とやりとりを通して得た理解の範囲に基づいた説明になります。これは法的におかしいんじゃないか、とか、自分は Foundation から違う回答をもらった、ということがあればご指摘いただければさらに更新・改善していきたいと思いますので、ぜひよろしくお願いします。

WCUS での WordPress グッズ販売テーブル

Q: WordPress という単語をサービス名に使っても良いのですか?

商標ページの、以下の部分が参考になると思います。

WordPress の名称やロゴを自らのサービスの説明のために言及することができますが、製品・プロジェクト・サービス・ドメイン・会社名の一部として使うことや、WordPress ファウンデーション・WordPress オープンソースプロジェクトとの提携や公式推薦をほのめかすような使い方はできません。

引用が続きますが、さらに詳しい例として、

例えば、「いろはウェブサービス 〜中小企業向け WordPress コンサルティングサービス〜」というような使い方は問題ありませんが、「WordPress コンサルティングサービス」という団体名を名乗ることはできません。WordPress テーマ関連の企業が「世界トップレベルの WordPress テーマを提供するABC テーマ」といった説明をするのはかまいませんが、「WordPress テーマポータル」というような名称を使うことはできません。

また、WordPress・WordCamp のロゴを、製品やサービスを説明するページ内で使うことはできますが、企業・製品ロゴやブランディングの一部としては利用することはできません。

という部分も。企業・製品ロゴやブランディングの中心に WordPress の名称やロゴを使うのではなく、あくまでも説明・補助的な目的で使ってくださいという形です。

「WP」や「〜Press」などは商標登録されているわけではないので制限はありません。

Q: WordPress のロゴを書籍の表紙やイベント告知に使いたいのですが、どのような形なら適切ですか。

サービス名に関する質問と同じく、あくまで「説明・補助的な目的」としての配置が望ましいと思われます。メインビジュアルとして WordPress のロゴを使うのではなく、他のロゴやビジュアル要素がメインとなっていれば問題はないはずです。

Q: WordPress という単語をドメイン名に使えないって本当ですか。

トップレベルドメインに関しては利用制限があります。詳細は WordPress ドメインポリシーをご覧ください。

Q: WordPress.org サイトのスクリーンショットを書籍やサイトで紹介してもよいですか。

はい、大丈夫です(と、こちらに明記されています)。

Q: 商標・ロゴ・ドメイン利用に違反している例を報告したいのですが。

WordPress Foundation のお問い合わせフォームから報告できます。英語で書く必要がありますので、どうしてもヘルプが必要な際は WordPress 日本語サイトのお問い合わせフォームを利用していただくのもありかと思います(すぐにお返事できるかは分かりませんのでご了承ください)。

Q: 商標やロゴ利用について、WordPress Foundation に問い合わせたのですが返事がありません。

商標ページに書かれた説明ですでにカバーされている回答に関しては、返事がない場合があるようです。

Q: 違反するとどうなるの?

いきなり訴訟を起こされるということはありませんが、指摘があってもやめないなど聞き入れてくれない相手に対してはそういうこともまったくないわけではないようです。過去に、「WordPress」を含むドメインの利用について訴えられ示談になったという事例が2015年にありました。最終的にはドメインは WordPress Foundation に移管されたようです。

Q: なぜ名称やロゴを自由に使わせてくれないの?

WordPress はオープンソースのプロジェクトなのに、どうしてそんなにルールがいっぱいあるの?とお思いの方もいるかもしれません。その理由をひとことで言うとすれば、「WordPress のブランドイメージを保護するため」ではないでしょうか。オープンソースであり、派生物がたくさんあるからこそ、いわゆる公式なものとそうではないものを区別してユーザーを混乱させない必要性は一層高くなっていると思います。

まったく使えないわけではないので、ルールを理解して活用していきましょう!

さいごに

それから、WordPress のロゴや名称のみをメインブランディングとして使ってしまっては、そのサービスやプロダクト固有のブランディングがほぼなくなってしまうという面もあります。印象に残るオリジナルのロゴや名称を作ってアピールしつつ、WordPress 関連のものであることを分かりやすく示すほうが長期的にはプラスに働くと思いますよ。

WordPress.org / WordPress.com / Automattic ロゴ

WordPress / Automattic / WordPress.com の違いとは。

ここ最近、WordPress / WordPress.com、それから Automattic / WordPress.org コミュニティ、というそれぞれについて事実と異なる認識がよく存在するのを意識する出来事が何度かあったので、その誤解を解ければと思い改めて記事にしてみます。

WordPress.org / WordPress.com / Automattic ロゴ

基本的な違い

WordPress」とは、「オープンソース・ソフトウェア WordPress」のことを呼ぶ際に使われます。これは、WordPress.org から誰でも無料でダウンロードしてインストールできるソフトウェアのパッケージです。開発しているのはボランティアとして参加している貢献者のコミュニティです。

私が勤めている会社 Automattic のプロダクトは、「WordPress.com」です。これは、いわゆる SaaS 型「レンタルブログサービス」。一企業がオープンソースソフトウェアをベースに開発・提供する、Web サービスとしてのブログ・サイト作成プラットフォームです。無料プランと有料アップグレードプランが存在します。

よくある誤解の例と正しい事実

  • 「WordPress 開発元の Automattic」
  • 「WordPress.com 開発・運営元の Automattic」
  • 「WordPress は Automattic のプロダクト」
  • 「WordPress というプロダクトの著作権は貢献者全員のものであり、商標を保有しているのは WordPress Foundation である」

WordPress をダウンロードするとパッケージに含まれる license.txt には、”Copyright 2015 by the contributors” と書かれています。

  • マット・マレンウェッグは WordPress というスタートアップ企業を始めた人」
  • 「マット・マレンウェッグは WordPress という OSS プロジェクトと Automattic という企業を始めた人」

「WordPress」という会社はなく、「WordPress で働いている」人もいません。ただし、それぞれが所属する会社の業務の一部として(開発を含む)WordPress コミュニティへの貢献をしている人たちは Automattic 社員も含めてたくさんいます。

WordPress オープンソース開発のポータル、make.wordpress.org。

WordPress オープンソース開発のポータル、make.wordpress.org

企業である Automattic の本社はサンフランシスコにあり、社員が通うオフィスではなく「ラウンジ」というイベントスペース的建物が存在します。

Automattic ラウンジ外観

サンフランシスコの Automattic ラウンジ

ロゴの違い

WordPress と WordPress.com のロゴには違いがあります。

WordPress.org ロゴ

オープンソース版では丸に囲まれた「W」の外側にさらに細い縁取りをしたマークがおなじみです。ロゴタイプには、Mrs. Eaves というセリフフォントが使われています。

WordPress.com ロゴ

一方、WordPress.com では外側に追加の縁取りがないマークを使っています。以前はロゴタイプのフォントもオープンソース版と同じだったのですが、2013年に Open Sans が採用されました。

配色の違い

WordPress.org 配色ガイド

オープンソース版 WordPress では、ソフトウェアの管理画面や公式サイトの基本色は濃いめのブルーやオレンジ、グレーとなっています。

WodPress.com カラーパレット

一方 WordPress.com のメインカラーもブルーですが、少し彩度が高くモダンな感じの印象。オレンジ、グレー、その他の差し色も用意されていて、新ダッシュボードで使われています。

それぞれのロゴ・配色などのスタイルガイドは以下で公開されています。用途に応じて、正しく使っていただければと思います。

WordPress.org » Logos and Graphics

WordPress.com Design Handbook

混乱のもととなる原因と、解決方法

そもそも、誤解されてしまうのも仕方ないとは個人的には思ってます。なんといっても、WordPress / WordPress.com という呼び方がややこしい!自己紹介するときなど、所属会社とコミュニティの違いなどを説明しつつ「ややこしくてすいません…」と正直思っています?

また、WordPress も WordPress.com も、そして Automattic も WordPress Foundation も創始者はすべて同じ人。あえて非営利・営利団体としての活動を分けるためにそれぞれを作ったという背景がありますが、これもきっと混乱を招く理由のひとつとなってしまっているのでしょう。

WordPress.com の名称を変えるという案も話し合われたことはあったようですが、ブログのドメインの一部になっていることもあり実現には至りませんでした。今後も、根気よく誤解を解いていくのが残された道なのかなとは思います。分からないことがあればいつでも聞いてください!

関連リンク

怪しい WordPress テーマ・プラグイン・ブログ記事を見分けるための小ネタ

国内外のサイトで WordPress についての情報を集めるにあたって、「怪しいかもフラグ」が立つちょっとした小ネタを集めてみました。頷いていただける方は多いはず。

間違ったロゴを使っている

社内ではロゴの間違いを見つけると「fauxgo alert!」という声(fauxgo = フェイク+ロゴ。英語発音は「フォー・ゴー」)が誰かから飛んできますが、そんな造語ができるほど残念ながらよく見かけるロゴの間違い。下の図を見ると、よく間違われているロゴ(左)と正しいロゴの違いが分かるはず。

WordPress ロゴ比較

左側を使う人がいるのは、あるブロガーが作った間違いロゴ画像をアップロードしたものが Google 画像検索でよく引っかかるようになってしまったから。現在はロゴを公式サイトからダウンロードできるようになっていますが、ググって出てきた非公式の画像を勝手に転載してしまう人が後を絶たない模様。もともとダウンロードしやすくしておくべきだったのかもしれませんが、いまは上記の比較画像をロゴページに載せたり、間違いが起こらないように告知が行われています。 続きを読む