WordCamp Tokyo 2017 参加者ネームタグ

勉強会・イベントコミュニティ向け、ゆうちょ任意団体口座の作り方

WordCamp Tokyo 用にゆうちょの団体口座を作ったのはもう2年ほど前になるのですが、たまにやり方について聞かれたりするのでブログにまとめておきます(WordCamp 男木島の計画が進んでいるとのこともあって、今更ながらやっと手を付けました…!)。

WordCamp Tokyo 2017 参加者ネームタグ

WordCamp Tokyo を運営しているグループは有志による任意団体であり、法人格はありません(法人としての契約が必要な会場のレンタルなどは、ボランティアスタッフとして関わってくださっているコミュニティコムの星野さんやタロスカイの吉川さんの会社を通じてお願いしてきました)。しかしイベント用に会計を独立させるため、ゆうちょの口座を持っています。

団体名義の口座開設についての公式情報

まずはゆうちょ銀行の公式情報から。「よくあるご質問 > 口座開設について」のページに、以下のように書いてあります。

団体名義で口座開設することはできますか。

マンション管理組合など、法人登記がされていない団体で、活動実績が確認できる団体に限り、口座開設が可能です。
手続きの際に次の証明書類等が必要です。
また、ご提出いただいた書類は、コピー(写し)をとらせていただきます。

  1. (1)定款、寄附行為、規則、規約(名称および主たる事務所の所在地に関する定めがあるもの)の写しで、かつ代表者または管理人による証明(記載内容が正しい旨、代表者のご住所・お名前および印章の押印)があるもの
  2. (2)ご来店者の公的な本人確認書類(運転免許証等、顔写真付きの証明書類)
  3. (3)ご来店者と団体の関係を証する書類(委任状等)
  4. (4)団体の活動実績が確認できる書類

※活動実績が確認できない場合は口座開設をお断りさせていただきます。

実際に持参したもの

これだけ読むと実際にどんな書類が必要なのか分かりづらいのですが、他の方のブログなどで下調べをして向かったので一回で口座を作ることができました。私の場合具体的には、

  1. 実行委員会規約書類を印刷、捺印したもの(下記参照)
  2. 顔写真付きの身分証明書
  3. 実行委員会名簿(同じく、下記参照)
  4. 過去のイベントのポスター、パンフレット
  5. 個人の印鑑

を持って行ったと記憶しています。

1の規約と3の名簿は Google Docs で一部編集して公開しました。もし必要でしたら以下を複製して使っていただいて構いません。

【サンプル】WordCamp Tokyo 実行委員会規約・名簿 – Google Docs

一般的には本人確認用として個人住所が書いてある身分証明書を持っていくことになると思いますので、規約内の代表者住所は同じものを書いておいたほうが無難だと思います。法人格のオフィスなどと自分を紐付けるものがあるならその住所を委員会の事務所所在地とすることも恐らくできるのでしょうが、そのために必要な書類などについては未確認です。ご存じの方がいたら、教えてください。

ポスターなど印刷物がなければ、活動の証明となるサイトのページなど、何らかを印刷して持っていけばいいと思います。

口座名は「WordCamp Tokyo 実行委員会」(ローマ字、空白スペースは実際は全角)としました。

クレジット・デビットカード

WordCamp Tokyo の口座ではカードは発行していません。各班長や担当者が支払いをする場面も多いのですが、申請してもらって事前振込み、もしくは建替え分を振込で返金という形で対応しています。その分手数料はかかるのですが、決済ができるカード情報を支払いが必要になる多数の人と共有するのは現実的ではないのでこのような運用となっています。

作成後にやること

オンラインで振込み、残高照会などをするにはゆうちょダイレクトの申込みが必要です。こちらは私の場合は個人名のみを書きました。窓口の方の指示に従うと良いと思います。セキュリティ対策は万全にし、合言葉とログインパスワードはランダムで長いものを設定しましょう。

トークン(ワンタイムパスワード生成機)も発行しておくと良いと思います。

参考にしたブログ

自分は「サークル名や個人商店名でゆうちょ銀行口座をつくる: 乙女の池袋」という記事を参考にしたのですが、それをベースに後日別の方が書かれた更新版「同人サークルで使える、ゆうちょ銀行の団体口座の作り方と名義変更の方法 | ありんこ書房」も、情報がまとまっています。両者の方々、どうもありがとうございました!

他にも「ゆうちょ 任意団体」「ゆうちょ 団体口座」など検索するとたくさん情報が出てきます。勉強会の団体に特化して書かれたものはあまり見かけない気がするので、今回のこの記事と規約の文章が誰かのお役に立てば幸いです。

WordCamp Tokyo 2016 めっちゃ行きたいけど行けない人向けの楽しみ方

WordCamp Tokyo 2016、とうとう今週末となりました!

今年の初めに「WordCamp Tokyo 2016の委員長をやろうと思ったわけ」というブログを書きましたが、それから約8ヶ月。実はその後、全社合宿と完全に日程がぶつかってしまうことが判明してしまいました。粘ってみたものの、500人が出席する年一度の行事ということで全員出席必須というルールの例外は認めてもらえず。

というわけで、大変無念ながら実行委員長ではなく副委員長として準備に参加してきました(現委員長は高橋文樹さん)。

そんな私ならではのブログ記事、今年はこのネタ以外はないでしょう。

「リアルイベントには参加せずに WordCamp Tokyo 2016 を最大限に楽しむ方法」

まずは基本、SNS

今回は動画のライブストリーミングは予定されていませんので、リモート参加といえば SNS。

Twitter でハッシュタグを忘れてツイートしている人もけっこう多いので、公式アカウントによるリツイートもフォローしておくと見落としがありません。

追いかけるだけではなくて「遠くから関心を持ってますよ!」「行きたかった〜」という思いをつぶやいていただけるとスタッフも喜びます。

バナーや Facebook カバーで応援!

サイトに貼れるバナーはもちろん、誰でも使える「応援しています」カバー画像も用意しています。 ぜひご利用ください!

応援バナー

スピーカーのブログ・著書・過去の講演を見てみよう

気になるセッションがあったらスピーカー情報をチェック。ブログや著書、過去の講演スライドや動画に辿り着いたら、そのトピックのことがもっと学べるはずです。

イベント公式ブログのインタビュー記事や、過去の WordCamp Tokyo の動画を見てみるのもお忘れなく!

wordpress-tv-wct2015

扇わぷーで遊ぼう

扇わぷーのデータファイルは Github に公開されています。

WordCamp Tokyo 2016 と一緒に盛り上がるために自分で楽しむグッズをなにか作ってみるというのもアリですね!

コントリビューターデイにリモート参加

今年はコントリビューターデイ中に WordSlack (wpja.slack.com) が使われる予定です。事前参加しておいて、気になる話題のチャンネルに join しておけばリモート参加気分を味わえるかも。

実況などが行われるわけではありませんが、一緒にコントリビュート作業しながら質問があればチャンネルで発言して見るのをおすすめです。


9月17日、18日私はカナダ西部のウィスラーに居るため時差もあるのですが、遠くからできる限りイベントを追いかけてみたいと思います。

もし参加できるけど迷っているというかたは、今すぐ参加登録して行けない人の分までぜひ楽しんできてください!

WordCamp Tokyo 2016 のチケット申し込みページ

CampTix プラグインと Gravatar 画像を使ったイベント名札

イベントの際に画像入りの名札(バッジ)を作ると来場者のオンラインプロフィールと結びつけやすくて便利ですよね。WordCamp Foundation のアンドレアが、Gravatar x CampTix プラグイン x InDesign を利用して名札を作る方法を説明した plan.wordcamp.org の新しいリソースページについて教えてくれました。

WordCamp San Francisco 2013 Badge

ざっくりと手順を書くと、

  1. CampTix プラグインを設定し、参加者にチケットを購入・登録してもらう
  2. チケット登録者情報を CSV ファイルで書き出す
  3. データ変換用スクリプトをカスタマイズして走らせ、Gravatars 画像を取得する
  4. InDesign のサンプルテンプレートを使って名札のデザインをする
  5. InDesign のデータ結合機能で CSV ファイルと関連づけをする
  6. PDF としてエクスポートする

といった感じです。上記の WordCamp サンフランシスコ 2013 のバッジのように、画像だけではなく登録名・Twitter アカウントなどもテンプレートに含めることができますので、イベント開催時に大量にカスタム名札を刷りたいという方には参考になるかと思います(今回の WordCamp Tokyo は画像入り名札配布予定はありません)。

WordCamp.org のサイトにも組み込まれているCampTix Event Ticketing プラグインは現在のバージョン 1.4 から私が日本語化したファイルも加えてもらっています。WordPress でイベントチケットを販売・配布したい時にはぜひ試してみてください。現在は PayPal のみ対応ですが、拡張機能のプルリクエストも GitHub で受付中とのことですよ。

CampTix Screenshot