神戸コミュニティの集大成!WordCamp Kobe 2013 #wckobe

日曜日、スペースアルファ三宮で開催された WordCamp Kobe 2013 に参加しました。神戸での WordCamp は2011年以来2度め。「One Day School」というイベントのコンセプトどおり、参加者の皆さんが熱心に話を聞き新しい知識を吸収しようとしている姿が印象的でした。

WordCamp Kobe わぷーぬいぐるみ

神戸の WordPress コミュニティが蓄積したコンテンツの集大成

実行委員長の中本さん(ブレンさん)が開会あいさつで話されていた通り、この WordCamp はまさに、これまでの WordBench 神戸の積み重ねを形にしたイベントだったと思います。日本国内の WordCamp で3000円という価格の有料開催は初だったのですが「来てくれた方に、参加費以上のものを持ち帰ってもらいたい!」という委員長やスタッフの意気込みがほんとうに伝わってくるようなコンテンツでした。

ブレンさんは、WordPress Foundation が発表している WordCamp ガイドラインをしっかり理解して、正しい知識を WordPress ユーザーの方に伝えることに関してとても力を注いでおられました。解釈が合っているかどうか確認するために掘り下げた質問を投げてもらったりというやり取りを通してイベント全体への真剣な姿勢を本当に感じました。

発表資料など

私は朝一で WordPress in Japan というプレゼンをしました。スライドは Slideshare で見ていただけます。

WordCamp Kobe: WordPress in Japan

スウェーデンから参加した同僚の Karim の資料についてはこちらに PDF としてアップされています

ライブ会場のような懇親会

お勉強モードのイベント本編とは打って変わって、懇親会の方はわいわいとしたモード。コスプレ委員長&ドラ娘のインパクトなのか、松野尾さんによる司会進行のおかげなのかは不明ですが、ライトニングトークでは大声のコールアンドレスポンスもあってまるでライブ会場みたいに盛り上がっていました。大曲さんも、ロックスターみたいだったよ。大きなステージとプロジェクタのある懇親会スペース、良いですねー。

Karim も、日本の WordPress コミュニティのパワーには驚いていました。ヨーロッパではお互いの国が近いというのもあり、国内でいくつも活発なローカルコミュニティが存在するということは少ないようです。

これからも、それぞれの地域らしいやりかたでみんなが活動を続けることで刺激を与え合う事ができるはず。私も今回のイベントで神戸の皆さんの活動を見せてもらってすごく刺激になりました。委員長、スタッフの皆さん、ほんとうにおつかれさまでした。すばらしい WordCamp をありがとうございました!

2013 06 15 12 22 49 HDR

その他のブログのレポート記事

神戸コミュニティの集大成!WordCamp Kobe 2013 #wckobe」への1件のフィードバック

コメントを残す