WordBench 東京 × 地域ブロガーの会

WordBench 東京8月・地域ブロガーの会共催「勉強会の仕方」

土曜日に、WordBench 東京と地域ブロガーの会の初共催となるイベントを行いました

現在、東京では WordBench 羽田(大田区タイムズ)、三鷹(ミタカマグ)、北千住(北千住プレス)、二子玉川(futaloco)、といったように、WordPress を使っている地域ブログ・メディアの主催者の方が中心となってスタートしたグループが多数あります。

地域情報を発信している方など、地元で WordPress のことを学ぶ場を持ちたいという場合にどうすればよいのかを共有できると良いのでは、ということで、「勉強会の仕方」を取り上げる会となりました。

WordPress Meetup の参加方法などについてお話しました

今回、WordBench が9/23に終了するタイミングということで、私のセッションでは WordPress Meetup チャプタープログラムの参加方法、そして商標・ライセンス・ロゴの正しい使い方をご紹介しました。

WordPress Meetup
 チャプタープログラム参加ガイド from Naoko Takano

その他、清野くんから勉強会を通じた WordPress へのコントリビュートについてのセッション、LTでは九十九里浜・二子玉川の勉強会についての話と、地域情報 API のアイディアや、スポット情報紹介の Lockets(と、その WordPress プラグイン)の紹介などがありました。

今後が非常な楽しみな展開も…!

みんな共通の話題は、やっぱり Gutenberg!

質疑応答の時間には、少しオフトピックながら今皆さんが一番動向を注目しているとも言える Gutenberg についての質問も次々と。これは今、かなり盛り上がる勉強会のトピックだなというのを実感しました。「みんなで Gutenberg を使ってみる会」として、疑問や使い方のコツを共有するイベント、おもしろいと思いますよ。

(WordCamp Tokyo の Gutenberg 関連セッションもお楽しみに!)

セッション情報第三弾:Gutenberg 開発チームのあの人も!新エディターについて学べるセッション

動画アーカイブ

動画アーカイブはこちらでご覧いただけます(開始は17分マークのあたりから。 私のセッションは1時間のマークのちょっと前あたりです)。

補足情報

2016年10月の WordPress イベント情報

ここ1ヶ月くらい、毎週月曜の午後に WordPress イベントカレンダーの更新作業を定期的に行っています。

WordPress イベントカレンダーは手動更新なのですが、最近は eventdots.jp の新着イベントフィードを活用させてもらっていてだいぶ手間が省けるようになりました(WordPress コミュニティ運営イベントの原則と照らし合わせて手作業で選んでいます)。

今月はまだ2週目ですがけっこうな数の登録が集まっているので、現時点での10月 WordPress イベントをご紹介!

長野、東京、宮城、愛知、京都、大阪、山口、兵庫、山梨、岐阜、福井

という計11都府県での開催が予定されています。各地の皆さん、都合が合えばぜひ参加してみてください!

2016年10月の WordPress イベント

私は6日の WordPress Meetup Tokyo に参加予定で、22日の WooCommerce 勉強会も別の用事が入らなければ行こうと思っています。山梨の WordWine もすごい楽しそうなんですが残念ながら今年は見送りかも。

2016年10月1週目

すいません、すでに終わってしまいましたが、10月1日(土)に WordBench 長野と東京・蒲田 PiO のコワーキングスペース bizBEACH でのもくもく会が開かれていました!

2016年10月2週目

2016年10月3週目

2016年10月4週目

2016年10月5週目

おそらく今後もまだ増えていくと思うので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてもらえればと思います。「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載していますので、掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

WordPress Meetup Tokyo 27: SkyVerge のフルビオさんを迎えて

月曜の WordPress Meetup Tokyo (東京の英語話者向け WordPress コミュニティ) では SkyVerge 社のフルビオ・ノタルステファノさんと職人工房の田中昌平さんのお二人をゲストとして迎え、働き方や WooCommerce について話していただきました。

60個以上のプラグインを公開している SkyVerge の働き方

Fulvio Notarstefano at WordPress Meetup Tokyo

フルビオさんはイタリア出身・元マレーシア在住の開発者で、現在は東京にしばらく滞在されています。この後どこ行くの?と聞いたら、アメリカで全社合宿があるので行って、その後は決めてない。とのことでした。今回は「リモート・ファクトリー・ツアー(遠隔工場見学)」というタイトルで、SkyVerge 社がどのように開発を行っているかを紹介してくれました。

彼の働く SkyVerge は WooCommerce の無料・有料エクステンションを多数配布しており、現在サイトに掲載されているのは68個。「エクステンション」とはプラグインをさらに機能拡張する「プラグインのプラグイン」のようなものです。さらに、Shopify (ASP 型ショッピングカートサービス) のアプリや、SellwithWP という EC 向けブログも運営。社内には Woo 関連の開発をするチームとそれ以外という形でだいたい2つに分かれているそうです。

2人のファウンダーが2012年にスタートし2013年に法人化された SkyVerge。約4年で、6ヶ国に12人のリモートワークスタッフを持つ会社に成長しています。フルビオさんは直接話をした時もこのセッションでも「SkyVerge の働き方は Automattic とよく似てるよ」と何度か言っていたのですが、Automattic と一緒になる前の Woo もそういった傾向は強かったし、オープンソース的コラボレーションが当たり前になっている WordPress 界隈ではリモートワーク型企業が成長しやすい土壌があります。

SkyVerge チーム

使っているツール (Slack、Zoom、Github など) や、できることは自動化する・社内フレームワークを公開するという姿勢も似ています。ひとつ少し違っているのは、SkyVerge では Harvest というタイムトラッキングツールで「何にどれだけ時間をかけたか」をログすることで開発費の費用対効果を測るということでしたが、Automattic では日々の業務時間やその内訳、休日の数を測ることは基本的にないという点です。これについてマット (Automattic CEO) は、長期的に見てそのほうが生産性は上がると思う、ということを言っていました。

最後に出た「WooCommerce コミュニティは Automattic による買収をどう見てるの?」 という質問に、「結果的に WooCommerce が成長することにつながっていると思うので、好意的に見ている人は多いと思う」と答えてくれていたのでホッとしました ?

SkyVerge – Remote Factory Tour from Fulvio Notarstefano

WooCommerce ver 2.5: New Features

田中昌平さん @ WordPress Meetup Tokyo #27

続いて WooCommerce 関連の日本語対応を行っている職人工房の田中さんによる、WooCommmerce の最新情報。

WooCommerce はまだまだ日本での知名度はそう高くはないですが、世界の EC サイト全体では30%というシェアを占めています。WordPress プラグインの中でもエクステンションが多く、フィルターやフックで簡単に機能をカスタマイズしたり、WordPress で培ったノウハウを活かして表示のスタイリングもしやすいのが特徴。

メイン機能は5種類でプロダクト管理、アカウント管理、クーポン、税金/支払い/送料計算、WooCommerce API。

新バージョンの 2.5 では WooCommerce CLI、セッションテーブル、チェックアウトフロー、税率表示のインターフェース (backbone.js を使用) が更新されました。また、REST API も強化。

田中さんが開発している国内向け決済システム用エクステンションは、以下の5つ。

ちなみに他にも日本の決済システムに対応しているエクステンションはちらほらあって、今年の WordCamp 副委員長の高橋文樹さんも WebPay プラグインを公開していたりとか。もちろん、PayPal や Stripe といった国際的に人気のシステム向けのものは常に最新版に対応したものが出ています。


以上、長くなってしまいましたがイベントレポートでした!

次回の WordPress Meetup Tokyo の日付はまだ未定ですが、英語の WordPress コミュニティがどんなものか気になる方はぜひ Meetup.com からグループに参加して今後のイベントのお知らせを受け取ってください。また、今月行われる他のイベントについては前の記事をどうぞ。