Automattic が(本当に)オフィスを廃止した理由

先日、ビジネスニュースメディア Quartz で Automattic が SF にあるオフィス(社員向けコワーキングスペース/ラウンジ)を手放すことにした件が取り上げられていました。

The company behind WordPress is closing its gorgeous San Francisco office because its employees never show up

Automattic はリモートワークの社員ばかりで「思ったより活用されないので」というのが簡潔な理由なのですが、「じゃあなんでそもそも420坪もあるスペースを作ったの?」という疑問もあるかと思います。詳しい理由について、新プロダクト開発チームリードのトニー・シュナイダーがブログを書いているので抜き出して訳してみます。

When a company grows, but the office shrinks

  1. そもそも、借りていたもっと小さいスペースを立退きする必要があったので引っ越した。その頃は100人中15人の社員がサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいたので、社員が5倍くらいになる頃には広いスペースが必要になると考えていた
  2. 実際5倍にはなったものの SF エリア外で雇われる人の割合がかなり増え、エリア内の人も雇われてから遠くに引っ越したりするケースが多かった。現在32人いるエリア内の社員のうち、多くても半分以下くらいしか一度に集合することはない。
  3. チーム合宿にも使う目的を想定していたが、SF に宿泊するコストが当初よりかなり上昇し、使えるオフィススペースを勘案しても他で合宿するほうが安くなった。

5年前には「アメリカ:それ以外在住の社員」の比率は65:35だったのですが、現在は半々になっていることも書かれています。

まあ言ってみれば色々と予想が外れた、ということですね。「分散型企業は、本人たちが思ったよりも分散して成長した」とも言えます。

オフィスの写真・動画

私が最後に訪問したのは2013年の秋だった模様。その頃社員が200数十人?だったと思うのですが、最初で最後となったこのオフィスでの全社合宿の時でした(日程の半分は、サンタ・クルーズに移動して行われました)。

↑ 動画が再生されない場合はこちらで。

もうあのスペースを訪れることはないですが、オフィスがなくなっても日々は変わらず、私たちは WordPress.com と Slack、その他オンラインにある仕事場でこれからも分散しつつ仕事をしていくことでしょう。次に同僚と顔を合わせるのは来週末の WordCamp Kyoto!楽しみです。