私は単に「環境に良い」だけじゃなく、「合理的」とか「便利」とかいった条件も両方満たされるようなアイディアが好きです。だってそういうものでないときっと広まっていかないし、実用的ではないと思うので。

BookMoochロゴその条件にぴったり合う私の愛すべきサービスがあります。それは「BookMooch(ブックムーチ)」という、本の交換ができるサイト。Twitterでもつぶやいたのですが、このサイトに日本語版ができたことに気づいたのでご紹介します。

アメリカには古本屋さんも一応あるのですが、みんなが積極的に売買しているわけでもなくって、読んだら地下や物置にしまいっぱなし、ってことが多いような気がします。

スペースが広いからそれが可能というのはいいんですが、きっとゆくゆくは捨てられてしまうか古紙としてリサイクルという運命にあることがほとんど。リサイクルはもちろんいいことですが、それを行うこと自体にもエネルギーが必要ですし、すでにあるものをそのまま再利用する方が効率的なことは間違いありません。

古本だってせっかくまだ本としての価値があるのに、数回読んだだけで使われなくなってしまうなんてもったいない。そこで、BookMoochの出番です。

BookMoochのはじめかた

簡単に説明しましょう。

このサイト内では、クレジットカードの登録やペイパルアカウントなど何もいりません。本をもらうために必要なのは、

  • 物置や本棚の奥から引っ張り出してきた古本(まずは10冊)
  • 本を入れる封筒
  • 宛名書き用ペン
  • 送料(アメリカ国内ならペーパーバック1冊の場合2ドル弱)

これだけ。

入会して10冊手持ちの本を登録すると、1クレジットになるので、1冊と交換できます。さらに、あなたの本が誰かからリクエストされて、送ってあげれば1クレジットもらえます。この繰り返しでお金を使わず読みたい本が読め、いらない本は誰かに読んでもらえるというしくみ。

本の値段に関係なく、かかる費用は切手代だけです。自分の国以外から送ってもらう場合、2クレジット必要になりますが、逆に海外に送ってあげると3クレジットつくようになっています。

大半は英語の本なのですが、日本語の本他の言語の本もたくさんあります。本屋さんでも手に入りにくい国の本を必要としている人にも役に立ちそう。

この他にも図書館などに古本を寄付するという方法もありますね。でも、図書館だってみんなの古本をエンドレスに受け取るわけにはいかないし、必要としている本がもらえないということもあるはず。あげたい人と読みたい人両方が幸せになれるこういうサイトのサービスはもっと合理的だし、ネットならではだなと思います(実際、創業者のJohn Buckmanは図書館に大量の本を持って行ったものの、結局置く場所がなくて捨てられてしまったことからこのサイトを始めたとか!)。

BookMoochは著者の敵?

本の著者にとってはこんなサイトが人気になったら問題じゃないの?という声もあるかもしれませんが、私はあんまりそう思わないんですよね。自分の場合、無料で音楽が聞けるサイト(たとえばLast.fmとかPandora Radio、そしてYouTubeも)をよく使うようになって、今まで知らなかった曲を発見したり買ったりする機会が増えたし、同じようにBookMoochを眺めている間に在庫にない本が欲しくなって買うこともあります。

BookMooch自体もAmazonからの収入で成り立っているらしいし(参考:Bookmoochの裏側にあるビジネス)、こういうサイトが活発化することによって読書自体を促進することになるのではないかな?と思うんです。

その他の物々交換サイト

他にも本やCDなどをはじめとして、交換サイトはほんとにいろいろあります。サイトは英語のみですが、U-Exchangeなどは世界のどこでも参加可能のようです。

ZunafishSwitchPlanetSwaptree(以上3つはCD・DVD・ゲームもあり)、TitleTraderPaperBack SwapFrugalReader
DVD、CD、ゲームなどのメディア
Peerflix(DVDを3ドルから購入可能)、Goozex(ゲーム)
服や靴
Swango(郵送料、クレジット+小額のお金が必要)、Kizoodle(子供服など)、

「なんでも」
U-Exchange(車とかボートまであります)、SwapThing

BookMoochロゴライセンス:Creative Commons Attribution 2.5 license

本の無料交換サイト、BookMoochが日本語化」への10件のフィードバック

  1. コンセプトはすごくいいですよね。
    すごく使いたいと思うけど、実際には本を送るのが
    面倒で使わなくなりそうな気もします。。。

    日本ではこんなこともあったみたいですよ。
    アマゾンのデータ提供中止により、CD交換サイトの運営がピンチに
    http://akhk14.jugem.jp/?eid=362

  2. soさん

    あー。確かに郵便局行くのは面倒ですね〜
    人気/新しめの本とか登録するとだいたい全部その日のうちにMoochしてもらえるので、一気に登録してまとめて送れるようにしたりしてます。あと、多少遅くなってもみんな好意的に待っててくれるので、すぐ送れない時はそうコメント返したり。

    アメリカでも他のメディア交換サイトもAmazonデータ使ってますねー。日本のはAmazonというより音楽業界からの圧力があったというのがなんとも。

  3. 初めまして!ブッククロッシングで使えるものを探していて、このサイトを知りました。早速登録して利用しようと思います。
    質問させて下さい。ブックムーチのサイトにはブログに貼り付けられるツール、ウィジェットがありますが、日本のブログでも使えますか?アドバイスをお願いします。

    1. レンタルブログの場合、Javascript または iFrame が許可されているブログなら使えると思います。

      1. コメント有難うございます。JavascriptでもiFrameでも文字化けしてしまうんですが、なにが原因か分かりますか?
        Naoさんでも分からないなら、掲示板で質問してみようと思います。

      2. そうですね、お使いのプラットフォーム(Seesaa)の文字コード設定によるものかもしれませんが… Seesaa の方は詳しくないもので、ご協力できずすみません!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。