WordPress ロゴ・名称の商標についての FAQ

WordPress のロゴや商標の扱いについてよく聞かれるので、いつも回答している内容をブログ記事としてまとめておきます。

まず前提として、「WordPress」「WordCamp」の名称及びロゴの商標について書かれている公式ドキュメンテーションの日本語版はこちらです。

商標について

公式ロゴのファイルは、こちらからダウンロードできます。

よくある質問

上記のページのみでは具体的なことがわかりづらいかもしれませんので、よくある質問と私が行っている回答をご紹介します。

以下は、私個人が過去に WordPress Foundation の担当者や Automattic の法務部とやりとりを通して得た理解の範囲に基づいた説明になります。これは法的におかしいんじゃないか、とか、自分は Foundation から違う回答をもらった、ということがあればご指摘いただければさらに更新・改善していきたいと思いますので、ぜひよろしくお願いします。

WCUS での WordPress グッズ販売テーブル

Q: WordPress という単語をサービス名に使っても良いのですか?

商標ページの、以下の部分が参考になると思います。

WordPress の名称やロゴを自らのサービスの説明のために言及することができますが、製品・プロジェクト・サービス・ドメイン・会社名の一部として使うことや、WordPress ファウンデーション・WordPress オープンソースプロジェクトとの提携や公式推薦をほのめかすような使い方はできません。

引用が続きますが、さらに詳しい例として、

例えば、「いろはウェブサービス 〜中小企業向け WordPress コンサルティングサービス〜」というような使い方は問題ありませんが、「WordPress コンサルティングサービス」という団体名を名乗ることはできません。WordPress テーマ関連の企業が「世界トップレベルの WordPress テーマを提供するABC テーマ」といった説明をするのはかまいませんが、「WordPress テーマポータル」というような名称を使うことはできません。

また、WordPress・WordCamp のロゴを、製品やサービスを説明するページ内で使うことはできますが、企業・製品ロゴやブランディングの一部としては利用することはできません。

という部分も。企業・製品ロゴやブランディングの中心に WordPress の名称やロゴを使うのではなく、あくまでも説明・補助的な目的で使ってくださいという形です。

「WP」や「〜Press」などは商標登録されているわけではないので制限はありません。

Q: WordPress のロゴを書籍の表紙やイベント告知に使いたいのですが、どのような形なら適切ですか。

サービス名に関する質問と同じく、あくまで「説明・補助的な目的」としての配置が望ましいと思われます。メインビジュアルとして WordPress のロゴを使うのではなく、他のロゴやビジュアル要素がメインとなっていれば問題はないはずです。

Q: WordPress という単語をドメイン名に使えないって本当ですか。

トップレベルドメインに関しては利用制限があります。詳細は WordPress ドメインポリシーをご覧ください。

Q: WordPress.org サイトのスクリーンショットを書籍やサイトで紹介してもよいですか。

はい、大丈夫です(と、こちらに明記されています)。

Q: 商標・ロゴ・ドメイン利用に違反している例を報告したいのですが。

WordPress Foundation のお問い合わせフォームから報告できます。英語で書く必要がありますので、どうしてもヘルプが必要な際は WordPress 日本語サイトのお問い合わせフォームを利用していただくのもありかと思います(すぐにお返事できるかは分かりませんのでご了承ください)。

Q: 商標やロゴ利用について、WordPress Foundation に問い合わせたのですが返事がありません。

商標ページに書かれた説明ですでにカバーされている回答に関しては、返事がない場合があるようです。

Q: 違反するとどうなるの?

いきなり訴訟を起こされるということはありませんが、指摘があってもやめないなど聞き入れてくれない相手に対してはそういうこともまったくないわけではないようです。過去に、「WordPress」を含むドメインの利用について訴えられ示談になったという事例が2015年にありました。最終的にはドメインは WordPress Foundation に移管されたようです。

Q: なぜ名称やロゴを自由に使わせてくれないの?

WordPress はオープンソースのプロジェクトなのに、どうしてそんなにルールがいっぱいあるの?とお思いの方もいるかもしれません。その理由をひとことで言うとすれば、「WordPress のブランドイメージを保護するため」ではないでしょうか。オープンソースであり、派生物がたくさんあるからこそ、いわゆる公式なものとそうではないものを区別してユーザーを混乱させない必要性は一層高くなっていると思います。

まったく使えないわけではないので、ルールを理解して活用していきましょう!

さいごに

それから、WordPress のロゴや名称のみをメインブランディングとして使ってしまっては、そのサービスやプロダクト固有のブランディングがほぼなくなってしまうという面もあります。印象に残るオリジナルのロゴや名称を作ってアピールしつつ、WordPress 関連のものであることを分かりやすく示すほうが長期的にはプラスに働くと思いますよ。

「WordPress」をドメイン名に使えない理由

以下の情報は記事が公開された時点のもので、「WordPress」の商標は2010年に Automattic 社から WordPress Foundation へ譲渡されています(詳細)。

本日、「WordPress標準ガイドブック」書籍サポートサイトのドメインを、wordpress-guide.com から wpguidebook.com に変更しました。旧ドメインからのリダイレクトは続けていくと思いますが、ブックマークやフィード登録をされている方は、お手数ですが変更していただければと思います。

理由はあちらにも書いているのですが、簡単に言うと、WordPress.org にある「『WordPress』という単語を自分のサイトのドメイン名に含めないように」というポリシーに対応するため。

担当者にこの件について連絡した際も「法律的に問題があるから今すぐ変更して下さい!」のような険悪な対応ではなかったし、混乱を招くかもというのはもっともなのでドメインを変更することについて抵抗はなかったんですが、この件、英語圏ではいろんなところで議論されています。

上記のポリシーは WordPress.org サイトに表示してあり、主要開発者(および Automattic, Inc. 創始者)の Matt は、「これは WordPress コミュニティのポリシーであって、Automattic とは別」とコメント欄で言っています。しかし実際には WordPress の商標は Automattic, Inc. が保有しているので、そのあたりが混乱や反発を引き起こしているのではないでしょうか。

たとえば、Firefox プロジェクトなどを運営している非営利団体 Mozilla Foundation や Mozilla Japan のサイトには商標について詳しく書かれたページがあり、「商標登録された名称を含むドメイン名を取得したい場合は審査を行いますので、申し込んで下さい」と PDF の書類も用意されています。Mozilla の場合は、Firebird という名前を Firefox に変更する時点で、色々とあったという背景もあるのかもしれませんが、これだけしっかり書かれてあるのはすばらしいです。

何気なく使っている名称ですが、世界中で知られるようになった WordPress の商標を守り、利用者に正しい情報を提供するためにはきちんとしたルールが必要です。しかし、「WordPress を応援したくて作ったサイトなんだから、WordPress という名称を使わせてくれればいいのに」という意見も取り入れて、承認制になるのもいいんじゃないかなと思っています。私の場合、もうすでに一度スイッチしてしまったので wordpress-guide.com を復活させることはないと思いますが(笑)

それにしても Automattic の位置づけって難しい。レンタルブログ WordPress.com の成功はこの会社なしではあり得なかったわけですが、オープンソースプロジェクトである WordPress.org に企業として深く関わってもいるわけで、そのバランスが上手くとれなくなると命取りになるかもと思ってしまいます。これからもコミュニティとプロジェクトの成長を第一に考えた公平な運営をしていってくれることを願うばかりです。