WordBench が「みんな」のものになったからこその、次のステップ。

西川さんの記事「WordBench は誰のもの?」に対する個人的考えです。

WordBench は誰のもの?

私自身 ja.wordpress.org (WordPress 日本語サイト) 運営などを通じて「WordBench.org の運営側」を担っている一人ではあるのですが、ここに書く内容はあくまでも私一人の考えであり、他の運営者とは異なる部分もあるかもしれません。

西川さんが書かれていること、率直に言って同意できる部分もあります。正論だと感じる部分も多いです。

コミュニティの成長によって生まれた意識のズレ

それをふまえて。
WordPress 日本語サイトの運営チームとして10年以上ブログの翻訳やら (ここ数年) イベントカレンダーの更新やらをしてきた中で、地域コミュニティの数が多くなり、関わる人が増えれば増えるほど今の体制ではやっていけないだろうという限界は感じていました。

数えてみたところ、過去1年間に限ってみても30地域近くの WordBench グループが活発に活動しています。一方、もくもく会、その他の勉強会もあり、それらを含めると40近いボランティアグループが日本各地で定期的に WordPress のコミュニティイベントを行っています。

WordBench をなくしてしまわなくても体制を変える方法は確かにあると思います。行動規範の発表はそのひとつのステップになるはずでしたし、その他にもカレンダーへのイベント追加手順など変更しようと計画しつつもまだ実行に移せていなかったこともありました。

ただ、行動規範の発表の方法や改訂の話し合いがスムーズにいかなかったことは、運営者側の意識と、受け取られ方のズレが知らないうちに大きくなりすぎてしまっていたことの現れだったのかもしれません。

WordBench 終了について思うこと

急な流れだと受け取った方も多かったのかもしれませんが、私はそういう反応の中で、WordBench を始めた三好さんがそれを終わらせるのを決断したことを尊重したいと思います。

WordBench を終えるべきときに終えることが日本の WordPress コミュニティに関わるすべての人のためになると信じてのことです。どうかご理解ください。

という思いとともに、私は未来のことを考えていきたいし、そのためにできることをやっていきたいです。

すでに、WordPress Meetup Handbook の翻訳に多数の方が協力してくれているのを見て、より多くの人が協力できる場を作ることの大事さも改めて実感しています。そして、WordPress のグローバルコミュニティが培ってきたノウハウから学び、そこへダイレクトにフィードバックしていくことは、今後日本と世界両方の WordPress コミュニティにプラスになっていくことだと思います。

WordPress コミュニティは、たくさんの人の力を合わせることで成長してきました。WordBench もその一つの例であり、矛盾しているかもしれませんが、今回 WordBench がなくなってしまうことも、数年経った時には正しい決断だったと感じられると信じています。

2008年3月に、こんなブログを書きました。10年後の今日、WordPress はその時に思っていた未来の予想を超えるほど多くの人に受け入れられるようになっています。

WordPress Japan の閉鎖について思う事

次のステップ

私のとっての次のステップは、引き続き前述の Handbook の翻訳に協力していくこと、そして今週と来週には新体制への移行を規模する方のためのオンライン相談会も行う予定です。

WordBench・その他勉強会からの WordPress Meetup 移行に関する相談会

恐らくこの一つのブログ記事だけではすべてを語れていないのですが、疑問点があればコメントでも Twitter でも自身のブログでも聞いてもらえればお返事したいと思います。

言葉尻を掴んで応酬し合い、疲弊することは誰も求めていないと思うのですが、そうではなくてそれぞれ自分の土俵で言いたいことを思う存分言うのは良いことだ思います。私達には幸い、誰でも「パブリッシング」できる WordPress というツールがあるのですし。

4月24日は「WordPress 翻訳の日」!

先日 WordPress 日本語版サイトのブログでも告知記事を公開しましたが、今週末の日曜日(4月24日) に「Global WordPress Translation Day」が開かれます。

Global WordPress Translation Day banner

WordBench.org でも額賀さんが記事を書いてくれている通り、日本国内では現時点で東京・京都・香川 (男木島)・福岡でのオフラインイベントが予定されています。世界各地で見ると、イベント開催は40近い場所に広まっている模様。動画セッションの参加者予定者は現在約1150名、105ヶ国だそうです。

WordPress Polyglots コミュニティとしては初の試みであるイベントですが、WordPress が本当に世界中に広まっていることが実感できるものにもなりそうです。

さて、「WordPress の翻訳」と言うと「でも WordPress 自体は完全に日本語化されてるし、さらにたくさんの人の協力なんて要るの?」と思われる方もいるかもしれません。日本語に関して言えば確かにコアの翻訳はある程度安定して進んでいるので、今一番協力が必要なのはプラグイン、テーマの翻訳になります。

ざっと見たところ、現在 translate.wordpress.org 上で翻訳が100%完了していないプラグインは約2,100個、プラグインは11,720個!まだまだたくさんのヘルプが必要です。すでに185人の翻訳協力者がいますが、新たに手伝ってみたいという方ももちろん大歓迎です。

日本語翻訳者

日本語以外に、絵文字ロケールの翻訳で参加することもできますよー。

国際的なわぷーも登場。

日曜日、WordBench 東京イベントまたはオンラインでぜひお会いしましょう (全体の英語版 Slack もあります) 。日本語での翻訳セッション動画は朝11時からこちらでご覧いただける予定です。

2015年の国内 WordPress コミュニティイベントを振り返る

12月ということで、WordPress イベントカレンダーを見ながら今年の国内各地での WordPress コミュニティの活動を振り返ってみました。

(すべて手作業での確認なので、もし何か間違いがあればご指摘ください)

WordCamp Kansai 2015

Get Involved (コントリビューション情報紹介)チラシ

継続的に活動中の WordBench グループ

今年の間に1回以上のイベントを行った WordBench は20グループあり、そのうち既存のグループは新潟・埼玉・東京・千葉・名古屋・神戸・京都・大阪・奈良・富山・福井・愛媛・福岡・長崎・熊本・宮崎・鹿児島の17件でした。今年、新しい WordBench グループも函館・秋田・山梨と3つ発足しました。

年間10回〜12回という頻度で、かなり継続的に勉強会を開催しているグループは東京・名古屋・神戸・大阪・奈良・富山・鹿児島の7つありました。他の CMS や Web コミュニティのイベントへの合同参加などもあったりして単純に勉強会の数=グループとしての活動状況というわけではないのですが、カレンダーからはこのような情報が得られました、ということで。

WordBench Tokyo 2015 August

WordBench Tokyo 2015年8月LT大会 @ Dots.

コワーキングスペースでの勉強会・もくもく会

WordBench 以外にも、コワーキングスペースをベースとした勉強会もたくさん行われていました。茅場町(コエド)・群馬(SOMETHIN’ ELSE)・大宮(7F)の WordPress もくもく勉強会、下北沢(OSS カフェ)・松戸(Banana Cluster)の WordPress 部、八王子(8Beat)の WordPress 勉強会、そしてこちらもコエドの WordPress Meetup Tokyo。それぞれ毎週〜隔月という頻度で WordPress を学び合う場を続けていることから、コワーキングスペースとコミュニティの相性の良さが改めて見えてきますね。

こういった勉強会・もくもく会については関東圏が多いようなのですが、単に幅広い情報が拾えてないだけかもしれませんので、うちもやってるよー!という方がいましたらぜひお知らせください。

WordCamp などのイベント

WordCamp は7月に関西、10〜11月に東京という2つが行われました。その他にも企画イベントとして、名古屋の WordFes や福井の WordCrab なども毎年恒例行事になってきていますね。

WordCamp Kansai! #wordcamp #wck2015 #osaka

A post shared by Naoko Takano (@naokomc) on

近年、関西や東京の WordCamp は数百人〜千人という参加者数でけっこう規模が大きくなってきているのですが、これは世界的に見ると決して平均的な数ではありません。海外の WordCamp は150人前後の参加者のものも多く、もっと少ないと 60〜80人くらいというところもあります(WordCamp Tokyo も2008年の一回目はスタッフも含めて80名以下でした)。2016年はあなたの町でも地域色豊かな WordCamp を開催してみてはいかがでしょうか!?

今後に向けて

数人から数十人が集まるイベントが毎週のように日本中や世界中で開かれることの積み重ねが、WordPress に関わる人々の関係を深め、知識の共有を促進することにつながっています。来年もそんな場がたくさん設けられ、運営者や参加者の皆さんがますます WordPress を楽しめるきっかけになればと思います。

WordBench やもくもく会、その他の WordPress 勉強会は誰でも企画・運営することができます。また、WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿った内容であれば、どんなイベントでも公式イベントカレンダーに追加できますので、こちらのページをお読みの上説明に従ってご連絡ください。