育休中のボランティアマッチングプログラム「ママボラン」のオープニングイベント

10月15日(日)に開かれた、キャリア支援プログラム「ママボラ」のイベントに参加してみました。

「ママボラン」は、育休中の母親向けに企業・団体内ボランティアを紹介することで、その期間を単なるブランクではなく復職後のキャリアにとってプラスになるものにしよう、というコンセプトで始まったパーソルグループの社内事業だそうです。

私自身まさに育休中で、ただ休んでマイナスになった状態で復職するのはいやだなぁという気持ちもあり、気になって話を聞きに行ってみることにしました。

ママボランとは

ママボランのしくみは、こんなイメージ(サイト上の画像)。8月末にできたばかりのサービスで、まだ色々と流動的なところもあるようですが、だいたい週10時間・2〜6ヶ月くらいの活動になるそうです。多くの場合、在宅勤務を主にしたリモート参加もできるとか。

育休に関するセッション

イベントではまず、野村総研の方が自身の体験談に基づいた「キャリア形成と育児期の過ごし方」というセッションをされました。

  • 復帰後は時間的に上乗せで何かするのは難しい
  • 育休中に非連続的なチャレンジ = 普段できないことをしてみては?

普段あまりできないこととして、旅行、消費活動を「自分の肌触りを持って経験する」、地域の課題について考えるなど、どっぷりと日常に浸って位置生活者としての視点を持つことも大事、という点にはすごく共感しました。例えば自分の場合で言うと、前回の育休中にパソコンを開かずモバイルデバイスメインで過ごすという経験をしたのはその後の仕事に役立ったと思います。

パネルディスカッションでは、ママボランのスタッフの方の他に留学事業「ママ・赤ちゃん留学」と、産後ケア NPO「マドレボニータ」の方が登壇。

母親が育休を通して自身の価値を高める意識を持ったり、不安や困難を乗り越える力をつけることで、その後の仕事や人生にも良い影響があるはず、という話が印象的でした。

最後に、「ママボラン」受け入れをしている組織(の一部)によるプレゼン。放課後 NPO、トリッピース(trippiece)、PAPAMO という3団体でした。

PAPAMO 託児サービス

このイベントに行こうと思った理由の1つに、PAPAMO というあそび場提供(託児)サービスが利用できるからというのもありました。確か「くらしと仕事」の記事で以前読んだことがあったのですが、親戚の家で見守られて遊ぶような雰囲気を目指しているそうで、今回も楽しそうなプログラムが組まれていました。

3歳の娘は、最初少し緊張していたけど帰りには保育スタッフさんと名残惜しそうに話したりしていて、いつもとは違う体験をできたようでした。

育児と仕事の両立を前向きにとらえる

パネルディスカッション中には「育児をするための休みである育休中に自分のための活動するなんて、という声も少なからずありますよね」という話題が出ていました。それに対しては、

  • 赤ちゃんにも良い影響がある活動であることが第一
  • 母親が、子供に見せたい姿を求めて努力するのは重要なこと
  • 周りが暗黙のうちに予想している「育児をしている大変なママ」を演じるのではなくて、もっと育児をしながら仕事をすることを楽しもう
  • 育児のおもしろさを発信(身近な人にでも)することで、自分の過ごし方が、組織や社会を変えていくかもしれない

など、いろんな反応が話されていました。

「良い育休の過ごし方」の解は1つではなくて、とにかく赤ちゃんと一緒の時間を楽しむのも、自分が興味を持っている分野をのぞいてみてワクワクする日々を送るのも、子供も親も両方幸せであるなら前向きで良いこと。子育てやキャリアについて、だんだんと選択肢が増えているのを感じられたイベントでした。

コメントを残す